Today's PICK UP

福島中央テレビ、Zoomを使用した生配信の観客参加型オンライン演劇を実施へ

株式会社福島中央テレビは、2021年3月19日~21日の三日間、Zoomを使用した生配信の観客参加型のオンライン演劇「エンド・オブ・アス」を上演すると発表した。
福島中央テレビは、昨年12月より「新しい、楽しみを作ろう」をコンセプトに、コロナ禍でおうちで安全に楽しめる新しいエンターテイメントを月替わりで提供している。3月は “体験する演劇” オンラインLiveシアター「エンド・オブ・アス」を上演する。単に演劇を見るだけではなく、気づけば画面の中の世界を“体験”している、誰もが一度は夢見たことのある非日常のエンターテイメントを実現する。舞台は福島中央テレビ本社。テレビ局を舞台に演劇はリアルタイムで繰り広げられる。コロナ禍で劇場に足を運ぶことが難しい今だからこそ、見知らぬ誰かと一緒にハラハラドキドキワクワクする、オンラインならではのコンテンツとのことだ。

開催概要
公演名    :中テレオンラインLiveシアター「エンド・オブ・アス」
公演期間     :3月19日(金)~ 3月21日(日)
出演     :稲森寿世 / 聖矢 / 鈴木文健 / 江守沙矢
脚本/演出  :山本陽将
テーマソング :音速ライン「世界は回る」
配信     :Zoomミーティング

公演スケジュール(全8回)
3月19日(金)①20:00~ ②22:30~
3月20日(土)③14:00~ ④17:00~ ⑤20:00~
3月21日(日)⑥14:00~ ⑦17:00~ ⑧20:00~
出典元:プレスリリース

■オンラインLiveシアターとは

オンラインビデオ通話システム「Zoom」を利用した、生配信の “観客参加型の演劇” 。参加者は、【オンライン同窓会に参加した同級生】という設定で参加する。そこから始まる演劇の観賞だけでなく、物語の中で得られたヒントを役者に教えたり、一緒に考えたり、分岐点で選択をすることで、ストーリーが変わっていく、“同じものは2つと無い”演劇だ。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。