Udemyとベネッセ、東京都と連携し都内の中小企業向けにDXを加速させる人材教育プログラムを開始

Udemy, Inc.は、同社の日本における2015年からの事業パートナーである株式会社ベネッセコーポレーション(以下、ベネッセ)と、東京都と連携し、都内中小企業250社向けのデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させる人材教育プログラムを開始したと発表した。

経済の行き先が不透明な昨今、中小企業がDX化を推し進めるためには、必要なスキルの教育を従業員に提供し、あらゆる事態に対応できるように備えることが重要だ。しかしその一方で、ベネッセが東京都内の中小企業を対象に行った調査では、63%がDXを推進するための人材が不足していると回答しているという。そこで今回、東京都と連携し、Udemyとベネッセは、リスキリングに意欲的な、DX推進のコア人材となる中小企業の従業員を支援するため、中小企業の課題把握を踏まえたリスキリング計画の策定からDX講習まで、ワンストップで提供する。Udemyは中小企業が直面する課題や機会について、グローバル規模で精通しており、日本においてはベネッセを通じて、それぞれの企業や従業員一人一人が成功するために必要なスキルや講座・学習方法などの知見をきめ細やかに提供し、中小企業のDX促進を支援する。

本プログラムは以下の3つの柱を中心とし、2022年度末までに東京都内の中小企業250社500名を対象に、「学び続けるDX人材」の育成を目指す。

1.DXスキル診断を踏まえて個別最適化した「学習カリキュラムの作成」
2.実際の現場で活躍する講師を招いた「実践ゼミ」の実施
3.社内外の「学習者同士がつながるコミュニティの形成」による学習継続・意欲維持

本プログラムでは法人向け定額制オンライン学習サービス「Udemy Business(ユーデミー・ビジネス)」を通じて、最新かつ多様なテーマの講座を提供する。なお講座の提供は2022年8月からの予定だという。

Article Tags

Special Features

連載特集
See More