Today's PICK UP

請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」と「弥生会計」が連携開始

株式会社LayerXは、同社が提供する請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」と、弥生株式会社が提供する「弥生会計」をはじめとする弥生会計ラインアップの連携を開始すると発表した。
「LayerX INVOICE」と弥生会計ラインアップの連携により、LayerX INVOICEの利用者は手入力なく仕訳データを弥生会計ラインアップに連携することができ、請求書の受領・データ化、仕訳登録、支払といった経理業務にかかる一連のプロセスの上流から下流までをシームレスにデジタル化することが可能になる。

■本連携の背景

LayerX INVOICEは、請求書の受け取り後、AI-OCRが請求書を自動でデータ化の上、仕訳データや振込データの自動作成及び会計システム連携をシームレスに実行することで経理DXを推進するサービス。弥生は、中小企業の「事業コンシェルジュ」を目指し、中小事業者向けに簡単で使いやすい業務ソフトや業務支援サービスを提供している。弥生会計ラインアップは、日々の記帳から集計・決算書作成まで初心者でも簡単に使える会計・確定申告ソフト。業務や利用形態に合わせてクラウドアプリとデスクトップアプリを選ぶことができる。

昨今の新型コロナウイルスの感染拡大に端を発した1月の緊急事態宣言の再発出により、「テレワークによる出勤者数7割減」が求められている。こうした社会情勢を踏まえ、テレワークでの業務推進・経理DXの需要に応えるべく、今回の提携にいたったとのことだ。

■本協業の概要

出典元:プレスリリース
今回の連携により、以下が可能になる。
・LayerX INVOICEから手入力・変換不要で弥生会計ラインアップに取り込めるCSVのダウンロード
・弥生会計の勘定科目等のマスタデータを手入力・変換不要でLayerX INVOICEにデータ取り込み

弥生会計ラインアップ上では、LayerX INVOICEからダウンロードされた仕訳データをそのままインポートすることで、自動で会計帳簿、決算書、レポートを作成することができる。また、弥生会計ラインアップで利用している勘定科目等のマスタデータをLayerX INVOICEでも手間なく利用できるようになることから、簡単にLayerX INVOCEが導入可能であり、また運用時の利便性の向上が期待できるという。

今回LayerX INVOICEと連携する弥生会計ラインアップ
・クラウドアプリケーション
弥生会計 オンライン

・デスクトップアプリケーション
弥生会計 21

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。