Today's PICK UP

妊娠期の合併症やうつ状態の予防および早期発見を目指し妊婦特化型PHRアプリの活用に向けた実証実験が開始

SOMPOひまわり生命保険株式会社(以下、SOMPOひまわり生命)と、京都大学発のスタートアップ企業である株式会社Famileaf(以下、ファミリーフ」は、ファミリーフが開発し提供する「hug+u(はぐゆー)」サービスを拡充し、2021年2月15日から実証実験を開始すると発表した。本実証実験において、社会課題とされている妊娠期の合併症やうつ状態の予防および早期発見に貢献することを目指す。

■背景・目的

日本では社会環境の変化に伴い、高齢出産の割合が増加しており、ハイリスク妊娠の一因として考えられている。特に妊娠高血圧や妊娠糖尿病といった妊娠期の合併症は、予防・早期発見が重要と言われており、日々の健康管理の必要性が高まっている。ファミリーフは京都大学発のスタートアップ企業であり、京都大学の支援のもと、妊娠期における合併症やうつ状態の予防等に関するPHR(Personal Health Record)を活用したアプリを開発している。また、SOMPOひまわり生命は、顧客を健康にする「健康応援企業」への変革を目指し、保険本来の機能(Insurance)に健康を応援する機能(Healthcare)を加えた「Insurhealth(インシュアヘルス)」を、新たな価値として提供している。ファミリーフが開発した妊婦特化型PHR アプリ「hug+u」と、SOMPOひまわり生命が提供する「Insurhealth(インシュアヘルス)」を組み合わせることで新たな価値を創造し、妊娠期における合併症やうつ状態の予防・早期発見に貢献するとのことだ。

■PHRアプリ「hug+u」のサービス概要

当該サービスは産官学連携しており、大学・行政・民間企業の英知を結集することで、妊婦の抱く出産への不安を解消し、楽しみ・安心・健康を提供する。
(1)自身の健康情報に基づいたサービス
母のスマートフォンから集める健康データから健康状態やストレスの分析・測定を行い、妊娠期の大切な体の管理や、一人ひとりの状況に合った個別助言を行う。
(2)連携機能
日々のデータは、かかりつけ医等に共有し、妊娠中の身体的・精神的不調の早期発見につなげる。また、家族に母子の様子やサポート方法を個別に連絡することで、周囲からも妊婦に対する支援を具体的かつタイミングを逃さずに行うことができる。
(3)インセンティブ
計測率等に応じて進んでいく「すごろく」形式で妊娠・出産の不安を解消していく。出産にむけた各マスでは民間企業と作成したコンテンツを見ながら出産に向けた準備を進めることができ、健康管理を楽しく続けられるきっかけとする。

■共同実証実験の概要

SOMPOひまわり生命とファミリーフは、新サービスの研究開発の一環として、SOMPOひまわり生命の従業員、京都大学医学部附属病院、京都府内提携病院の妊婦等を対象に、「hug+u」を2週間提供し、利用者体験の検証・市場ニーズ調査を中心とした実証実験を実施する。SOMPOひまわり生命は、将来のお金に対する不安を解消するために、ライフシミュレーションが作成できるWebアプリ「ライフプランコーチ」、家計管理アプリ「リンククロス家計簿」を無料で提供し、利用率などを検証する。また、アンケートで利用者の声を集め、今後のサービス開発に活用するとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。