Today's PICK UP

Synamonとロゼッタ、「リアルタイム多言語翻訳システム装備のVRオフィス」を共同開発

株式会社Synamonは、株式会社ロゼッタと「リアルタイム多言語翻訳システム装備のVRオフィス」を共同開発したと発表した。NEUTRANS内のバーチャル空間上にリアルタイムの翻訳システムを組み込むことで、日本語・英語・中国語(簡体)の翻訳を可能にする。

■共同開発の背景

ロゼッタは2020年10月より本社機能のVR移転を開始し、国境・言語・文書フリーのVRオフィスを中心としたVR事業を開発するため、Synamonと資本業務提携を行った。VR事業を推進するなか、「VR会議×多言語翻訳」の可能性を検証すべく、NEUTRANSのバーチャル空間上にロゼッタが持つAI翻訳のAPIを組み込めないかと考え、共同開発することとなったとのことだ。

■「リアルタイム多言語翻訳システム装備のVRオフィス」について

出典元:プレスリリース
ロゼッタが開発した音声認識・音声翻訳のAPIを使った音声翻訳機能をNEUTRANSの機能として組み込むことで、話者の話した内容をリアルタイムに翻訳することが可能になる。対応言語は、日本語・英語・中国語(簡体)の3言語で、操作パネル上で音声翻訳機能のOn/Offや翻訳言語を切り替えることができる。
※開発段階であり、一般ユーザー向けのサービス提供は行っていない(2021年3月現在)

人気記事