Today's PICK UP

電通グループ、VRクリエイティブスタジオ事業を手掛ける「ambr」と資本業務提携を締結

VRクリエイティブスタジオ事業を手掛ける株式会社ambrは、株式会社電通グループ等を引受先とする資金調達を実施し、電通グループとの資本業務提携を締結したと発表した。

■今後の展望について

・ambrと電通グループは、本質的なVRユーザー体験価値の創造を目指す
ambrは、自社プロダクトであるVRSNS「仮想世界ambr」の企画・開発・運営や、法人パートナー向けにVR企画開発を提供するVRクリエイティブスタジオ事業を通じて、VRのユーザー体験創造のナレッジを高めてきた。電通グループはグループ全体のR&D組織「電通イノベーションイニシアティブ」のXRチームや、共創型のグループ横断組織「XRX STUDIO」を中心に、XRトランスフォーメーションの推進に取り組んでいる。

今回、ambrと電通グループが連携することで、新しいVRプロダクトの事業構想~体験設計~開発制作~実施運営までを提供する。決まった要件仕様に基づいた開発を行うのではなく、上流の事業構想・体験設計から参加することで、共創パートナーとして、本質的なVR体験価値の創造とVRプロダクトの成功を目指すとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。