Today's PICK UP

CRMツールを導入するメリットとは?具体例や選ぶポイントも紹介

顧客情報管理に関する業務を支援してくれるCRMツール。CRMツールを企業の業務に取り入れて成果を伸ばすためには、ツールに関する知識を深めておくことは大切です。ここでは、CRMツールの概要や導入のメリット、選び方のポイントについて説明します。
企業で日々おこなっている顧客分析や情報共有といった業務は、なるべく効率的に進めたいもの。しかし、新たなシステムを導入して従来の業務に適応させるのは簡単ではありません。代表的な手法としてCRMツールの導入が挙げられますが、「CRMツールがどのような仕組みなのかよく分からない」という人はまだ多いようです。

そこで今回は、CRMツールの概要やMAやSFAとの違い、CRMツールの具体例や適切なCRMツールを選ぶためのポイントなどについて詳しく説明します。

CRMツールについて知っておこう

CRMツールを今後導入しようと考えているのであれば、まずはCRMツールについての理解を深めておくことが大切です。CRMツールと似たようなツールに、「MA」や「SFA」などがありますが、これらとの違いを理解しておくことも、企業に適切なツールを導入するために重要になります。

以下では、CRMツールの概要やMA・SFAとの違いについて詳しく説明します。

CRMツールとは?

そもそもCRMツールとは、主に顧客情報を管理するためのシステムのことをいいます。具体的には、これまで顧客にどのようにアプローチしてきたのかといった履歴や、顧客がほかにどのような商品やサービスを購入したのかといった情報を管理することが挙げられます。

現在のところ、紙媒体の報告書やエクセルといったツールを用いて顧客情報を管理していたところは多いですが、集められた顧客情報が多くなるほど分析や次のアプローチを考えるのが困難になってしまうのが難点です。分析する従業員の力量によっても企業が出せる成果が大きく変わってくるので、一定の品質を保って顧客情報を自動的に管理できるCRMツールを導入する必要性は高まっていくでしょう。

MAツールとの違い

MA(Marketing Automation)ツールは、マーケティング業務を自動化するツールのことをいいます。見込み顧客に対して、企業が提供する商品やサービスに興味を持ってもらえるようなアプローチを効率的におこなう目的が大きいことから、顧客管理業務を効率化させるためのツールであるCRMとは意味合いが異なります。

MAツールの具体例として、ECサイトに一定の頻度以上にアクセスする顧客に絞ってダイレクトメールを送信して、サイトへのアクセスや商品購入を促すことが挙げられます。アプローチする顧客層の条件をあらかじめ設定しておいて、条件を満たしたら自動的に所定のマーケティングをおこなう仕組みがあることから、効果的に売上をアップできるようになると期待されています。

SFAツールとの違い

SFA(Sales Force Automation)ツールは、主に営業スタッフの効率的な営業を支援するツールです。見込み客を顧客に変化させるとともに、最終的に購買行動に結びつけるという目的が強いことから、顧客管理業務を効率化させるCRMとはニュアンスが異なります。

SFAツールを活用すれば、日々の営業活動で得られた成果をデータとして保存・確認することが可能です。営業の結果だけでなく、顧客の反応やクレームの有無といった事実情報を確認できるだけでなく、集められたデータをもとに次の営業手法を考えられるようになるため、より高い営業成績を出せるようになると期待されています。

CRMツールを導入するメリットとは?

「CRMツールに馴染みがない」という人や、「CRMツールを導入することでどのような変化が起こるのか?」と疑問に思っている人は、CRMツールを導入するメリットを知っておくことで、前向きに導入を検討できるようになるでしょう。

CRMツールを導入するメリットとして、以下の4つが挙げられます。

業務を効率化できる
顧客分析が容易になる
過去の事例を共有しやすくなる
他部署と情報共有しやすくなる

これらのメリットをより明確にイメージできるよう、以下で掘り下げて説明します。

業務を効率化できる

CRMツールは顧客情報を管理するだけだと思われがちですが、ほかにも、顧客との商談予定を自動調整したり、顧客とのかかわりの中で得られた新たな情報をもとに分析する機能も持っています。

