Today's PICK UP

AR技術やプロジェクションマッピングを活用したアトラクションを体験できる「リトルプラネット イオンモール川口」が6月にオープン

遊びが学びに変わる次世代型テーマパーク「リトルプラネット」を全国に展開する株式会社プレースホルダは、埼玉県川口市に2021年6月8日開業予定の大型商業施設「イオンモール川口」に同日オープンするアミューズメント施設「セガ イオンモール川口」内において、次世代型テーマパーク「リトルプラネット イオンモール川口」がオープンすると発表した。
出典元:プレスリリース
リトルプラネットは最新のデジタル技術を駆使して子どもたちの探究心や創造力を刺激する、全く新しいタイプのファミリー向けテーマパーク。2021年5月現在、首都圏や大阪・名古屋など全国に7つの常設パークを展開している。8つ目の常設パークとなる「リトルプラネット イオンモール川口」では、AR(拡張現実)技術を使った砂遊び「SAND PARTY!」や、プロジェクションマッピングを使ったボールプール「ZABOOM」など、昔ながらの遊びにテクノロジーが融合した9種のアトラクションが体験できる(※一部アトラクションは隔週交互運用のため常設では7種)。

■パーク概要

名称:リトルプラネット イオンモール川口
所在地:埼玉県川口市安行領根岸3180番地 イオンモール川口3階
営業時間:10:00~21:00(最終入場20:30)
区画面積:約100坪
アトラクション数:9種(一部アトラクションは隔週交互運用のため常設では7種)
利用料金:子ども・おとな 30分各800円~(15分ごとに延長可能)、1日フリーパスは平日:子ども1,800円・おとな900円、休日:子ども2,400円、おとな1,200円(混雑時は枚数制限あり)

■ソフトオープンについて

「イオンモール川口」では現在、6月8日のグランドオープンに先立ってソフトオープンを実施しており、「リトルプラネット イオンモール川口」も同日よりプレ営業を開始している(6月7日(月)までは20時までの短縮営業)。

■アトラクションイメージ

出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。