Today's PICK UP

ファミリーマート、新たなキャッシュレス決済サービスの導入を発表

株式会社ファミリーマートは、各クレジットカードの決済事業者と提携し、クレジットカード等のタッチ決済(非接触IC)の他、株式会社ジェーシービーが展開するスマホ決済スキーム「Smart Code」と、アリペイが提供するクロスボーダー決済ソリューション「Alipay+」を導入し、2021年4月7日より全国のファミリーマート約16,600店にて、それぞれのキャッシュレス決済サービスが可能になると発表した。

■非接触決済により、対応のカード、スマートフォン等によるスピーディな決済が可能に

ファミリーマートでは、現金の他、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード、電子マネー、スマホ決済など様々な決済方法で買い物が可能になっている。今回、対応のクレジットカード、デビットカード、プリペイドカード、スマートフォンなどの決済において、支払い時に決済端末にタッチする(かざす)ことで、決済が可能となるタッチ決済(非接触IC)に対応する。従来のカードを決済端末に差し込む方法に比べ、スピーディに支払いが可能になるという。

<タッチ決済可能なクレジットカード・デビットカード・プリペイドカードのブランド>
ブランド名:日本でのブランド会社
Visa:Visa Worldwide
MasterCard:Mastercard
JCB:株式会社ジェーシービー
American Express:アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc
Diners Club:Discover Financial Services (カード発行:三井住友トラストクラブ株式会社)
Discover:Discover Financial Services
出典元:プレスリリース

■新たに2社のスマホ決済スキームに対応し、国内外のさまざまなスマホ決済サービスが利用可能に

ファミリーマートでは、現在「FamiPay」をはじめ、12種類のスマホ決済サービスを導入している。4月7日(水)からは、スマホ決済スキーム「Smart Code」および「Alipay+」を導入し、すでにファミリーマートで対応済みのスマホ決済サービスに加え、対応する国内外のさまざまなスマホ決済サービスが利用可能となる。スマホ決済サービスは、現金での支払に比べ、会計がスピーディになるとともに、ストアスタッフの作業負担も減少することから、顧客の利便性とさらなる買物満足の向上に繋がるものと考えているとのことだ。

<ファミリーマートで取扱い可能のスマホ決済サービス> ※2021年4月7日時点
サービス:開始時期
d払い、楽天ペイ、LINE Pay、PayPay:2018年11月
Alipay、WeChat Pay:2019年1月
FamiPay:2019年7月
au PAY、J‐Coin Pay、ゆうちょPay:2019年12月
pring、メルペイ:2020年3月
Smart Code、Alipay+:2021年4月7日

<Smart Code対応により利用可能となるスマホ決済サービス>
atone、ANA Pay、EPOS Pay、ギフティプレモPlus、K PLUS

<Alipay+対応により利用可能となるスマホ決済サービス>
AlipayHK、Kakao Pay、Touch’n Go eWallet、EZ-Link Wallet、GCash

人気記事

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

Googleスプレッドシートにテキスト・画像を入れるだけでアプリが完成する「ノーコードアプリ制作ツール」が提供開始

株式会社NappsTechnologiesは、Excelのように使える、Googleスプレッドシートに写真やテキストを埋めるだけで、プログラムコードを書かずに全自動でスマホアプリを作成できる、国産ノーコードツール「MagicInstructions」の提供を2021年3月29日に開始したと発表した。