Today's PICK UP

リファラル採用とはどんな採用方法?メリットデメリットを徹底解説

企業の人材不足を補ったり、求める人材を効果的に確保するために注目されている「リファラル採用」。リファラル採用をうまく活用できるよう、ここでは、リファラル採用の概要やメリットデメリット、成功させるポイントを説明します。
少子高齢化の影響によって労働人口が少なくなるといわれる中で、「求人を出してもなかなか人が集まらない」や「人材を雇用してもうまく定着しない」と悩む企業は多いかもしれません。求人方法にもさまざまな手法がありますが、効果的な求人ができなければ必要なマンパワーを維持するのは難しくなるでしょう。

そのような状況の中で、近年、採用コストを抑えつつ企業が求める人材を効率的に確保する方法として「リファラル採用」が注目されています。今回は、リファラル採用の概要や導入するメリットデメリット、リファラル採用をうまく活用する方法を詳しく説明します。

そもそもリファラル採用とは?

リファラル採用を導入して効果的な人材確保をおこなうためにも、まずはリファラル採用とは何かを知っておきましょう。

リファラル採用と似たような概念の「縁故採用」との違いや、リファラル採用が広まっている背景を説明します。

リファラルの意味を知っておこう

そもそも、リファラル(referral)とは、「推薦」や「委託」、「紹介」などの意味を持つ言葉です。つまり、リファラル採用は、他者からの推薦や紹介などで従業員を採用する方法だといえます。

具体例として、企業の経営者や幹部社員から推薦で人材を登用したり、外部の専門家からの紹介で能力の高い人材を引き入れたりすることが挙げられます。ハローワークや求人媒体に求人情報を掲載する方法とは違い、企業内の人物や信頼できる他者からの紹介で従業員を採用する点が特徴です。

縁故採用との違いとは?

リファラル採用と似た採用方法として「縁故採用」があります。縁故採用は血縁者など、企業内の人物と関わりのある人を採用する方法です。その際、応募者にどのような能力があるのか、企業が求める人材として適しているかなどの点を考慮せずに採用してしまうこともあるようです。

リファラル採用でも、企業と関わりのある人物を採用する場合がありますが、応募者の資質に一定の条件を設けていることがほとんどです。たとえば、企業に関連する業種で一定年数以上勤務した経験を持っていることや、特定の資格を有していることなどです。たとえ企業内の人物と関係性が深い人物であっても、企業が求める人材でなければ採用にはつながりません。

リファラル採用が広まっている背景

リファラル採用が広まっている背景として、少子高齢化の影響による労働人口の減少が挙げられます。内閣府によると、生産年齢人口は今後も減少し続けていくと予想されているため、人材不足で悩む企業はさらに増えていくと考えられます。リファラル採用を導入して採用できる人材を増やすことができれば、それだけ人材不足による影響を抑えやすくなるでしょう。

ほかにも、就職後のミスマッチによる早期離職や生産性の低下も、リファラル採用が広まっている背景だと考えられています。せっかく新たな従業員を採用したにも関わらず、うまく職場に定着してもらえなければ、採用コストが無駄になってしまうかもしれません。リファラル採用を導入すれば、信頼できる人からの紹介で人材を確保できるため、長期的に企業で活躍してもらえると期待できます。安定的な雇用を実現するためにも、今後もリファラル採用を導入する企業は増えると考えられます。

リファラル採用を導入するメリットとは?

リファラル採用を導入するメリットとして、次の7つが挙げられます。

・企業が求める人材を確保しやすい
・就職後のミスマッチを防ぎやすくなる
・採用コストを抑えられる
・人材獲得競争を避けられる
・転職市場外の人材を呼び込める
・従業員のエンゲージメントを高めやすい
・従業員に経営的視点を持ってもらえる

以下では、リファラル採用を導入するメリットを詳しく説明します。

企業が求める人材を確保しやすい

リファラル採用を導入すれば、企業が求める人材を確保しやすくなるといわれています。それは、企業の人材確保に関する方針を理解したうえで、信頼できる人物が新たな人材を推薦・紹介してもらえるからです。

採用した人材が即戦力として活躍してくれることも期待できます。採用後してからスムーズに成果を出してもらえれば、企業に大きな利益を残してくれるでしょう。

就職後のミスマッチを防ぎやすくなる

すでに企業で勤務している従業員から紹介して入社するケースもあります。そのような人材は、紹介した従業員と同じような価値観を持っている可能性が高く、企業理念や社風を理解してもらいやすいでしょう。