これらの業務だけでもある程度の時間がかかりますが、CRMツールで自動化させれば、日々の業務負担を大幅に軽減させることができるでしょう。ほかの業務に注力できる時間を確保できれば、企業が出せる成果をさらに伸ばせるようになると期待できます。

顧客分析が容易になる

CRMツールを活用して膨大な顧客データを分析すれば、顧客全体の傾向を的確に把握することが可能です。顧客1人ずつの傾向を把握するよりも全体に対してマーケティング戦略を立てられるので、企業の成果を高められるマーケティングが可能になるでしょう。

また、顧客の属性や購買履歴、収益性といった複数のデータを蓄積し、それらを組み合わせて分析すれば、より顧客のニーズに沿った戦略を立案できるようになります。顧客のニーズを汲み取った事業運営ができれば、顧客満足度を高めて商品やサービスのファンを増やすことにもつなげられるでしょう。

過去の事例を共有しやすくなる

CRMツールを利用すれば、過去に起こったトラブルを従業員全体で共有し、再発防止に努めながら事業運営できるようになると期待されています。

万が一アクシデントが発生した場合でも、「過去に同じようなトラブルが生じていないか」や「どのように問題を解消したのか」といった情報を手軽に引き出すことが可能です。社内だけでなく、外出先でも参照できるようにしておけば、被害が拡大しないうちに素早く対処できるようになるでしょう。

他部署と情報共有しやすくなる

「顧客情報を共有するのであれば、メールやチャットツールで十分なのでは?」と思う人もいるかもしれません。しかし、CRMツールを利用すれは、顧客に関わった従業員それぞれが持つ情報を1つの場所に集約させることが可能です。

顧客情報の管理は営業部門が担当することが多いですが、他部署と連携する際にCRMツールを活用して情報共有を図れば、スムーズにプロジェクトを進めることにつながります。また、異動や退職などの引継ぎや、担当者が不在時のトラブル対処といったことに活用すれば、より効率的にプロジェクトを進められるようになるでしょう。

CRMツールの具体例を紹介

CRMツールが現場でどのように活用できるかをイメージするためには、実際にさまざまな企業で導入されているCRMツールについて知っておくことが大切です。代表的なCRMツールとして、以下の5つが挙げられます。

・Sales Cloud
・Zoho CRM
・ちきゅう
・eセールスマネージャー
・FullFree

これらがどのような特徴を持ったツールなのかを知っておけば、今後導入すべきCRMツールを考えやすくなるでしょう。以下では、CRMツールの具体例について詳しく説明します。

Sales Cloud

Sales Cloudは、Salesforceが提供するCRMツールです。クラウド上に顧客データを保管することで場所を選ばずに顧客データを管理できるので、限られた営業活動の時間を効率的につかうことが可能です。

Sales Cloudの特に優れているところが、「Einstein」というAIを搭載しているところです。これまでの営業活動の状況や蓄積されたデータをもとに、顧客データを自動的に学習・分析し、最適化してくれるので、成約しやすい案件をピックアップしたり、顧客に合わせた最適な提案を考えてもらえます。

データの抽出や分析といった業務負担が軽減されることから、本来の営業活動により専念できるため、より営業成果を高められるでしょう。

Zoho CRM

Zoho CRMは、初期費用が無料と低コストで導入できるCRMツールです。スプレッドシートやほかのCRMツールなどからのデータ移行も簡単にできるので、導入ハードルが低いのも魅力となっています。

また、顧客の氏名や住所、連絡先といった基本的な情報から、商談履歴や顧客とのやりとり、提案書の内容まで一元管理できるのも良いところです。膨大なデータが常に整理された状態で管理されるため、データを検索するための手間を抑えられます。

