Today's PICK UP

SMBCグループ・日本総研、AIシステムをコールセンターの業務効率化に向け導入 自然言語処理の実用化は国内金融グループとして初事例

株式会社三井住友フィナンシャルグループ(同社グループを総称して、SMBCグループ)と、株式会社日本総合研究所は、株式会社JSOL、Allganize Japan株式会社(以下、Allganize)と共同開発した先端自然言語処理を用いたAIシステムを、2021年上期に導入すると発表した。
SMBCグループでの利用第一弾として、SMBC日興証券株式会社及び、三井住友カード株式会社のコールセンターにて、顧客からの照会にオペレーターが素早く正確に答えるための支援に、本システムを利用する。

これまでもAIシステムを利用して業務効率化を実現してきたが、更なる効率化を図るべく、新たな解決策を検討する中で、先端技術調査を目的として米国西海岸に設置した「シリコンバレー・デジタルイノベーションラボ」が、米国スタートアップ企業Allganizeの独自自然言語処理技術に注目。先端自然言語処理のデファクトスタンダードであるBERTは高い精度が実現できることで注目を集めていると同時に、従来のAIモデルと比較して学習に必要な計算量が多いことが知られており、処理装置にかかる費用も大きくなることが考えられるという。

Allganizeが本システム向けに開発した自然言語処理は、BERTの派生モデルであるALBERTと呼ばれる技術と独自の自己教師学習を組み合わせることで、学習に必要となる計算量や計算時間、ひいては処理装置の費用を抑制しながらも学習に係る負荷の省力化を実現できるもの。SMBCグループでの実証検証においても、現行システム対比、学習に係る業務負荷が大幅に削減されることを確認しているとのことだ。このような自然処理言語の実用化は、国内金融グループとしては初の取組になるという。なお、本システムはコールセンターにおけるオペレーター支援業務以外にも、SMBCグループ全体に利用拡大する予定だ。

本システムは、照会応答業務における課題である学習負荷に係る(1)回答評価、(2)文書登録、(3)FAQ登録を効率的に行うための機能を搭載している。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。