Today's PICK UP

IBM、DXを加速するAIやハイブリッドクラウド、量子コンピューティング分野の進展を発表

IBMは、年次イベント「Think」で、AIやハイブリッドクラウド、量子コンピューティング分野における進展を発表した。一連のイノベーションは、IBMの顧客とパートナーが、そのデジタル・トランスフォーメーションを加速し、よりスマートに職場に復帰し、より良いビジネスを推進するための戦略的なエコシステムを構築する上で、IBMが支援できることを示している。
IBM会長兼CEOのアービンド・クリシュナ氏は次のように述べている。「私たちは今年と昨年を、世界が完全にデジタルの世紀を迎えた瞬間として振り返ることになるでしょう。20世紀に工場や機械が電化されたのと同じように、21世紀には、ハイブリッドクラウドを活用し、ソフトウェアとシステムにAIが組み込まれています。これは、強固な業界のコラボレーションに基づいて構築されなければならない未来なのです。IBMは、このことをだれよりも理解しており、それが、当社のパートナー・エコシステムへの投資を大きく増やしている理由のひとつです。また今回のThink において、当社は最新のハイブリッドクラウドとAIのイノベーションを発表します。それらはまさに、ビジネス向けの新たなITアーキテクチャーの構成要素となるテクノロジーです」

IBMはハイブリッドクラウドとAIに注力しているが、それは、企業がそのミッション・クリティカルなシステムのモダナイゼーションに向けた、明確で信頼できる道筋を必要としていることを同社が理解しているからだという。新たなビジネス向けAIの選択に関するIBMの調査「Global AI Adoption Index 2021」では、ビジネス・プロセスにAIを組み込む必要性が、パンデミックの中でより急務となっていることが明らかになっている。調査対象のITプロフェッショナルの43%が、自社においてAIの導入が加速していると回答。また調査対象となった世界のITプロフェッショナルの半数近くが、AIプロバイダーをプロセス自動化の能力で評価すると回答している。これが、IBMがビジネス向けの豊富で幅広いAI機能の開発に大きく投資してきた理由とのことだ。

IBMは、さまざまな業界にわたる数千社の顧客が同社のハイブリッドクラウドとAIのプラットフォームの強みを活用しビジネスを変革する支援をしている。以下のイノベーションは、顧客がより円滑にトランスフォーメーションしていけるようにするものだという。

■新たなイノベーションがデータとAIを統合

・Cloud Pak for Dataのイノベーションで、データがどこにあってもアクセスし、一元化して管理する方法を、AIで自動化:Cloud Pak for Dataにおける画期的な機能により顧客は、AIを使って、分散クエリーに対する回答を他のデータウェアハウスより8倍速く、かつ半分の計算コストで得られるようになる。AutoSQLは、データが存在する場所やその保管方法にかかわらず、データを移動せず、そのアクセスや統合、管理の方法を自動化する。AutoSQLは、顧客が、AI用にデータをキュレーションする複雑さを軽減し、データ移動にかかる高い計算コストをなくそうとする際に直面する最重要課題のひとつを解決する一方で、隠れた洞察を引き出し、より精度の高いAIによる予測を行うことができるという。AutoSQLの導入により、IBM Cloud Pak for Dataに、プライベートクラウド、オンプレミスおよびパブリッククラウドを含む、あらゆるハイブリッド・マルチクラウド環境にわたりシームレスに稼働できる、市場で最もパフォーマンスの高いクラウド・データウェアハウスが含まれるようになる。AutoSQLは、Cloud Pak for Data内の新たなデータ・ファブリックに含まれる新テクノロジーのひとつだ。この新しいインテリジェントなデータ・ファブリックにより、AIを使って複数環境にまたがって分散しているデータの検出、理解、アクセスおよび保護を行うことで、複雑なデータ管理作業が自動化されるとともに、異種のデータ・ソースが、共通のデータ基盤に一元化される。