企業内の従業員とうまく馴染めることも期待できるので、就職後のミスマッチによる早期離職を防ぎやすくなると考えられます。必要に応じて紹介した従業員がサポートしてくれれば、より長く企業で活躍してもらえるでしょう。

採用コストを抑えられる

求人サイトや求人誌、転職エージェントなどの媒体を通さずに人材を確保できるので、採用コストを抑えることにもつながります。企業独自で開催する企業説明会や、求人イベントへの参加費用などのコストも削減できます。

また費用面だけでなく、面接日の調整や面接会場の準備、書類選考にかかる手間や内定通知書の作成・発送などのコストを削減することにもつながります。採用にかかる幅広いコストを削減できれば、予算をほかの部分に割いたり空いた時間をほかの業務に充てたりするが可能になります。

人材獲得競争を避けられる

人材不足が深刻な業種では、企業ごとの人材獲得競争が活発化するかもしれません。なるべく多くの人材を確保するためには、他社よりも魅力的な条件を提示したり、より多くの求人活動をおこなって求職者にアピールしたりする必要があります。しかし、このような採用活動はその分コストがかかります。
リファラル採用を導入すれば、企業が信頼する人物からの紹介や推薦で人材を採用できます。他社との人材獲得競争を避けつつ必要な人材を確保できれば、無理に魅力的な条件を提示したり、膨大なコストをかけて求人情報をアピールする必要がなくなります。

転職市場外の人材を呼び込める

転職市場にいる求職者の数は限られていますが、リファラル採用を導入すれば、転職市場にいない人材を呼び込むこともできます。それは、企業に勤務している従業員が知人などに声をかけて呼び込んでくれるため、転職する意向がない人を採用できる可能性が高まるからです。

また、転職市場外の人材を呼び込めば、転職サイトや転職エージェントでは見つけられないような有能な人材にアプローチすることもできます。アプローチした人物が「すぐに転職するつもりはない」と考えていても、定期的に企業の魅力を伝えることによって将来的に転職を決めてくれるかもしれません。短期的に効果が出ない場合もありますが、長期的な視野で求人を続ければ、企業にとって有益な人材雇用につながるでしょう。

従業員のエンゲージメントを高めやすい

リファラル採用は、従業員のエンゲージメントを高めやすいメリットもあります。それは、従業員自身が主体となって採用活動をおこなうため、企業理念や仕事内容、社風や社会貢献度などの企業の魅力を再認識するきっかけになるからです。

また、知人を紹介・推薦した従業員は「自分が紹介した人材だからしっかりフォローアップしよう」という気持ちを持ちやすくなり、企業側は「従業員が紹介してくれた人材なので大切に育てよう」という意識を持ちやすくなるとも考えられます。労使間の信頼関係が強まることで、さらに従業員のエンゲージメントが高まると期待できます。

従業員に経営的視点を持ってもらえる

与えられた業務に集中してしまいがちな従業員も、リファラル採用により経営的視点を持ってもらえると考えられます。知人に声をかける際に、「企業がどのような人材を求めているのか」や「人材を集めることで何を達成したいのか」を意識することにつながるので、企業の立場に立った行動を起こしやすくなるからです。

企業について広い視野で考えられれば、組織が社会でどのような立場になっているのか、組織人としてどのような人材であれば良いのかを客観視することにつながります。個人としてではなく組織として仕事を考えられれば、企業が求める成果を出してもらいやすくなるでしょう。

リファラル採用を導入するデメリットとは?

リファラル採用を導入することには、メリットだけではなくデメリットもあります。

リファラル採用のデメリットを理解したうえで採用活動をおこなえば、より効果的に人材を確保できるようになるでしょう。以下では、リファラル採用を導入するデメリットを詳しく説明します。

不採用だった場合の気遣いをしなければならない

企業が信頼する人物の紹介で人材を採用するリファラル採用ですが、紹介したからといって必ずしも採用されるわけではありません。不採用だと判断した場合、紹介してくれた人と紹介された人双方に配慮しながら結果を伝えなければ、企業のイメージや人間関係に悪影響を与えてしまうかもしれないので注意が必要です。

