Today's PICK UP

Sansanのクラウド請求書受領サービス「Bill One」と業務アプリ開発プラットフォーム「kintone」が機能連携

Sansan株式会社は、同社が提供するクラウド請求書受領サービス「Bill One」と、サイボウズ株式会社が提供している業務アプリ開発プラットフォーム「kintone(キントーン)」が、機能連携すると発表した。
この連携により、Bill Oneでオンライン受領・データ化した請求書情報をkintoneの「支払依頼申請」アプリとひも付けることができるようになり、請求書の受け取りから支払申請・承認まで、請求書に関連した業務フローがデジタル化され、企業はテレワークの実現を大きく前進させることができるという。

■機能連携の背景

Bill Oneは、Sansanが新たに開発した、クラウド請求書受領サービス。郵送で届く紙の請求書やメール添付で送付されるPDFの請求書など、さまざまな方法・形式で送られる請求書をオンラインで受け取れるようにすることで、企業のテレワーク実現を後押しする。Bill Oneで受け取った請求書は、Sansanの名刺データ化技術を基にした独自のシステムによって正確にデータ化され、契約企業は取り扱う全ての請求書をクラウド上で受領・一元管理できるようになる。これにより、請求書の受け取りから保管まで、請求書に関する業務のデジタル化・効率化を実現するとのことだ。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、企業はテレワークの徹底を迫られている。しかし、その実現には多くの課題が残されているという。その一つに、いまだ多くの請求書が紙の状態でやり取りされていることや、PDFなどの電子ファイルで受け取った請求書であっても紙で出力して処理する必要がある業務フローが構築されていることが挙げられる。今回、Sansanとサイボウズは、Bill Oneと業務アプリ開発プラットフォームとしてユーザーに合わせた業務効率化を実現するkintoneを機能連携させることで、請求書の受け取りから申請・承認に至るまでの業務フローをデジタル化し、企業のテレワーク実現と業務効率化を大きく前進させると考えたとのことだ。

■Bill Oneとkintoneの連携で実現すること

Bill OneとkintoneをAPI連携させることによって、Bill Oneでオンライン受領・データ化した請求書の情報を、kintoneで作成した支払依頼申請アプリで取得し、自動入力することができるようになる。「取引先」「支払期日」「支払金額」「支払口座」など、支払依頼申請アプリに入力する必要がある情報が全て自動入力されるため、申請者の入力にかかる工数が削減されるだけでなく、請求書に関する情報の誤りがなくなり、内容の確認や差し戻しといった承認に関する非効率なやり取りも不要になる。この連携により、紙の請求書をオンラインで受け取り、押印を伴う承認作業といったアナログな業務がデジタル化され、これまで出社して対応しなければならなかった業務をテレワークに移行しやすくなるとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。