Today's PICK UP

AIやプログラミングを学ぶオンライン公開講座を埼玉工業大学が一般開催へ

埼玉工業大学(埼工大 ) は一般市民向けに、身近な話題をわかりやすく解説する企画として、2021年度オンライン公開講座(全5回)を6月に開催すると発表した。(受講料無料)
この公開講座は埼工大の教員が専門分野の研究・教育を活かして講師を担当し、今、注目の人工知能やプログラミングをはじめ、ものづくり、化学などの先進的な工学・科学分野、そして異文化など幅広い分野をテーマとした講座がある。親子向けや子供たちを対象にした内容の講座もあるという。埼工大では、地元・深谷市をはじめ、地域の一般市民向けのさまざまな人を対象とした「公開講座」を以前より実施してきた。今年は新型コロナウイルスの感染拡大予防として、初めてオンラインにて開催する。Zoomビデオウェビナーによるリアルタイム配信で実施するとのことだ。
出典元:プレスリリース
参加は事前申し込み制なので、HPで各講座の詳細内容を確認の上、申し込みフォームから申込期間内に登録が必要だ。定員は、各日程90名(先着順)。定員になり次第、締め切りとなる。

<2021年度公開講座>
1.おもしろ機械工学講座:親子で学ぶ 日本の技能とものづくり~技能オリンピックの魅力に迫る~
2.異文化理解講座:「近代『個人主義』の発展と21世紀の『個人主義』
3.人工知能入門講座:どこがすごいの?人工知能
4.「親子で参加」キッズ向け体験学習講座:「マイクロビットで初めての子供プログラミング」
5.材料化学講座:表面にある見えない分子のお話

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。