Today's PICK UP

飲食店向け予約・顧客台帳サービスの「トレタ」、飲食店向け店内モバイルオーダー「トレタO/X」の提供をスタート

飲食店向け予約/顧客台帳サービス「トレタ」を開発・販売する株式会社トレタは、2021年7月26日より飲食店向け店内モバイルオーダー「トレタO/X」の提供をスタートすると発表した。
トレタO/Xは、飲食店が発行したQRコードを来店客自身のスマホで読み込むことで飲食店のメニューにアクセスでき、注文から会計までスマホひとつで完結する店内モバイルオーダーだ。トレタO/Xの導入により、ホールスタッフ業務の約4割をも占めると言われる注文や会計業務を圧縮でき、飲食店の業務効率化や生産性向上を実現するとともに、デジタルならではの顧客体験を提供し、売上や顧客満足度の向上を図ることができる。

最大の特長のひとつがデザインカスタマイズの自由度の高さだという。トレタO/X独自のシステムアーキテクチャにより、飲食店のこだわりや世界観、料理の特長を存分に表現することが可能だ。来店客は自身のスマホでワクワクしながら料理を選び、ホールスタッフを呼ぶ必要もなく好きなタイミングで注文が可能。トレタO/Xがスムーズかつリッチな顧客体験を提供し、顧客の感動や売上アップにも繋がるという。POS機能や決済機能も標準搭載しており、来店客は手元のスマホで会計が完了する。

加えて、来店客の注文行動や閲覧履歴を解析することで、商品開発やマーケティングにも活用可能だ。データに基づいてデータサイエンティストをはじめとする同社スタッフがメニューのブラッシュアップやオペレーション改善をサポートする。トレタO/Xの導入により、従来は実現が困難だったダイナミック・プライシング(価格の自動変動)の採用も容易だという。トレタO/Xで取得した注文履歴や来店回数などをベースに、曜日や時間帯・気温・店内の混雑度などのデータを加えてアルゴリズムを組み立て、その時々に応じた最適な価格を自動でメニュー上に表示する。ダイナミック・プライシングにより来店需要の平準化を目指し、効率的な人員配置や無駄のない仕入れが実現するとのことだ。

■背景

新型コロナウイルスワクチンの接種が進めば、飲食店への客足が戻り、反動需要が高まると期待される中、外食業界では人材確保や省人化、生産性向上が喫緊の課題だ。これらはコロナ禍以前より大きな課題だったが、コロナ禍で早急に課題解消が求められることとなったという。多くの飲食店が反動需要の高まりに備え、飲食店経営の収益構造のさらなる見直しや、小手先ではない抜本的な飲食店DXの導入に取り組んでいる。しかしながら、飲食店では「おもてなし」が何より重要で、デジタル化は矛盾するという観念が根強く残っており、より良いおもてなしを提供したいという気持ちが、DX化に歯止めをかけている一面も見受けられる。業務効率化を目的としたモバイルオーダーサービスが続々と登場しているものの、飲食店の個性や強いこだわりまでもを表現できるサービスがないため、導入に踏み切れないと言った声も聞かれるという。そこで、業務効率化はもちろんこと、アナログでの接客をも超えるおもてなしも実現する飲食店DXとして、トレタO/Xの開発に至ったとのことだ。

■トレタO/Xの利用手順(来店客側)

①飲食店から提示されたQRコードをスマホで読み取り、デジタルメニューにアクセス
②メニューを選び、オーダーを送信(自動的にキッチンプリンタから調理指示を出力)
③食事終了後、クレジットカード情報を入力し会計(※今後、電子マネーなど対応予定)
④会計後、必要に応じて電子レシートを発行。電子レシートはメールにて送信
出典元:プレスリリース

■トレタO/Xの特長

1)自由度の高いデザインカスタマイズ
トレタO/Xのメニューは、料理一覧ではなく飲食店と来店客を繋ぐメディアだと捉え、画像・音声・動画を用いて、飲食店の世界観や料理へのこだわりを表現力豊かに伝えることができる。従来のセルフオーダーシステムでは実現が難しかった、お店のブランドや個性を活かしたメニューを提供する。

2)豊富なメニュー表示
飲食店によって異なるさまざまなメニューの構造にも対応できるよう、通常メニューのほか、飲み放題、食べ放題やコースなど柔軟に対応。辛さの調整といった味付けや、追加トッピングなどのカスタマイズも表示でき、飲食店と客の双方が手間をかけることなく、好みにカスタマイズした料理の提供が実現する。