たとえ採用が決まっても、紹介した側の従業員が退職してしまうと、紹介された側の従業員のモチベーションが下がることも考えられます。リファラル採用で雇用した従業員をどのようにフォローアップしていくかという点は、事前に考えておきましょう。

制度について理解を広める必要がある

ミスマッチを防ぎやすいとされるリファラル採用ですが、制度について理解を広めておかなければ、企業が思ったような人材を紹介してもらえない可能性もあります。

具体的な採用基準や募集人数、採用後のポジションや業務内容、賃金や休暇などの労働条件を明確にしておくと良いでしょう。採用向けの説明資料を用意するなど、従業員が知人に説明しやすいような工夫をするのも効果的です。

採用する人材が偏る可能性がある

リファラル採用で人材を採用すると、似たような価値観や考え方を持っている人が集まるので、職場への理解や定着を促しやすくなります。しかし、そのような人材が多く集まると、同じような傾向を持った従業員が増えてしまい、派閥の構成やイノベーションを起こしにくくなるので注意が必要です。

業種にもよりますが、新たな発想や特異的な能力が求められる企業ほど、オリジナリティを持った人材が求められるところもあるでしょう。どのような特性を持った人材を集めたいのかを明確にしたうえで、リファラル採用を活用することが大切です。

人材を確保できるまでの時間がかかりやすい

リファラル採用では、転職意向のない人に転職を決断してもらうまでに時間がかかるなど、タイムリーに人材を確保するのが難しいのもデメリットです。定期的にアプローチを続けなければ採用を決断してもらえないケースもあるので、場合によっては年単位で採用を考える必要があります。

うまくいけば企業で即戦力となり、高い成果を出してくれることも期待できますが、なるべく早く人材不足を補いたいのであれば、ほかの求人方法と併用するのがおすすめです。

インセンティブ費用がかかる

ほかの求人方法よりもコストを抑えやすいリファラル採用ですが、企業によっては紹介者にインセンティブを支払うことで費用負担が生じるケースもあります。設定する金額によってはほかの求人方法と同程度のコストがかかる場合もあるので、あらかじめ費用対効果をよく考えて仕組みを導入することが大切です。

また、従業員に支払うインセンティブがあまりにも高額だと、法律に抵触してしまう危険性があります。法律の専門家などに相談したうえで、あらかじめ就業規則や賃金規定に適正なインセンティブを明記しておきましょう。

リファラル採用を成功させるためのポイント

リファラル採用を成功させるためには、次の3つのポイントを意識しておくことが大切です。

・具体的な計画を立案する
・従業員が行動しやすい環境づくりをする
・結果に基づいて計画を見直す

以下では、リファラル採用を成功させるためのポイントを詳しく説明します。

具体的な計画を立てる

さまざまなメリットがあるリファラル採用ですが、具体的な計画を立案していなければうまく人材を確保できません。どのような人材を求めているのか、リファラル採用を導入するために社内システムをどう変更すべきか、どのような方法で社内告知をおこなうかなど、具体的に立案しましょう。

計画が具体的であるほど、企業が理想とする人材を集めやすくなると考えられます。場合によっては法律の専門家と相談しなければならないので、余裕を持って検討することが大切です。

従業員が行動しやすい環境づくりをする

従業員によっては、「人脈が狭いため紹介できるような人はいない」という先入観を持つ人がいるかもしれません。採用されなかったり、採用後の人間関係の悪化を懸念して積極的に人材を紹介してくれなかったりする人もいるでしょう。

リファラル採用をうまく進めるためには、従業員に対して制度の概要を分かりやすく説明するとともに、人事部の採用担当者とうまくコミュニケーションを取れるようにしておくことも大切です。人材を紹介してもらいやすくするため、従業員の懸念を払拭できるような仕組みを設けておきましょう。

結果に基づいて計画を見直す

リファラル採用を導入したら、どのような結果が得られたのかを評価することも大切です。具体的には、導入前と比べて採用者数や定着率がどう変化したのか、どのような取り組みをしたら紹介者が増えたのかを振り返ることが挙げられます。

分析することでリファラル採用の効果的な運用に繋げられます。

まとめ

ここでは、リファラル採用の概要や導入するメリットデメリット、制度をうまく活用するコツなどを説明しました。

新たな制度を導入するには、十分な計画と従業員への周知が求められます。ここで説明した内容を参考にして、リファラル採用をうまく活用して効果的な人材確保ができるようにしておきましょう。

人気記事