Today's PICK UP

NTTデータ、地銀共同センター参加行の行員約2.5万を対象に、デジタルスキル向上を目指す「ナレッジサイト」を開設

株式会社NTTデータは2021年5月24日、地銀共同センター参加行(13行)の行員約2.5万人を対象としたナレッジサイト「B-Digital Interaction Square」を開設したと発表した。本サイトでは、参加行の全行員が100以上のデジタル関連の動画や資料を各自の知識レベルに合わせて視聴・閲覧することが可能だ。
参加行では現在、デジタル化の進展とコロナ禍による非対面・非接触ニーズの高まりに伴い、デジタル技術を活用した経営や業務の見直し、顧客への利便性の高いサービスの提供、地域のDXへの貢献が求められている。NTTデータは本ナレッジサイトの開設により、このような環境変化に対応できる参加行の人財育成をサポートする。全参加行員のデジタル知識向上に向けた基幹系共同センターとしての取り組みは国内初となるという。

■背景

参加行では、デジタル技術の活用による経営や業務の効率化や、顧客に寄り添った付加価値の高いサービスの提供が期待されている。コロナ禍により非対面・非接触のニーズが高まり、デジタルスキルを使ったサービス提供の重要性はより高まっている。そのため行員のデジタルスキルの向上が必要だが、これまでは学習機会が限られていた。そこで今回、NTTデータは参加行に対して、行員のデジタルスキル向上の取り組みの一環としてナレッジサイト「B-Digital Interaction Square」を開設した。NTTデータと参加行はこれまで、人財育成の共同の取り組みとしてシステム部門の行員向けに「ITマネジメント研修」を約10年間実施してきたが、今回の取り組みは全行員向けという点で初の試みとのことだ。
出典元:プレスリリース

■概要(特長)

「B-Digital Interaction Square」では、NTTデータが保有するデジタル関連の100以上の動画や資料を参加行の全行員約2.5万人に公開する。デジタル技術の概要やNTTデータグループのデジタル関連の取り組み事例、将来予測などを紹介する。動画については入門編から上級編まで、行員が自らの知識レベルに合った動画を自由に視聴できる。参加行の行員であれば、24時間365日好きな時間にコンテンツにアクセスできる。パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットから閲覧でき、日頃業務繁忙な営業店の行員でも気軽に学習が可能だという。

「B-Digital Interaction Square」の入門編コンテンツ例
出典元:プレスリリース

人気記事