Today's PICK UP

スマートデバイスで簡単に牛の繁殖管理ができるスマホアプリがリリース

株式会社ファームノートは、スマートデバイスだけで簡単に繁殖管理を実現するスマートフォンアプリ「Farmnote Color (以下、Colorアプリ)」の配信を開始したと発表した。

■開発背景

リアルタイムに牛の活動情報を収集し、発情兆候・疾病疑いなど注意すべき牛を生産者のスマートデバイスに通知するセンサー「Farmnote Color」を利用する場合、クラウド牛群管理システム「Farmnote Cloud」を利用する必要があった。「Farmnote Cloud」は、管理可能なデータ項目が多岐に渡ることから、シンプルな利用体験を希望する生産者にとっては複雑さを感じる製品であり、国内スマート畜産普及において酪農・畜産経営で重要な繁殖管理に特化したシンプルな機能とITリテラシーを問わないUIの開発に必要性を感じていたという。今回の「Colorアプリ」配信開始で、すべての酪農・畜産生産者にスマート畜産のメリットを改めてPRし、国内農業の生産性向上と競争力強化に貢献していきたいと考えているとのことだ。
出典元:プレスリリース

■Colorアプリの特長

・シンプルな利用体験で、これまでスマート畜産に難しさを感じていた生産者でも利用が可能
・ITリテラシーを問わない、誰でも簡単に操作が可能
・牛個体の情報への必要遷移数が「Farmnote Cloud」の約半分に
・発情発見、授精、妊娠鑑定、乾乳、分娩を直感的な操作で記録
・PC不要、いつでもどこでもスマートデバイス1つで繁殖管理
・牛の発情兆候、疾病疑い、反芻量の変化を通知
・注意牛が一目でわかり、課題が把握可能

■Farmnote Colorで牛の飼養管理をDX

牛の首に装着したセンサーデバイスがリアルタイムに牛の活動情報を収集。発情兆候・疾病疑い・起立困難状態・分娩兆候(2021年初頭提供予定)を検知し、生産者のスマートデバイスに通知する。牛の繁殖においてセンサー1台で発情から分娩まで管理することができ、DXの推進や省力化、さらなる生産性の改善が期待される。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
・国内登録頭数シェア約11%、44万頭の保有データを新機能開発や精度向上に活用
・牛の生態や畜産現場を理解した獣医師社員が製品開発を担当
・つなぎ牛舎でも利用が可能

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。