Today's PICK UP

タクシーの空車時間を活用したサイドガラスに広告を映し出す「車窓モビリティサイネージサービス」がリリースへ

モビリティメディア「THE TOKYO TAXI VISION GROWTH」(以下、GROWTH)を運営する株式会社ニューステクノロジーは、タクシーアプリ「S.RIDE」等を展開するソニーグループのS.RIDE株式会社と合同で、車窓モビリティサイネージサービス「THE TOKYO MOBILITY GALLERY Canvas」(以下、Canvas)を2021年6月より開始すると発表した。
近年モビリティ産業では移動自体の高付加価値化や、様々な交通手段を繋ぎシームレスな移動を実現するMaaS(Mobility as a Service:マース)に続き、DX(デジタルトランスフォーメーション)が注目されている。ニューステクノロジーとS.RIDEも、2019年4月よりアプリでの配車からデジタルサイネージ、降車時におけるアプリ決済などを通じてタクシー産業のDXを推進してきた。

今回新たに提供する「Canvas」は、「東京に新たなギャラリーを」をコンセプトに、都内を走行するタクシー車両の空車時間を活用して、サイドガラスに広告を映し出す車窓モビリティサイネージサービス。サイドガラスには、AGC株式会社が独自開発したガラス製透明スクリーン「グラシーン」を搭載している。映像を投影していない時は透明な窓ガラスだが、投影時はクリアな広告を映し出すことができるとのことだ。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
「Canvas」は、まず都内を走行するJPN TAXI 100台で運用を開始する。その後段階的に対象車両を増加し、S.RIDE加盟のタクシー事業社が保有するJPN TAXI全てに搭載していく予定だ。将来的には従来の屋外広告の枠を超え、タクシー配車アプリ「S.RIDE」で取得した位置情報などのデータと連携し、ロケーションや時間帯に最適化した広告やその他情報を表示できるよう開発を進めていく方針だという。

人気記事