カスタマイズ性も優れているため、各商品ごとに必要となるタブの項目をドラッグ&ドロップでかんたんに追加・編集することが可能です。企業の運営方針にあわせて柔軟にページレイアウトをカスタマイズできるので、CRMツールを企業の業務にスムーズに適応させられるでしょう。

ちきゅう

ちきゅうは、定着率が99%と使いやすさが優れたCRMツールです。直感的に「設定」、「入力」、「分析」をすることができるため、CRMツールに馴染みのない人でもスムーズにツールを活用できるようになるでしょう。

また、月額利用料が1480円からと、大手SFAのおよそ1/3のコストで導入できるのも魅力です。商談や顧客の管理はもちろんのこと、その他の機能も充実しているため、きっと企業の業績アップにつなげられるでしょう。

eセールスマネージャー

eセールスマネージャーは、5,000社を超える豊富な導入実績を持つCRMツールです。大手企業から中小企業までさまざまな業種の企業が導入していることから、どの企業でも対応できるノウハウを持っているのが特徴です。

また、現場の営業工数を最小限に抑えられるような、簡単に入力できる仕組みになっているのも魅力です。活動報告を一度入力すれば、すべてのツールに自動反映されることから、リモートでもタイムリーに状況を把握できるでしょう。

FullFree

FullFreeは、ダウンロードが無料で使用期限も無期限となっているCRMツールです。費用をかけずに顧客管理システムを独自でカスタマイズできるので、「CRMツールの導入にかけられる予算が限られている」という企業にうってつけです。

ツール自体はデスクトップアプリとなっていますが、クラウドにも対応しているため場所を選ばずに顧客情報にアクセスできるのも魅力です。複数の従業員で同時に顧客情報を編集することもできるので、効率的に業務を進められるようになるでしょう。電話を取る前に顧客情報を表示させる機能も設けられているので、顧客情報を見ながらきめ細かい対応をすることも可能です。

適切なCRMツールを選ぶためのポイントとは?

適切なCRMツールを選ぶためのポイントとして、以下の6つが挙げられます。

導入目的をはっきりさせておく
使いやすいツールを選ぶ
予算と価格を比較する
サービスの拡張性に注目する
セキュリティシステムがしっかりしたものを選ぶ
サポート体制をチェックする

これらのポイントを意識してCRMツールを選べば、効率的な顧客管理をしながらプロジェクトを進められるようになるでしょう。ここからは、適切なCRMツールを選ぶためのポイントについて詳しく説明します。

導入目的をはっきりさせておく

CRMツールの導入を検討しているのであれば、まずはCRMツールをどのような目的で導入するのかをはっきりさせておくことが大切です。目的が不明確になっていると、CRMツールを導入したものの活用する機会を持てず、導入費用や手間が無駄になってしまいかねません。

CRMツールを運用する担当者と相談しながら、CRMツールをどの場面で利用したいのかをはっきりさせておくと、導入すべきCRMツールを決めやすくなるでしょう。

使いやすいツールを選ぶ

CRMツールにもさまざまな種類がありますが、機能の充実度だけでCRMツールを選んでしまうと、うまくつかいこなせずにかえって業務負担が増える可能性もあるので注意が必要です。

CRMツールによっては無料体験期間を設けている場合があるので、積極的に利用してどのツールが企業にうまく適用するかを判断できるようにしておきましょう。

予算と価格を比較する

CRMツールによっては、無料で利用できる機能だけである程度の業務をカバーできる場合もあるでしょう。しかし、場合によってはほかの機能を利用するためにオプション料金を支払わなければならなかったり、より費用の高いCRMツールの導入を検討しなければならなかったりするかもしれません。

CRMツールの料金設定はさまざまで、ユーザー1人あたりで費用がかかるタイプや、利用する機能の種類によってオプション料金を追加するタイプなどがあります。予算に応じてコストパフォーマンスの優れたCRMツールを選べるようにしておきましょう。

