Today's PICK UP

NTTドコモ、食産業のDXを推進する「グッドイートカンパニー」と資本提携契約を締結

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、食領域における新たな事業展開に向け、株式会社グッドイートカンパニーと資本提携契約を締結し、グッドイートカンパニーからの第三者割当増資の引き受けにより普通株式の51%を取得することについて合意したと発表した。
グッドイートカンパニーは、カフェ・カンパニー株式会社が、オンラインとオフラインを融合させた、食の新しい体験価値を推進するために設立した会社だ。ドコモは、グッドイートカンパニーへの出資を通して、食業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進し新たな食のエコシステムの構築を目指す。新型コロナウィルス感染拡大の影響で、自宅での食事機会が増えていることを受けて、テイクアウト、デリバリー、食品宅配、ネットスーパーなど食のオンライン需要が高まっている。一方で、外食産業はコロナ禍で苦境に立たされており、DXによるビジネスモデルの拡大が急務となっている。

グッドイートカンパニーが食領域の新たな事業を展開するにあたり、グッドイートカンパニー、カフェ・カンパニー、ドコモの3社で業務提携契約を締結。これにより、ドコモの有する7,800万人以上のdポイント会員基盤やd払いなどのアセット、カフェ・カンパニーの外食産業における知見やノウハウや商品開発力などを活用することが可能となる。

具体的には、グッドイートカンパニーは以下の新事業に取り組む予定だ。
・食の新EC事業
日本各地の名店の味を再現した商品や参加型プログラム、新しい食体験を企画開発し、販売するEC「GOOD EAT CLUB」の展開
・食のオフラインコミュニティ事業
新しい店舗やコミュニティの創造、および食の新EC事業と連携したメニューと体験の開発
・飲食店のプロデュース・DX支援事業
日本の食の知恵を活用したビジネスプランの企画開発、および外食店舗へのキャッシュレス・スマホオーダーなどの普及、オンラインとの連携を含めた食産業のDX支援

なお、「GOOD EAT CLUB」は、2021年1月21日にオープンし、随時内容を充実させていく予定とのことだ。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。