Today's PICK UP

「スマートミラー2045」×「リモート接客システム」による非対面接客ソリューションの提供が開始

株式会社ジーエルシーは、同社が提供する等身大サイズのタッチパネル鏡デバイス「スマートミラー2045」と、株式会社Nextremerが提供するリモート接客システム「Remosis」を連携した、非対面接客ソリューションの提供を開始すると発表した。
未だ収束が見えないコロナ禍において、Withコロナを前提としたビジネスモデル、オペレーショナルモデルへの転換を余儀なくされるニーズの高まりに対して、既に多くの非対面を前提とするソリューションが登場している。ジーエルシーでは、これまでも「スマートミラー2045」以外にも、「BopisCloud」や「”テハイ” ロボ」などの、非対面ソリューションの提供を行ってきた。今回、各種アプリケーションをインストールして使用できる等身大サイズのタッチパネルデバイスである「スマートミラー2045」と、接客業務の非対面化を実現するシステムである「Remosis」が連携することにより、接客・案内・提案等を必要とする業界の、「非対面化・非接触化による安心安全の確保」や「省人化によるコスト削減」といった課題の解決により一層寄与するとのことだ。
出典元:プレスリリース

■Withコロナ時代における顧客接点のあるべき姿

各種非対面ソリューションが登場している一方で、このコロナ禍においてもなお、種々の理由があるにせよ、マスクをしたスタッフが飛沫防止パーテーション越しに接客をしているシーンが多く存在する。今後しばらくは続くことが見込まれる、Withコロナ時代においては、顧客の属性、問合せ内容に応じた適切なコミュニケーション手段を提供し、デジタルデータの蓄積、利活用により、「デジタルとリアルを組み合わせた顧客接点のマルチチャネル化」を推進することが、店舗ビジネス運営においては不可欠になるであろうと考えているとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。