Today's PICK UP

社労士のDXを推進するKiteRa、総額3億円の資金調達を実施 SaaS事業の拡大、人材獲得強化へ

社会保険労務士(社労士)向けSaaS「KiteRa(キテラ)-Pro-」を運営する株式会社KiteRaはSaaS事業の拡大にあたり、XTech Ventures株式会社、DIMENSION株式会社、三井住友海上キャピタル株式会社、個人投資家を新規引受先として迎えるとともに、既存投資家であるライフタイムベンチャーズを追加の引受先として第三者割当増資を実施、日本政策金融公庫からの融資を含めて総額で3億円の資金調達を実施したと発表した。

■背景・目的

直近では、新型コロナウイルス感染症の影響で多くの企業が新たに在宅勤務制度を設けるなど、「働き方」を取り巻く環境は変化し続けている。また、「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」、「育児や介護との両立」など個々の事情に応じた働き方が求められていることを受けて厚生労働省が「働き方改革」を推進しているように、「働き方」は企業にとっても重要な経営課題となっている。そのため「働き方」に深くかかわる労務問題と向き合ってきた社労士に求められる役割もまた大きく変化しているという。社労士は、給与計算や社会保険手続代行、就業規則作成代行といった代行業務から、労務のプロとして企業の「働き方」について助言を行うアドバイザーなど幅広い役割があるが、労働集約型産業としての側面もあり、社労士自身の生産性向上をはじめとした「働き方」が課題となっていた。このような状況の中で、給与計算や社会保険手続については、数々のクラウドサービスが展開され、生産性が向上しつつあるが、就業規則作成領域おいてはまだ実現されているとは言い難い状態とのことだ。そこでKiteRaは就業規則作成代行領域において業務効率化するためのクラウドサービスを開発・展開することで社労士のDX化を推し進め、生産性の向上した社労士が労務のプロとして、社会からのさらなる期待に応えるための環境づくりに貢献するという。KiteRaは、これまでライフタイムベンチャーズ、インキュベイトファンド、他個人投資家から総額約4000万円の資金調達を実施しており、今回第二回目として総額3億円の資金調達を行った。今回の資金調達により現行サービスの機能拡充及び人材の獲得を行うとのことだ。

■概要

・第三者割当増資
XTech Ventures株式会社、DIMENSION株式会社、三井住友海上キャピタル株式会社、ライフタイムベンチャーズ、個人投資家
・融資
日本政策金融公庫

人気記事