Today's PICK UP

AI・機械学習の基礎力や実務力を測定できる「Ai人材検定」がリリース

株式会社ギブリーは、AIに関する人材育成から実運用まで一気通貫で支援する株式会社アイデミーと共同で、AI・機械学習の実務力が測定できる「Ai人材検定 for Business / Engineer」をリリースしたと発表した。

■ 「Ai人材検定 for Business / Engineer」の開発背景

Society5.0時代にフィットした新たなビジネスやサービスを創造するためには、自社で保有するデータを活用できるビジネスパーソンや、AI(人工知能)による学習やデータ解析を可能としたエンジニアリング力を持つ人材の採用や育成環境が求められている。このようなAI人材・チームを社内で構築する上で、「どのようなスキルが必要なのか」と悩む企業も多いかもしれない。そこで、プログラミング領域のスキルチェックプラットフォームtrackを提供するギブリーは、AI人材の育成ソリューションを持つアイデミー社と連携し、企業がより手軽にAI人材のスキルを測ることができるスキルアセスメントテスト「Ai人材検定 for Business / Engineer」を共同開発したとのことだ。

■「Ai人材検定 for Business / Engineer」の概要

今回作成したスキルアセスメントでは、AIの初学者・ビジネスパーソンでもAIや機械学習の教養・リテラシーを測ることができるfor Businessと、より応用的なディープラーニング領域や、Pythonを利用した実務的なデータ操作能力を扱うエンジニア向けのfor Engineerの2つのテストによって、スキルを可視化することが可能になっている。また、それぞれのアセスメントは、アイデミーが提供しているeラーニングプラットフォーム「Aidemy Business Cloud」の学習教材内容に対応しており、スキルチェックと学習を組み合わせることでより効果的なAI人材の育成につなげることが可能とのことだ。

<詳細内容>
出典元:プレスリリース

人気記事

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

株式会社NappsTechnologiesは、Excelのように使える、Googleスプレッドシートに写真やテキストを埋めるだけで、プログラムコードを書かずに全自動でスマホアプリを作成できる、国産ノーコードツール「MagicInstructions」の提供を2021年3月29日に開始したと発表した。