・Watson Orchestrateが、プロフェッショナルの作業を自動化し生産性を向上:Watson Orchestrateは、営業、人事、オペレーションなどあらゆるビジネス・プロフェッショナルの個人の生産性を高めることを目的とした、新しいインタラクティブなAI機能。Watson OrchestrateはITスキルを必要とせず、利用者はSlackなどのコラボレーション・ツールや電子メール上で自然言語を使って作業を始めることができる。また、SalesforceやSAP、Workdayといったよく使われているビジネス・アプリケーションにも接続できる。Watson Orchestrateは、タスクの実行に必要な事前パッケージされたスキルを自動的に選択し順序付けを行い、即座にアプリケーション、ツール、データおよび履歴に接続するAIエンジンを使用している。それによって作業者は、ミーティングのスケジュール設定や承認の取得などの日常業務、あるいは提案書や事業計画の作成といったよりミッション・クリティカルな業務をより迅速に実行することができるようになる。この製品はIBM Researchが開発し、現在IBM Automation のCloud Pak製品の一部としてプレビューで利用でき、今年中に販売を開始する予定だという。

・Maximo Mobileがフィールド技術者の作業を変革:IBMは、Maximoの優れた資産管理ソリューションをコアとし、導入が容易なモバイル・プラットフォームであるMaximo Mobileを発売した。Maximo Mobileは、道路、橋梁、生産ライン、発電所、製油所などの物理資産の保守を担当するフィールド技術者の作業を変革するために設計されている。新しい直感的なインターフェースにより、技術者は適切な資産運用データを最適なタイミングで、すべて手元で確認できる。遠隔地にいても、利用者はWatson AIおよび詳細な組織に蓄積された知見にアクセスできるため、複雑な問題も簡単に解決できる。AI、インテリジェント・ワークフロー、人による遠隔支援、およびデジタル・ツインへのアクセスなどの効果的な組み合わせは、数十年分の業界の経験を技術者が直接利用することを可能にし、より安全で効率的な運用を実現するとのことだ。

■新たなAIが企業によるITの開発、展開、運用、およびアプリケーションのモダナイズの方法を変革

・Project CodeNetデータセットがAIによるコードの理解と翻訳を促進:IBM Researchは、AIによるコードの理解と翻訳を可能にするために、1,400万のコード・サンプル、5億行のコード、55のプログラミング言語で構成される大規模なオープンソース・データセットであるProject CodeNetをリリースする。Project CodeNetは現在、この種のデータセットの中で最大かつ他にはない特徴をもったものだという。コード検索(COBOLなどのレガシー言語を含む、ある言語で書かれたコードを別の言語に自動的に翻訳する)、コードの類似性(異なるコード間の重複と類似性を特定する)、コード制約(開発者の固有のニーズとパラメーターに基づいて制約をカスタマイズする)という、現在のコーディングにおける3つの主なユースケースに対応している。IBMは、Project CodeNetがソースからソースへの翻訳、およびレガシーなコードベースから最新のコード言語へ移行するための価値ある基準となるデータセットとして機能し、企業がAI適用のスピードを向上するのに役立つと考えているとのことだ。

・Mono2Microがクラウド移行の負荷を軽減:IBMは、企業がハイブリッドクラウド用にアプリケーションを最適化およびモダナイズすることを可能にする新たな機能をWebSphere Hybrid Editionに追加した。IBM Mono2 Microは、IBM Researchにより開発されたAIを使用して、大規模なエンタープライズ・アプリケーションを分析し、クラウドへの移行に向けてどのように適応させるべきかについて提案する。エラーが発生しやすいプロセスを簡素化、加速化することにより、コストを削減し、ROIを最大化することが可能だ。IBM Mono2Microは、クラウドへの移行を加速化するAIを活用したIBMの製品およびサービス群に含まれる。

