Today's PICK UP

バーチャル上の渋谷に「ライブハウス」が誕生、100組のアーティストによるバーチャル音楽ライブが開催へ

一般社団法人渋谷未来デザインとKDDI株式会社は、渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」内において、バーチャルライブハウス「SHIBUYA UNDER SCRAMBLE powered by au 5G」をオープンすると発表した。
また、渋谷未来デザインとKDDIを主管とするYOU MAKE SHIBUYA VIRTUAL MUSIC LIVE 実行委員会は、2021年3月31日および2021年4月16日以降の合計20日間の予定で、渋谷に関わる100組のアーティストが出演するバーチャル音楽ライブ「YOU MAKE SHIBUYA VIRTUAL MUSIC LIVE powered by au 5G」をライブハウスで開催する。

本音楽ライブは、2020年夏に実施した新型コロナウイルス感染拡大によって影響を受けたエンターテインメント・ファッションなど渋谷の文化を支える業界を支援する「YOU MAKE SHIBUYA クラウドファンディング」の一環として、コロナ禍において活動が制限されているアーティストに表現と発信の場を提供することを目的としている。クラウドファンディングで集まった支援金と渋谷区財源を活用し、渋谷に関わるバンド、ミュージシャンたちが、最先端デジタル技術を取り入れた渋谷区公認の「バーチャル渋谷」でライブパフォーマンスを披露する。2月上旬に行った出演者募集には多数の応募が集まり、その中から選ばれたアーティストとライブハウス推薦アーティストなどを含めた総勢100組が出演予定だ。3月31日のオープニングデーには、「ザ・チャレンジ」、「sooogood!」、「Wez Atlas」の3組の出演が決定。追加アーティスト出演、日程などの詳細情報は、随時公式ホームページで公開を予定しているという。

なお、本音楽ライブを実施するバーチャルライブハウス「SHIBUYA UNDER SCRAMBLE powered by au 5G」は 「バーチャル渋谷」内の渋谷スクランブル交差点にある入口から入ることができる。渋谷スクランブル交差点の地下の空間をイメージして創られた会場は、渋谷の交差点の地下から、新しい音楽、カルチャーを生み出す場として、エンターテインメントを楽しむすべての人々に今までにない音楽体験を提供するとのことだ。

■バーチャル音楽ライブ「YOU MAKE SHIBUYA VIRTUAL MUSIC LIVE powered by au 5G 」について

出典元:プレスリリース
【開‌催‌概‌要】‌
イ‌ベ‌ン‌ト‌名‌:YOU MAKE SHIBUYA VIRTUAL MUSIC LIVE powered by au 5G
バーチャル会場:SHIBUYA UNDER SCRAMBLE
主催:YOU MAKE SHIBUYA VIRTUAL MUSIC LIVE実行委員会
(一般社団法人渋谷未来デザイン、KDDI株式会社、株式会社stu、株式会社オン・ザ・ライン、Shibuya O-Group、FRIENDSHIP.など)
共催:YOU MAKE SHIBUYA クラウドファンディング実行委員会
‌‌開催日程:‌3月‌31日‌(水)‌及び4月16日から合計20日間を予定
‌‌参‌加‌方‌法‌:バーチャル渋谷は、VRデバイス、スマートフォン、PC/Macから参加できる。
参加にはclusterの無料アカウント作成と、利用するデバイス用のclusterアプリのインストールが必要。
料金:無料

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。