Today's PICK UP

肌測定デバイスと専用アプリで個人の肌データを分析する「パーソナルスキンケアサービス」が提供開始

凸版印刷株式会社は、肌測定デバイス・関連システムの開発を行うVesCir Ltd.(ベッサー)と共同で、専用デバイスのセンサーで取得した肌データを独自アルゴリズムで分析し、専用アプリ内で表示するサービス「SkinCatch(スキンキャッチ)」の提供を化粧品メーカーや化粧品通販会社などに向けて2021年4月より開始すると発表した。
本サービスは、ユーザーが登録した年齢・性別等の属性デバイスでスキャンした肌情報をもとに、水分・色素・皮脂・酸素の4つの項目ごとに肌の状態を点数表示し可視化することが可能となり、顧客コミュニケーションやマーケティングに活用できるサービス。ユーザーが自身の肌状態を把握でき、さらに管理画面から本サービスの提供事業者(化粧品メーカー等)もユーザーの肌情報を確認することもできるため、一人ひとりの肌状態に合わせた有効な顧客コミュニケーションが可能となるという。

「SkinCatch」は、2021年4月14日(水)~2021年5月30日(日)の期間限定で「b8ta Pop-Up Store Fukuoka 2021」へ出展。実際に肌測定デバイスと専用アプリを使って肌診断を体験することが可能だ。さまざまな人に本サービスを体験してもらうことで2021年度の販売に向けたマーケティングを行うとともに、新たなビジネス用途での活用に向けた協業先を募ることを目的とするとのことだ。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

■本サービス開発の背景

マーケティング業界から広がった「パーソナライゼーション」の動きは、業界を超えた大きな流れとなっている。スキンケア業界でも、使用している化粧品が本当に今の自分の肌状態に合っているのか、年齢や季節に合わせてどのようにスキンケアを選べばよいのかなど、これまで漠然と消費者が感じていた疑問に答える術として、パーソナライゼーションが注目されている。さらに、コロナ禍により百貨店などでの対面での肌診断サービスが受けづらい今、自宅でできる肌診断やそれに基づくアドバイス等のコミュニケーションは消費者にとってもメリットの大きいサービスだという。今回、凸版印刷が持つCRMにおけるノウハウと、VesCirが持つ肌診断アルゴリズムのノウハウを融合し、事業者のニーズに合わせ、肌情報をCRM活用に展開できる本サービスを開発。顧客とのコミュニケーション最適化に貢献するとのことだ。

人気記事