Today's PICK UP

「次世代型電子公証サービス」の実証実験でニーズ調査を実施

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループの持分法適用関連会社である東銀リース株式会社は、同社が開発中のブロックチェーンベースの電子契約サービスを提供する実証実験を行っており、新プロダクトに関するニーズ調査を開始すると発表した。

■動向と実証実験について

現在、世界的な新型コロナウイルス感染拡大を受けたリモートワークの促進や業務効率化の推進に伴い、電子契約導入を検討する企業が急増している。一方、取引先の要請により、押印による契約を継続せざるを得ないケースも多々あり、このことが電子契約導入の阻害要因となっている企業も少なくない。

この背景を鑑み、東銀リースは開発中のブロックチェーンベースの電子契約サービスと、株式会社CryptoPieが保有するIoT印鑑に関する特許技術を連携させることにより、「紙と電子の契約書をシームレスにつなげ、一元管理できる」電子契約サービスの実現を目指し、実証実験を行っている。これにより取引先や業務に応じて紙と電子を使い分けることが可能となるため、電子契約導入のハードルを大きく下げ、昨今のデジタル化の潮流をより一層加速させることができるとのことだ。
出典元:プレスリリース

■本調査の背景

ブロックチェーンを用いた次世代型の電子契約サービスは、既存プロダクトと異なる概念やコンセプトを持つ。そのため、次世代型電子契約サービスに関するプロダクトニーズやプロダクトにおける需要価格を調査。本調査を通して得た意見を今後のプロダクト開発に活かすという。
調査概要
調査期間:1月14日~1月26日
調査対象:国内に拠点を置く企業
調査方法:アンケートフォームの配布

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。