Today's PICK UP

借りない資金調達の「クラウドファクタリング」で中小企業金融のDX促進を狙い、OLTAと筑邦銀行が共同事業を開始

OLTA株式会社は、株式会社筑邦銀行と共同で「クラウドファクタリング事業」を立ち上げ、2021年3月8日よりサービス提供を開始すると発表した。

■クラウドファクタリングについて

クラウドファクタリングとは、企業が商取引で発生した「入金待ちの請求書」を売却して、早期に運転資金をオンライン完結で調達する「借りない資金調達」。OLTAは2017年に日本初のオンライン完結型ファクタリングであるクラウドファクタリングの提供を開始した企業だ。AIを活用した審査によって「はやい・かんたん・リーズナブル」を特長とする同サービスは、多くの中小事業者(法人・個人事業主)に利用されているという。

■共同事業の背景と意義

クラウドファクタリングは、再び影響が拡大している新型コロナウイルス感染症に対して、感染リスクが小さい「オンラインの資金調達」であること、融資(借入)ではないことの心理的ハードルの低さなどから注目を集めてきた。しかしながら、中小事業者にとっては新しいサービスであるため、クラウドファクタリングという資金調達手法を認知している会社が少ないことが課題だという。地域金融機関にはそれぞれの地域における顧客からの高い認知度や信頼がある。一方、新型コロナウイルス感染症という新たな社会課題を前に、地域の中小事業者に対して、短期・少額の運転資金をいかに素早く、かつ感染リスクを抑制しながら提供する、ウィズコロナ時代における新しい資金調達手段の確立が地域金融機関の共通課題として認識されている。両者が協働することにより地域金融機関が提供する一連のサービス群に「クラウドファクタリング」が加わることとなり、「中小企業金融のDX(デジタルトランスフォーメーション)」並びに「クラウドファクタリングの社会実装」が大きく前進するとのことだ。

■共同事業の概要

OLTAと金融機関とのクラウドファクタリングの共同事業は、互いの強みを活かした共創型の事業モデル。OLTAがWebサービスの企画・開発・導入および運用におけるコンサルティングをパートナー金融機関にOEM提供する。パートナー金融機関は、自社ブランドの金融商品のサービスラインナップに加え、法人・個人事業主の顧客に案内する。クラウドファクタリングを導入したパートナー金融機関の顧客にとっては、普段から利用している金融機関のサービスとしてクラウドファクタリングを利用することができ、より気軽に短期・少額の運転資金が調達可能となるという。
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。