Today's PICK UP

借りない資金調達の「クラウドファクタリング」で中小企業金融のDX促進を狙い、OLTAと筑邦銀行が共同事業を開始

OLTA株式会社は、株式会社筑邦銀行と共同で「クラウドファクタリング事業」を立ち上げ、2021年3月8日よりサービス提供を開始すると発表した。

■クラウドファクタリングについて

クラウドファクタリングとは、企業が商取引で発生した「入金待ちの請求書」を売却して、早期に運転資金をオンライン完結で調達する「借りない資金調達」。OLTAは2017年に日本初のオンライン完結型ファクタリングであるクラウドファクタリングの提供を開始した企業だ。AIを活用した審査によって「はやい・かんたん・リーズナブル」を特長とする同サービスは、多くの中小事業者(法人・個人事業主)に利用されているという。

■共同事業の背景と意義

クラウドファクタリングは、再び影響が拡大している新型コロナウイルス感染症に対して、感染リスクが小さい「オンラインの資金調達」であること、融資(借入)ではないことの心理的ハードルの低さなどから注目を集めてきた。しかしながら、中小事業者にとっては新しいサービスであるため、クラウドファクタリングという資金調達手法を認知している会社が少ないことが課題だという。地域金融機関にはそれぞれの地域における顧客からの高い認知度や信頼がある。一方、新型コロナウイルス感染症という新たな社会課題を前に、地域の中小事業者に対して、短期・少額の運転資金をいかに素早く、かつ感染リスクを抑制しながら提供する、ウィズコロナ時代における新しい資金調達手段の確立が地域金融機関の共通課題として認識されている。両者が協働することにより地域金融機関が提供する一連のサービス群に「クラウドファクタリング」が加わることとなり、「中小企業金融のDX(デジタルトランスフォーメーション)」並びに「クラウドファクタリングの社会実装」が大きく前進するとのことだ。

■共同事業の概要

OLTAと金融機関とのクラウドファクタリングの共同事業は、互いの強みを活かした共創型の事業モデル。OLTAがWebサービスの企画・開発・導入および運用におけるコンサルティングをパートナー金融機関にOEM提供する。パートナー金融機関は、自社ブランドの金融商品のサービスラインナップに加え、法人・個人事業主の顧客に案内する。クラウドファクタリングを導入したパートナー金融機関の顧客にとっては、普段から利用している金融機関のサービスとしてクラウドファクタリングを利用することができ、より気軽に短期・少額の運転資金が調達可能となるという。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。