Today's PICK UP

LINE、世界最高水準で低価格なAI-OCRをシステム開発不要で利用できる新サービスを提供開始

LINE株式会社は、LINE CLOVAのAI技術を活用した文字認識サービス「CLOVA OCR」において、請求書などの紙帳票やPDFをアップロードするだけで簡単にテキストデータ化し、認識結果の確認/編集/出力/システムへの連携が簡単に行えるクラウドアプリケーション「CLOVA OCR Reader」の提供を開始すると発表した。
リモートワークをはじめとした「新しい働き方」などにより、ビジネスの環境は大きく変化し、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進・デジタル化・ペーパーレスへの関心も高まる中、バックオフィス業務のDX推進・デジタル化も注目されている。しかし、紙の請求書や帳票が主流となっていることで、手作業でのインプット・アウトプットや加工・成形などアナログ作業からの脱却ができず、デジタル化によるバックオフィスの工数・コストの削減が困難な企業も多く存在する。

「CLOVA OCR」は、書類・画像に記載された文字・文章をテキストデータへ変換するサービス。伝票や領収書の登録、モバイルアプリ上における情報入力など、煩雑な入力作業を簡単にし、手入力や項目分類の時間を大幅に削減する。手書き文字、斜めになった文字、歪んだ文字でも高い精度の認証が可能で、国際会議ICDARでは、世界No.1*を獲得しており、企業や行政のサービスに導入・活用されている。
* 文書解析と認識に関する国際会議ICDARで4分野にて世界No.1を獲得(2019/3/29時点)

昨年9月には、各種会計書類の読み込みに特化した「CLOVA OCR(レシート・領収書特化型)」と「CLOVA OCR(請求書特化型)」の提供をスタート。企業ごとで異なるフォーマットのレシート・領収書・請求書の読み込みを自動化するために、従来行われていた手作業でのフォーマット設定などの煩わしい事前設定が不要な上、高度な文章認識による文字や値の検出・認識に加え、項目分類まで対応し、手入力や項目分類などの工数を大幅に削減することが可能だ。

「LINE CLOVA」は日頃、導入企業の話を聞きながら、開発・研究を重ねている。そして今回、AI-OCRを利用する企業から、要望の声が多かった新サービス「CLOVA OCR Reader」の提供を開始した。「CLOVA OCR Reader」は、紙帳票やPDFなどを読み取るだけで、アップロードから、データ出力・システム連携まで手軽に利用可能なクラウドアプリケーションで、使用するシステムへの組み込みや、新たなソフトウェア開発などをすることなく、導入後すぐに利用できるという。

■CLOVA OCR Readerの特徴

・開発不要で、導入後すぐにOCRを利用可能
「CLOVA OCR Reader」は、システム開発が一切不要なので、経理・総務職などの非エンジニアでも簡単に利用可能だ。また、システムの開発に時間がかからないため、導入後すぐに利用を開始することが可能。
出典元:プレスリリース
・アップロードから出力まで、画面上で簡単操作
「CLOVA OCR Reader」を利用することで、紙帳票やPDFのアップロードから、データ出力・システム連携までを、画面上で簡単に行うことができる。また、認識結果の確認/編集などの操作も画面上で直感的かつ簡単に行うことが可能だ。

・初期費用の必要がなく、低価格での導入・運用が可能
「CLOVA OCR Reader」は、導入の際の初期費用が不要で、世界最高水準のAI-OCR技術を搭載したサービスを低価格で簡単に利用できる。また、一般的なOCRサービスの料金設定は、読み取りを指定した項目1枠ごとでの費用換算が多いのに対し、「CLOVA OCR」は、1枚当たりでの費用換算になるため、ランニングコストが想定しやすく、項目数が多い大量の書類の読み取りを自動化する場合でも、低価格でOCRの導入が可能になる。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。