サービスの拡張性に注目する

CRMツールは顧客情報管理にかかる業務を効率化させるためのツールですが、それだけでは十分に売上を伸ばせないかもしれません。

営業活動を支援するSFAツールが同時に利用できるものや、カレンダーやメール、在庫管理といった情報と連携させられる拡張性の優れたCRMツールを選べば、より効果的に事業成果を伸ばせるようになると期待できます。ただし、優れた機能を持ったCRMツールを選ぶほどコストが高くなりやすいので、予算と照らし合わせながら適切なCRMツールを選ぶことが大切です。

サービスの拡張性に注目する

CRMツールは顧客情報管理にかかる業務を効率化させるためのツールですが、それだけでは十分に売上を伸ばせないかもしれません。

営業活動を支援するSFAツールが同時に利用できるものや、カレンダーやメール、在庫管理といった情報と連携させられる拡張性の優れたCRMツールを選べば、より効果的に事業成果を伸ばせるようになると期待できます。ただし、優れた機能を持ったCRMツールを選ぶほどコストが高くなりやすいので、予算と照らし合わせながら適切なCRMツールを選ぶことが大切です。

セキュリティシステムがしっかりしたものを選ぶ

CRMツールによっては、顧客情報をクラウド上で保存・編集することから、大切な顧客情報が外部に流出してしまうリスクが生じます。

顧客情報が流出してしまうと、企業の信用を著しく傷つけてしまいかねないので、セキュリティシステムがしっかりしたCRMツールを選びましょう。

サポート体制をチェックする

CRMツールをうまく活用するためには、CRMツールに精通した従業員がいることが不可欠です。しかし、すべての企業にCRMツールに詳しい人材がいるわけではありません。

CRMツールによっては、企業の業務にうまく定着するまでしっかりサポートしてくれるものもあります。「導入してみたけれどうまく機能しなかった」という事態を避けるためにも、なるべくサポート体制の充実したCRMツールを選ぶようにしておきましょう。

まとめ

ここでは、CRMツールがどのようなものなのか、MAツールやSFAツールとの違い、実際に企業で導入されているCRMツールの例やCRMツールを選ぶポイントなどについて説明しました。

CRMツールをうまく活用して成果を伸ばすためには、導入後の見通しを持って計画的にツールを導入することが大切です。ここで説明した内容を参考にして、企業にあったCRMツールを考えられるようにしておきましょう。

人気記事

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタル時代においても求められる「お客さま第一義」とは何か

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタル時代においても求められる「お客さま第一義」とは何か

2021年6月23日開催のアコム株式会社の株主総会および総会終了後の取締役会において、木下政孝氏が新社長に就任しました。1993年に業界で初めて自動契約機「むじんくん」を導入し、2016年に「イノベーション企画室」を設立するなど、金融業界でも積極的に新しい取り組みやデジタルシフトを推進してきたアコム。新社長である木下氏は今どんな想いで会社のトップに立つのか。激動のコロナ禍を経た上で見えた、デジタルでは担えない、人の役割とは何なのか。立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

なぜ日本企業のDXはうまくいかないのか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO 石角友愛氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授が、要因を徹底解説

なぜ日本企業のDXはうまくいかないのか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO 石角友愛氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授が、要因を徹底解説

緊急事態宣言の度重なる延長、オリンピック開催是非の議論と、依然混沌とした状況が続く日本とは裏腹に、シリコンバレーではワクチンの複数回摂取が進み、市民がマスクなしで屋外を出歩く風景が見られ始めているそうです。コロナ禍と呼ばれる約1年半の間、アメリカのメガテック企業、ベンチャー企業はどのような進化を遂げたのか。DXを迫られる日本企業は何を学ぶべきなのか。『いまこそ知りたいDX戦略』、『“経験ゼロ”から始めるAI時代の新キャリアデザイン』の著者であり、パロアルトインサイトCEO、AIビジネスデザイナーの石角友愛さんをゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