3)会計までスマホで完結
注文から会計まで来店客自身のスマホで完結する。来店客は複数のスマホから同時オーダーが可能で、顧客個々のオーダーを識別したきめ細かい注文管理も可能だ。会計もまとめ会計から個別会計まで、煩雑な会計業務も自動で完了する。来店客は自分の好きなタイミングで注文でき、会計の待ち時間からも解放される。オンライン決済、自動決済、クーポン・割引にも対応する。

4)運用・管理の支援
店内モバイルオーダーの成功の鍵は運用だという。丁寧に管理すればするほど、デジタルメニューは使いやすく魅力的に進化するとのことだ。トレタO/Xでは、きめ細かなメニューデータの更新やメンテナンスを同社の専任スタッフが支援する。データを基にした継続的なメニューのブラッシュアップ、仮説検証を通じ、ともに「売れるメニュー」を育てていくとのことだ。

人気記事

大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

今年に入り、突如として注目度の高まった「NFT(非代替性トークン)」というキーワード。アート業界のバズワードとして認識している人も多いかもしれません。ところが実は、NFTはゲーム業界の未来、IP(知財)コンテンツの未来を考える上でも欠かせないキーワードであることをご存知でしょうか。そこで今回お話を伺ったのが、世界No.1を記録したNFTを活用しているブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』(現在の運営はMCH社)を開発したdouble jump.tokyo株式会社の代表取締役 上野 広伸氏です。この新たなテクノロジーは、ゲームの世界にどのような変化をもたらすのでしょうか。そのポテンシャルに迫ります。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

立教大学ビジネススクール 田中道昭教授の熱血講義『世界最先端のデジタルシフト戦略』Vol.1 最速10分で商品が手元に。「ダークコンビニ」に学ぶ、未来のコンビニ像

立教大学ビジネススクール 田中道昭教授の熱血講義『世界最先端のデジタルシフト戦略』Vol.1 最速10分で商品が手元に。「ダークコンビニ」に学ぶ、未来のコンビニ像

コロナ禍で大きな打撃を受けている日本のコンビニ業界。その一方で、アメリカで生まれた「ダークコンビニ」は、コロナ禍において三密回避ができる新しいビジネス業態として注目されています。店舗を持たずに取扱商品を厳選して、オーダーが入れば30分以内という超短時間で商品を届けるサービスが支持を集め、いまでは各国で同業態が生まれているほど。そのターゲットは一般消費者のみならず、B2B業界にも拡大中です。三密回避が求められる時代において、コンビニはどのように変化していくべきなのでしょうか。アメリカの事例も踏まえながら、AIやDXを活用した未来のコンビニの姿について、GAFA等メガテック企業の戦略にも詳しい、立教大学ビジネススクール田中道昭教授に徹底解説いただきました。

リアル店舗の逆襲。日本の小売・流通業界の生存戦略とは

リアル店舗の逆襲。日本の小売・流通業界の生存戦略とは

Amazonをはじめとする、アメリカのデジタルネイティブ企業によって様変わりする小売・流通業界。そんな中、アメリカではウォルマートがDXに注力し、コロナ禍においてもリアル店舗を活かした戦略で成長を遂げています。一方で、日本の小売・流通業界はどのように変化しているのでしょうか。 小売・流通業界にとってDXは、競争戦略ではなく生存戦略——。そんな危機感を滲ませるのは、リテールテック分野におけるDXをリードしてきた一般社団法人 リテールAI研究会の代表理事、田中 雄策氏だ。日本の小売・流通業界が抱える特有の課題とは何なのか。また今後、どのような変革を仕掛けていくのか。そしてリアル店舗は今後、どのように変わっていくのか。同研究会のテクニカルアドバイザーを務める今村 修一郎氏にもご同席いただき、お話を伺いました。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

デジタルシフトの先駆者が語るIX(Industrial Transformation)。DX全盛の今、産業変革に挑むべき理由とは?

デジタルシフトの先駆者が語るIX(Industrial Transformation)。DX全盛の今、産業変革に挑むべき理由とは?

2020年7月、日本企業および日本社会におけるデジタルシフトの重要性と緊急性をいち早く捉え、社名変更によって「まずは自らが変わる」という大きな決断と意思を示したデジタルホールディングス。コロナ禍によりDXという言葉が世の中に浸透し、各企業がこぞって取り組みを進める中、彼らは企業単体のDXだけではなく、産業変革=IX(Industrial Transformation)を起こしていくという新たな構想を打ち出している。IXとは何を意味するのか。IXによって社会はどのように変わっていくのか。本来の意味でのDXが日本で進んでいない要因とIXへの想いについて、グループCEO野内 敦氏にお話を伺いました。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。