Today's PICK UP

渋谷区に官民連携のオープンイノベーション拠点「Shibuya Inclusion Base jinnan」が開設へ

パーソルテンプスタッフ株式会社と、渋谷区、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、株式会社NTTドコモ、コンパッソ税理士法人、株式会社ツクルバの6者(以下、共同運営企業)は、官民連携によるオープンイノベーション拠点として「Shibuya Inclusion Base Jinnan」の運営を2021年4月1日に開始すると発表した。
「Shibuya Inclusion Base Jinnan」は、2020年11月12日(木)に設立された「Shibuya Startup Deck」の取組みの一環としてShibuya Startup Deckの会員企業である共同運営企業が運営するスタートアップのオープンイノベーション拠点。本拠点は、2018年10月より、共同運営企業の1社である株式会社ツクルバが、多様なチャレンジが集まる会員制シェアードワークプレイス「co-ba」ブランド、中でもシード・アーリー期のスタートアップに特化したコミュニティ「co-ba jinnan」として運用してきたが、今回、官民連携によるスタートアップのオープンイノベーション拠点として再定義し、共同運営企業6者で連携して運用を開始することで、より多様なチャレンジが生まれ得る施設をめざすという。

本拠点は、渋谷駅から徒歩5分の好立地に位置し、共同運営企業および共同運営企業が選出するスタートアップの担当者もサテライトオフィスとして利用できる。本拠点設置の主な目的は、多様な業種にまたがる共同運営企業同士の連携および新規事業創造、スタートアップと共同運営企業の連携による新規事業開発、スタートアップ同士の連携の促進であり、本拠点での日常の気軽なコミュニケーションを通じた新規事業創造などをめざすとのことだ。

■拠点概要

名称:Shibuya Inclusion Base jinnan
所在地:東京都渋谷区神南1-20-2 第一清水ビル3階
面積:44.5坪
主な用途:
・多様な業種にまたがる共同運営会社同士の連携および新規事業創造
・スタートアップと共同運営会社の連携による新規事業開発、等
出典元:プレスリリース

人気記事

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

株式会社NappsTechnologiesは、Excelのように使える、Googleスプレッドシートに写真やテキストを埋めるだけで、プログラムコードを書かずに全自動でスマホアプリを作成できる、国産ノーコードツール「MagicInstructions」の提供を2021年3月29日に開始したと発表した。