Today's PICK UP

東急ハンズ、Kaizen PlatformとのDXプロジェクト第一弾「オンラインワークコミュニティ」をリリース

株式会社Kaizen Platformは、株式会社東急ハンズと取り組むDX(デジタルトランスフォーメーション)プロジェクトとして、コロナ禍での在宅時間でも始められる新しい趣味や特技の見つけ方・身につけ方を支援するオンラインワークコミュニティサービスがリリースされたと発表した。本サービスの初回は”手品”をテーマに、必要な道具、講師によるレクチャー、一緒に切磋琢磨する仲間を集めたコミュニティなど、在宅でもオンライン完結で楽しむことができるパッケージとして、2021年2月28日より提供開始すると発表した。

■東急ハンズがKaizen Platformと取り組むDXプロジェクトについて

コロナ禍での外出自粛などにより、実店舗からECへ、顧客のニーズや生活も変化していることを受け、東急ハンズは2020年春より、デジタル技術を活用した変革を目指すDX専門のチーム「DX推進事業部」を立ち上げた。「お客様の生活文化の創造をお手伝いいたします」という企業理念のもと、従来の小売のデジタル化ではなく、東急ハンズの強みを生かした「小売×DX」による商品販売に止まらない顧客との新しい関係性の構築を目指し、UI/UXの改善やデータ活用など顧客体験とデジタルに強みを持つKaizen Platformと共同でDXプロジェクトを推進している。

■「小売×DX」でコロナ禍での新しいライフスタイルを提案するオンラインワークコミュニティ

東急ハンズがKaizen Platformと取り組むDXプロジェクトの第一弾として、在宅でも見つかる・身につく新しい趣味や特技を提案するオンラインワークコミュニティサービスをリリースする。コロナ禍で外出自粛やリモートワークなど、在宅時間に余裕が生まれる一方でリアルな接点が減少するなど、ライフスタイルの変化に合わせて顧客のニーズも変化している。オンラインワークコミュニティは、在宅でも新しい趣味や特技を身につけるだけではなく、一緒に楽しむ仲間やコミュニティ作りまで、オンラインでも楽しめる新しいライフスタイルを提案するという。

■初回は初心者でも”手品”が身につく、楽しめる「マジックコミュニティ」

オンラインワークコミュニティの初回は”手品”をテーマにした「マジックコミュニティ」。マジックで利用する道具、講師によるポイントやコツを解説する全4回のワークショップ、一緒に切磋琢磨する仲間を集めたコミュニティなど、在宅でもオンライン完結で楽しむことができるパッケージとして提供する。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。