■先進企業がIBMのハイブリッドクラウドおよびAIソリューションを採用

・IBM Watson Assistantが新型コロナウイルス感染症へのCVS Healthの対応を促進: IBMは米国の大手薬局CVS Healthと協力し、米国での新型コロナウイルス感染症のワクチン・プログラムの開始に伴い10倍に急増した電話問い合わせ件数への全国チェーンの対応を支援している。IBM Global Business Services(GBS)とCVS Healthは、わずか4週間で、IBMのパブリッククラウド上でIBM Watson Assistantを使用する、カスタマー・ケア・ソリューションを開発し、運用を開始した。電話によるカスタマー・ケア・システムの重要なワークフローにAIおよび自然言語処理を組み込むことにより、CVS Healthはワクチンから症状、政府規制、簡易検査、ワクチン接種の証明、費用などにわたる、新型コロナウイルス感染症に関する広範な質問に迅速かつ正確に答えることができ、コールセンターのスタッフは最も複雑な質問への対応に集中できるようになったという。政府のガイダンスの変化に応じて、IBMチームが迅速にアップデートに対応しているため、この仮想エージェントは米国50州すべてのワクチンの状況に基づいて回答をカスタマイズできるようになった。この仮想エージェントは1月上旬の利用開始以来、大部分は人による支援なしに、何百万件もの問い合わせに対応し、通話時間を大幅に短縮したとのことだ。

・EYとIBMがハイブリッドクラウド向けの金融サービス向けセンター・オブ・エクセレンスを設立:EYとIBMは、IBM Cloud for Financial Services用のRed Hat OpenShiftで構築した新しいオープン・ハイブリッドクラウド・ソリューション群を提供するセンター・オブ・エクセレンスを設立。これらのソリューションは、規制の遵守、デジタル・トラスト、およびセキュリティーに重点を置き、IBMのテクノロジーおよびEYの金融機関との協働経験を活用して、デジタル・トランスフォーメーションを促進し、クラウドの採用を加速する。また、クラウドに移行し、ビジネス・プロセスを変革する際に、金融サービス組織の特定の要件や変わり続ける要件に対処するように設計。IBM Cloud for Financial Servicesは規制およびコンプライアンス基準を組み込み、金融サービス機関が技術パートナーおよび顧客と取引するためのセキュアな環境を提供するとのことだ。

■パートナー・エコシステムへの投資

・パートナーの成功を支援する新たな特典:IBMはパートナー・エコシステムの推進に向け10億ドルの投資を行うと発表している。その一環で、ますます競争の激しくなる市場でパートナーが成功するための支援として、新たなコンピテンシー、スキル育成支援、および特典を発表した。まず、パートナーがハイブリッドクラウド・インフラストラクチャー、オートメーション、セキュリティーなどの分野において専門知識、技術検証、および販売実績を実証できる新たなコンピテンシー・フレームワークを策定した。パートナーの1社であるTata Consultancy Services(TCS)は、AIソリューションに対するIndustrial and Manufacturingコンピテンシーと、AI開発者向けのData Science and Business Analyticsコンピテンシーをすでに達成している。また、Cloud Engagement Fund(CEF)を拡大し、「Build」、「Service」、「Sell」、全てのトラックのパートナーが利用できるようにしている。CEFは、顧客のハイブリッドクラウド環境へのワークロード移行を実現する、パートナーの技術サポートやIBM Cloud利用を支援する。パートナーの1社であるSiemens Digital Industries Software(Siemens)は、このCEFを活用し事業を拡大しているという。Siemensは、Red Hat OpenShift上に構築されたIBMのオープンなハイブリッドクラウド環境で、製造業向けIoTソリューションであるMindSphereの導入を加速したとのことだ。

■IBM、量子コンピューティングの実用化に向けて前進

・Qiskit Runtimeソフトウェアにより、量子回路の処理速度が120倍向上:IBMは、Qiskit Runtimeの導入により、開発者が量子ソフトウェアをより速く簡単に使用できるように取り組んでいる。このソフトウェアはコンテナ化され、ハイブリッドクラウドで稼働するため、ユーザーは大部分のコードを自分のコンピューターで実行することはない。これにより、ソフトウェアとプロセッサーのパフォーマンスがどちらも向上し、Qiskit Runtimeによって量子アルゴリズムの構成要素である量子回路の速度が120倍向上できるという。Qiskitは、IBMが開発した、開発者のグローバル・コミュニティー向けの量子コンピューティング用オープンソースの開発フレームワークで、すべての開発者が量子コンピューティングにアクセスできるようにすることを目的としている。IBMは、Qiskit Runtimeを導入することにより、量子システムが化学モデリングや財務リスク分析などの複雑な計算を数週間ではなく数時間で実行できるようにしている。このソフトウェアの性能を示すためIBMは、これまで45日かかっていた水素化リチウム分子(LiH)のモデル化が量子デバイス上では9時間で実行できることを実証。このような進歩は、量子コンピューティングの可能性を拡大し、新しいユースケースを創り出す鍵を握っているとのことだ。

