Today's PICK UP

AI・データサイエンスに関する独自コンテンツを配信する「SIGNATE Articles」をSIGNATEがリリース

株式会社SIGNATEは、AIコンペティション開催事例やコンペ入賞者の技術インタビュー、AI人材育成・採用の取り組み事例紹介など、独自のコンテンツを配信する『SIGNATE Articles』をリリースしたと発表した。

■SIGNATE Articlesとは

SIGNATE Articlesは、AI・データサイエンスに関するオリジナルコンテンツを配信するメディア。同社が支援し開催したAIコンペティションの主催者インタビューや同コンペ入賞者による技術インタビューに加え、AI人材の育成や採用への取り組みを紹介する記事など、様々なテーマでコンテンツを届け、AIの開発や導入、それを担う人材の育成・採用を検討している企業に有益な情報を提供する。
出典元:プレスリリース
【記事例:AIコンペティション事例 西日本旅客鉄道株式会社】
出典元:プレスリリース
西日本旅客鉄道株式会社の自社保有データを活用したAI開発コンペの事例インタビュー記事。走行中に車両下部に付着する雪量を正確に予測することで除雪人員の無駄を省き、1日あたり最大数百万円のコストダウンを目指して開催したコンペティションにまつわるバックステージを語った。

【記事例:SIGNATE Quest導入事例 三井住友海上火災保険】
出典元:プレスリリース
デジタライゼーションへの取組みを強化する三井住友海上火災保険株式会社におけるSIGNATE Quest導入事例インタビュー。SIGNATE Questの大きな特徴であるPBL(Project Based Learning:課題解決型学習)が、他社オンライン教材と比べ、社員の人材育成に非常に有効であると気づいた理由と導入後の効果を語った。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。