「銀行は将来、もはや銀行である必要がない」デジタル時代の金融に求められるものとは。SMBCグループ谷崎CDIO×東大・松尾教授×デジタルホールディングス 鉢嶺

「銀行は将来、もはや銀行である必要がない」デジタル時代の金融に求められるものとは。SMBCグループ谷崎CDIO×東大・松尾教授×デジタルホールディングス 鉢嶺

コロナ禍を経て、全世界のあらゆる産業においてその必要性がますます高まっているDX。DXとは、単なるITツールの活用ではなく、ビジネスそのものを変革することであり、産業構造をも変えていくほどの力と可能性があります。そして、全ての日本企業が、環境の変化を的確に捉え、業界の枠を超え、積極的に自らを変革していく必要があります。 今回は、AIの第一人者であり東京大学大学院教授である松尾 豊氏にご協力いただき、デジタルホールディングス代表取締役会長 鉢嶺 登氏と共に、金融業界大手の中でいち早くデジタル化に着手した三井住友フィナンシャルグループ(以下、SMBCグループ)の谷崎 勝教CDIO(Chief Digital Innovation Officer)にお話を伺います。DXの必要性を社内でどう伝え、どのように人材育成を進めてきたのか、また金融・銀行業界はDXによってどう変わっていくのか。デジタルならではのメリットとは。SMBCグループの取り組みに迫ります。

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタルネイティブ企業が金融業に参入し、キャッシュレス化が加速するなか、アコムが描く未来戦略とは

アコム新社長 木下政孝氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談。デジタルネイティブ企業が金融業に参入し、キャッシュレス化が加速するなか、アコムが描く未来戦略とは

2021年6月23日開催のアコム株式会社の株主総会および総会終了後の取締役会において、木下政孝氏が新社長に就任しました。1993年に業界で初めて自動契約機「むじんくん」を導入し、2016年に「イノベーション企画室」を設立するなど、金融業界でも積極的に新しい取り組みやデジタルシフトを推進してきたアコム。新社長である木下氏は今どんな想いで会社のトップに立つのか。激動のコロナ禍を経た上で見えた、デジタルでは担えない、人の役割とは何なのか。立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

TVer 取締役とテレ東名物Pが語る、テレビと配信の未来【前編】 YouTubeもNetflixも、テレビの敵ではない?

TVer 取締役とテレ東名物Pが語る、テレビと配信の未来【前編】 YouTubeもNetflixも、テレビの敵ではない?

テレビが「お茶の間の王様」とされていたのも今は昔。2021年5月にNHK放送文化研究所が発表した「10代、20代の半数がほぼテレビを見ない」という調査結果は大きな話題を呼びました。そんなテレビの今を「中の人」たちはどのように受け止めているのでしょうか。そこでお話を伺うのが、民放公式テレビポータル「TVer」の取締役事業本部長である蜷川 新治郎氏とテレビ東京のクリエイティブプロデューサーを務める伊藤 隆行氏。前編では、コネクテッドTVの登場によって起きた変化や、YouTubeやNetflixといった競合コンテンツとの向き合い方についてお届けします。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Walmart、Amazon、Peloton。コロナ禍で米メガテック企業に起きた変化から日本企業は何を学ぶべきか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO石角友愛氏、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が徹底議論

Walmart、Amazon、Peloton。コロナ禍で米メガテック企業に起きた変化から日本企業は何を学ぶべきか。シリコンバレーで活躍するパロアルトインサイトCEO石角友愛氏、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が徹底議論

緊急事態宣言の度重なる延長、オリンピック開催是非の議論と、依然混沌とした状況が続く日本とは裏腹に、シリコンバレーではワクチンの複数回摂取が進み、市民がマスクなしで屋外を出歩く風景が見られ始めているそうです。コロナ禍と呼ばれる約1年半の間、アメリカのメガテック企業、ベンチャー企業はどのような進化を遂げたのか。DXを迫られる日本企業は何を学ぶべきなのか。『いまこそ知りたいDX戦略』、『“経験ゼロ”から始める AI時代の新キャリアデザイン』の著者であり、パロアルトインサイトCEO、AIビジネスデザイナーの石角友愛さんをゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。