クリエイターとユーザーを繋ぎ、作品を見て購入できるプラットフォーム「KURADASHI ~発想の原型~」プロジェクトが発足

クラウドファンディング「うぶごえ」のサービスを提供するうぶごえ株式会社は、2021年10月22日から10月31日に開催される国内最大級のデザイン&アートフェスティバル DESIGNART TOKYOと共に、クリエイターとユーザーを繋ぎクリエイターの貴重な作品に触れて購入できる新たなプラットフォーム「KURADASHI ~発想の原型〜」プロジェクトを発足したと発表した。また、プロジェクト発足に合わせて参加する30名の有名クリエイターとその一部作品を発表した。

うぶごえは、「あなたの初期衝動を、かたちにする。」というステートメントの元、コロナ禍でも新しい挑戦を誰もがはじめやすいように、掲載者の手数料は0円にし、パートナー(購入者)から決済ごとにシステム利用料を取る形のクラウドファンディングを運営している。そのようなうぶごえの想いと、コロナ禍におけるクリエイターの作品発表や表現の場となる機会が制限される中、クリエイターの活躍の場や挑戦する場を提供したいという「DESIGNART TOKYO」の想いが出会い初期衝動となり、クリエイターの貴重な作品を実際に目で見て購入できる、新しいクリエイティブマーケットを今回のプロジェクト立ち上げにより実現したとのことだ。

そして「KURADASHI」では、30名のクリエイターが参加し、クリエイターが試行錯誤して生み出した作品の原型をはじめ、様々な理由で市場に届くことの無かったアトリエや倉庫に眠る秘蔵品の数々を展示販売する。キュレーターはプロダクトデザイナーの倉本仁氏が務め、幅広いネットワークを通じて国内外の若手から著名デザイナーまで、デザインとアート性に優れた独自性の高いクリエイターが多数参加するとのことだ。

「KURADASHI ~発想の原型〜」詳細
展示詳細
イベント名:DESIGNART TOKYO 2021
会期:10月22日(金)〜31日(日)
会場:ワールド北青山ビル(港区北青山3-5-10)
開場時間:10:00〜18:00

クラウドファンディング詳細
・プロジェクト名:「クリエイターとユーザーをつなぐ新たなプラットフォーム「KURADASHI」」
・プロジェクト公開:10月15日(金) 14:00
・販売期間:10月22日(金)12:00〜10月31日(日)23:59
※販売開始時間までは閲覧のみとなる。

プロジェクト参加の30名のクリエイター一覧(五十音順)
秋山亮太、芦沢啓治、安積朋子、Anker Bak、板坂諭/h220430、we+、Victoria Wilmotte、Øivind Slaatto、Gabriel Tan、熊野亘、Claesson Koivisto Rune、倉本仁、GELCHOP、柴田文江、Sho Ota、 鈴木元、Daniel Rybakken、寺山紀彦、DRILL DESIGN、長坂常/スキーマ建築計画、藤城成貴、前田麦、松山祥樹、minä perhonen、元木大輔、柳原照弘、山中一宏、Yusuke Seki、YOY、吉行良平

Article Tags

Special Features

連載特集
See More