Today's PICK UP

アンドパッド、建設業法に対応した「電子受発注システム」をローンチ

クラウド型建設プロジェクト管理サービス「ANDPAD」を運営する株式会社アンドパッドは、電子署名やタイムスタンプといった機能を備え建設業法・電子帳簿保存法に対応した電子受発注システム「ANDPAD受発注」をローンチしたと発表した。併せて、「ANDPAD受発注」のローンチにあたりグレーゾーン解消制度を活用し、国土交通省より建設業における適法性を確認したという。

■開発の背景

建設・建築業界における日々の受発注業務では、電話やFAX、紙でのやりとりが多く、見積・発注・請負契約・請求などの業務が、煩雑で非常に時間と手間のかかる作業となっており、効率化を進めることは不可欠だった。また、建設・建築業界ならではの商習慣や各種関連法令にも対応した電子受発注システムが欲しいという要望を顧客から聞くことが多々あったという。こうした悩みに応えるため、建設業法・電子帳簿保存法など関連法令に対応し、発注側、受注側双方のやりとりをデジタル上で完結できる受発注システム「ANDPAD受発注」を開発・ローンチすることとなったとのことだ。

■ANDPAD受発注の特徴

建設業法・電子帳簿保存法など関連法令へ対応し、タイムスタンプ、電子署名といった機能を備え、工事請負契約だけでなく、見積りや請求業務にも対応したシステムになっている。「ANDPAD受発注」の導入により、受発注全体のフローをデジタル上で完結しペーパーレス化を推進、監督、職人・協力業者、経理の業務を効率化することができる。また、17万人のユーザーが使うANDPADだからこそ、職人はもちろん、多くの建設・建築業界の人がすでにANDPADを使っているので、「ANDPAD受発注」の導入をスムーズに行うことができるという。PCだけでなく、スマートフォンで受発注を管理することもできるので、外出先での急な対応や確認・編集なども行う事ができる。ANDPADの他サービスとの機能連携強化も順次予定しており、よりシームレスな予算管理、工事現場管理が実現可能となるとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。