人気記事

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織開発・D&I推進等と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、これからの時代のキャリアと学びについて意見を交わしました。 前半は秋田氏のこれまでの経歴、アメリカのビジネススクールでのエピソード、みずほに入社を決めた理由などをうかがいます。

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

イメージする香りはあるけれど、その通りの香水をなかなか見つけられない。「甘口」「辛口」だけでは、自分好みの日本酒を選べない。セントマティック社が開発する「KAORIUM(カオリウム)」は、香りや風味を言語化することで、そんな悩みを解消してくれる最先端のAIシステムです。今回お話を伺ったのは、同社の代表取締役である栗栖俊治氏。なぜ香りの分野に注目したのか。ビジネスとしての香り市場の秘めたるポテンシャルとは。KAORIUMの活用で広がる可能性とは何か。世界も注目するその取り組みに迫ります。

創業3ヶ月で22億円超を調達。Relux創業者が背水の陣で挑む、海外旅行DX

創業3ヶ月で22億円超を調達。Relux創業者が背水の陣で挑む、海外旅行DX

コロナ禍で我々の生活は大きく変わりました。人とのコミュニケーション、働き方やライフスタイル、人生の価値観。これまで当たり前のように可能であった旅行もまた、さまざまな制限のなかで行われ、今後もこうした生活スタイルがしばらく続くことが予想されます。 そんななか、旅行・観光業界の多くの課題をデジタルの力を活用して解決し、これまでのスタイルを根底から変えていく「あたらしい旅行代理店」が誕生しました。その名も「令和トラベル」。そして創業したのは、宿泊予約サービス「Relux」を創業した篠塚 孝哉氏。この会社、創業3ヶ月でありながら22億円超を調達し、話題を集めています。なぜ今、海外旅行事業で起業するのか、目指していく「海外旅行業界のDX」とは何か、「あたらしい旅行代理店」が誕生することで生活者の旅行体験はどう変わるのか、篠塚氏にお話を伺いました。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

プロンプトエンジニアという言葉をご存知でしょうか。英語圏では2021年頃から盛り上がりを見せている職種の一つで、中国でも2022年の夏頃からプロンプトエンジニアの講座が人気を呼んでいます。今回は、プロンプトエンジニアとは何か、どうトレーニングすればよいのかについて、日本国内でプロンプトエンジニアの採用と教育を実施している株式会社デジタルレシピ 代表取締役の伊藤 新之介氏に解説していただきました。

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、企業に求められるダイバーシティとエクイティ、ジェンダー問題について意見を交わしました。 後編は秋田氏がグループCPOとして手がけてきた施策、みずほフィナンシャルグループが考えるダイバーシティとエクイティ、これからの企業と従業員の関係性についてお話をうかがいます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

2022年3月に東芝の代表執行役社長 CEOに就任した島田太郎氏。デジタル分野のトップを務めた島田氏は、「東芝でデジタルが分かる初めての社長」として就任時から大きな注目を集めています。 昨年開催された「Digital Shift Summit 2021」では「日本企業がデジタルシフトでGAFAに打ち勝つ方法」というテーマの鼎談に立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、デジタルホールディングス代表取締役会長の鉢嶺登氏とともに参加し、東芝および日本企業の未来についての展望を語っています。 島田氏は、日本を代表する企業である東芝でどのような事業を強化し、どう舵取りをしていくのか。東芝が目指すDXの形や、プライバシーを最優先した次世代のデータビジネスとはどのようなものなのか? また、東芝および日本企業がGAFAに打ち勝つためにできることとは。社長に就任した島田社長が抱くビジョンに迫ります。 前編は島田氏が社長に就任してからの変化、東芝が手がけるスマートレシート躍進の理由と将来の展望、ナノエコノミーの可能性などについてお話をうかがいます。

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。