Today's PICK UP

SHOWROOM、悪質コメントを検知し投稿前にブロックするAI機能を開発

SHOWROOM株式会社は、自社が運営する仮想ライブ空間「SHOWROOM」において、悪質コメントを検知し、投稿される前にブロックするコンテンツモデレーションAI機能を自社にて開発し、「SHOWROOM」に搭載したと発表した。

■コンテンツモデレーションAI機能スキーム図

これまでは視聴者から悪質なコメントが投稿されると、別の視聴者やライバー自身が通報し、SHOWROOM監視チームがコメント確認後にブロック作業を行っていた。そのため、コメントに問題があった場合も監視チームの確認が完了するまでの間は表示された状態だった。しかし、コンテンツモデレーションAI機能を導入することで、誹謗中傷を中心とする悪質なコメントが視聴者によって書き込まれた際、AIがスクリーニング。問題がある場合には、投稿される前に自動でブロックすることができる。そのため、不快なコメントを、ライバーはもちろん、別の視聴者が目にする機会を大幅に軽減することが可能になるという。

今回のタイミングでは、その前段階として、AIがユーザーのかわりに通報を行う機能を実装。悪質なコメントをこれまで以上に早く確認し、投稿削除するまでのスピードを一層あげることが可能となるとのことだ。今後は、精度を上げながら、自動的にユーザーの悪質投稿を表示させない機能をリリースしていくという。
出典元:プレスリリース

■AIスクリーニング機能誕生の背景

匿名での投稿をメインとするSNSで見受けられる誹謗中傷。社会問題になると共に、これをもとにした犯罪が近年急増している。SHOWROOMとしても、悪意のあるコメントにこれまで確固たる対応をとってきたが、監視チームの24時間体制のパトロール、ならびに視聴者から寄せられる通報をもってしても、悪意のあるコメントの投稿を事前に防ぐことは難しく、一時的にライバーや視聴者の目に触れてしまっていたという。互いの交流を楽しみにしているライバーと視聴者の時間を無駄にしたくない、楽しい体験の最中に不快な感情を与えたくない、そんな想いから誕生したのが本サービスだという。AIスクリーニングを駆使することにより、ライバーや視聴者の目に触れる前に投稿を削除。誹謗中傷によるダメージを限りなくゼロに近づけていく予定とのことだ。

■コンテンツモデレーションAIのテクノロジー

ディープラーニングをコンテンツモデレーション機能に応用。従来のキーワード等の検出ではなく、文脈を含めてコメントをニューラルネットワーク上で抽象化し、即時にそのコメントの悪質性を判断。投稿前に自動削除することを可能としたという。膨大なコメントのデータを活用することで、高い確率で悪質コメントを検知することに成功したとのことだ。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。