Today's PICK UP

任天堂、Switch向けにプログラミング学習ソフト「ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング」を発売へ

任天堂は5月6日、Nintendo Switch向けプログラミング学習ソフト「ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング」を6月11日に発売すると発表した。価格はパッケージ版が3480円、ダウンロード版が2980円。
出典元:リリース情報より引用
 『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』は、キャラクター同士をつなぐだけで、誰もが始められるゲーム作り体験が可能。Nintendo Switchの中に暮らす不思議な生き物「ノードン」をつなげていくだけで、楽しみながらゲームプログラミングを体験し、学ぶことができるソフトだ。

ユーザーはチュートリアルに従い、「ボタンを押す」「スティックを動かす」などの機能を持ったキャラクター「ノードン」を組み合わせ、オリジナルのゲームを作成しながらプログラミングの考え方を学ぶ。ゲームづくりに慣れてきたら「フリープログラミング」で、ゲームを自由につくる機能も備える。
出典元:リリース情報より引用
出典元:リリース情報より引用
作ったゲームをネット上で共有する機能も搭載。任天堂は「プログラミング学習を必要とするお子様や、これまでプログラミングに興味のなかった方にも、ゲームづくりの楽しさや、達成感を味わってほしい」としている。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。