Today's PICK UP

オンライン写真販売サービス「えんフォト」、通知ツールとして新たに「LINE」との連携が可能に

株式会社うるるは、同社が運営する、保育園・幼稚園向けのオンライン写真販売サービス「えんフォト」が、2021年3月3日より、新たに通知ツールとして「LINE」の利用が可能になったと発表した。
これまで「えんフォト」では、保護者の写真購入の際メール通知を活用していたが、「なかなかメールをチェックする時間がない」「写真の買い忘れ、支払い忘れを見落としてしまう」などの声があったという。そこで、より円滑にこどもの写真購入を実現するためLINE通知の導入に至ったとのことだ。これにより、こどもの園での写真をすぐに確認でき、より家族のおうち時間の充実へ貢献する。

■公開写真の期限を通知し、写真の買い忘れ防止に

出典元:プレスリリース
保護者の中には、写真は購入したいものの、通知メールを見落としてしまい、買い逃してしまう人も。より日常的に確認可能なLINE連携により、期限内での確認をすることができる。

■購入後も、通知により支払い忘れの防止に

出典元:プレスリリース
購入後、支払い期限を過ぎてしまう場合もある。LINEからの通知メッセージにより、支払い期限の2日前には知らせ、より保護者が円滑に購入・支払いすることをサポートする。

■困りごと解消機能でいつでも問い合わせ可能

出典元:プレスリリース
営業時間外にサービスを利用する保護者もいるため、LINE上で24時間いつでも困りごとを解決できる、問い合わせ機能を追加。安心してえんフォトを利用することができる。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。