Today's PICK UP

スマートニュース、高齢者へのワクチン接種開始に合わせ「新型コロナワクチンチャンネル」を開設

スマートニュース株式会社は2021年4月13日、前日に65歳以上の高齢者へワクチン接種が開始されたことに合わせ、ニュースアプリSmartNewsに『新型コロナワクチンチャンネル』を開設すると発表した。利用者ごとの接種時期に通知を届ける「ワクチンアラーム」や、利用者が住む地域の3万3000箇所を超える接種施設・かかりつけ医の予約可否を地図で表示する「ワクチンマップ」などの機能を提供し、利用者のワクチン接種に関する適切な情報取得をサポートする。

■高齢者の9割「ワクチン接種の情報が不充分」

新型コロナワクチンは、4月12日(月)に65歳以上の人への接種が開始された。一方、同社が2021年4月に65歳以上の人を対象に実施したアンケート調査では、9割以上が、いつどこで自分がワクチンを接種できるかの情報が不充分と回答しており、生活者にワクチンの接種時期や場所に関する情報が行き届いていないことが伺えるという。また、全国の自治体のコールセンターには、ワクチン接種の予約に関する問い合わせが殺到しており、大きな社会課題になっている。いつどこで自分がワクチンを接種できるかをわかりやすく知らせることによって、不必要な問い合わせを少しでも減らす一助にしたいと考えているとのことだ。同社では、国民の一人ひとりがワクチン接種に関する情報を的確に取得できる環境づくりが重要と考え『新型コロナワクチンチャンネル』を開設。ワクチンチャンネルは、SmartNewsの日本版を利用するすべての人に、4月13日(火)より表示される。ワクチンチャンネルで提供する機能・情報は以下の通り。

1.接種時期の目安が分かる&通知が届く「ワクチンアラーム」
居住地や生年月日などの項目に答えると、全国1741の市区町村が発表した情報を基に、ワクチン接種時期の目安を表示する。また、接種時期の開始に合わせて通知を届けることもできる。利用者は、すぐに受けられるのか、何カ月か待つのかの目安が事前にわかるので、安心して接種時期まで待つことができる。この機能を通じて、自治体への問い合わせを少しでも減らす一助にしたいと考えているという。

2.接種施設を地図で表示&かかりつけ医の予約開始時に通知が届く「ワクチンマップ」
自治体や医療機関が公表した情報を基に、全国3万3058箇所(4月12日11時時点)のワクチン接種施設・医療機関を地図上に表示する。接種施設の詳細ページでは、住所や予約可否などの情報を掲載。予約が可能になったら通知を受け取ることもできる。日本では、60代で61.4%、70代以上で80%と高齢者を中心にかかりつけ医(主治医)を持つ人が多くいるが、まだほとんどの医療機関が予約を開始していないという(全国3万3058箇所の接種施設のうち予約開始は201箇所、全体の0.61%。2021年4月12日11時時点、同社調べ)。かかりつけの医療機関が予約開始になると知らせてくれる機能を提供することで、医療機関への不必要な問い合わせを少しでも減らすことにつながり、円滑なワクチン接種に貢献できるものと考えているとのことだ。

3.ワクチンの有効性や副反応など安全性に関する基本情報
ワクチンの有効性や副反応、接種までの手順や手続きについて解説する記事など、ワクチンの基本情報を掲載。より詳しい情報を知りたい場合は、メディアや公的機関が発信している情報へアクセスが可能だ。

4.ワクチンに関する国内外メディアの最新ニュースや専門家による記事
テレビ、全国紙、通信社、地方紙、海外メディアなどが報じる、国内外のワクチン関連の最新ニュースや、専門家による解説記事などを配信する。

5.国内のワクチン接種状況をビジュアルで知らせる
厚生労働省が発表するデータを基に、全国のワクチン接種回数を分かりやすいビジュアルで掲載する。日ごとの新規接種回数や累計接種回数をグラフで表示する。

■新エリア「トップカード」で健康や災害に関する最新情報をワンストップで提供

ワクチンチャンネルの開設に際して、2020年7月9日以来のメジャーアップデートを実施し、SmartNewsアプリのトップ画面を刷新。健康や災害に関する最新の情報に、より簡単にアクセスできるように、画面最上部に複数のカードを並べた新エリア「トップカード」(Top Card)を採用する。カードには、リアルタイムで最新の情報が表示され、ワンタップで各種機能やコンテンツにアクセスできる。ワクチンが接種できる時期や接種施設に関するカードをはじめ、感染者数やワクチンの接種状況、雨雲レーダーや災害レーダーなど、健康や災害など安全安心に役立つカードを中心に、幅広い生活情報をワンストップで提供する。
出典元:プレスリリース

人気記事