Today's PICK UP

NTTデータ経営研究所、ニューノーマル時代の空港のデジタル変革と構造改革の提言を発表

株式会社NTTデータ経営研究所が主催する「空港保安の将来像研究会」では、コロナ禍で大きな影響を受け続ける空港のニューノーマル時代への円滑な移行を支援するため、「ニューノーマル時代の我が国空港のデジタル変革と構造改革の提言」を取りまとめたと発表した。
この提言は、本研究会の5年にわたる研究成果を集大成したもの。社会への貢献として、空港保安/運営関係の人が構想、デザイン、ソリューションの概念などを幅広く役立てられるように、この成果をオープンソースとして公開する。

■オープンソースとして公開する内容について

今回、オープンソースとして公開する本研究会の研究成果は、「ニューノーマル時代の国内空港の将来構想・戦略の提言」と研究会が独自に集約した「最先端ソリューション事例」から構成されている。将来構想・戦略の提言については、さらに3つの要素から構成されている。

1.ニューノーマル時代の国内空港のデジタル変革(DX)に向けた戦略施設設備のシェアリング、監視映像・計測データの高度利活用、多機能ロボットの適用、高精細デジタルサイネージの積極的な利活用、空港・都市間アーバンエアモビリティなど
2.旅客フローと空港デザインを念頭においた戦略的なDXソリューション(1.で紹介したもの)の配置例(空間デザイン)
3.空港保安/運営業務の構造改革の構想保安検査・手荷物検査業務の変革、施設管理一元化、重複業務の統合による構造改革、地域産業との連携など
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。