Today's PICK UP

小田急不動産、AIを活用したマンション管理サービス「ODA LAVI」を導入へ

小田急不動産株式会社および株式会社小田急ハウジングは、自社で分譲・管理するマンションの居住者サービスを強化するため、株式会社ファミリーネット・ジャパンとともに、AIを活用したマンション管理サービス「ODA LAVI」(オダラビ)を導入すると発表した。
第1号物件として、小田急不動産が2021年7月下旬から販売開始予定の新築分譲マンション「リーフィアレジデンス狛江スタイルアベニュー」(総戸数61戸)において、サービスの提供を開始する。

■導入の目的と背景

近年のIoT(Internet of Things)や5G(第5世代移動通信システム)をはじめとするICT技術の革新とともに、スマートフォン(スマホ)の保有世帯割合は83.4%、20代~30代の個人保有割合は90%を超える状況だ。生活の一部となったスマホで、情報の取得も発信も行う時代となった現在において、マンション管理も同様に、必要な時に必要な情報をスマホで取得し、手続きが行えるサービスの提供が求められている。

また、昨今、マンション管理業界で深刻化している管理員の人手不足の解決や、コロナ禍による非対面型の受付業務へのデジタルシフトが求められている社会情勢を踏まえ、スマホを介して管理員の受付業務をスピーディに遂行できるサービス「ODA LAVI」の導入を決定したとのことだ。
出典元:プレスリリース

■サービス概要

「ODA LAVI」は、居住者からの問合せや相談に多言語で応対する、AIを活用したシステム。居住者はスマホ上の専用アプリを介して、24時間365日いつでもどこでも管理に関する問い合わせが可能となる。例えば、「ごみ出しのルールについて確認したい」、「共用部のWi-Fiの利用方法を知りたい」等の日常的な質問や「管理組合の総会議事録を確認したい」、「敷地内駐車場の利用申し込みがしたい」等の要望にも応える。その他にも管理会社への伝言等も受けることができる。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。