Today's PICK UP

三菱UFJモルガン・スタンレー証券、営業活動のDXを加速する新CRMシステムを導入

三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社は、株式会社日立製作所(以下、日立)の協力の下、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進の一環で、顧客へのサービス向上を支援する新しいCRMシステムとして「アドバイザリーポータルシステム」を導入したと発表した。
三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、世界的に実績のあるセールスフォース・ドットコムの金融機関向けクラウドサービス「Salesforce Financial Services Cloud」(以下、FSC)を国内の証券会社として初めてCRMシステムに採用した。FSCには、預り資産残高、他社資産残高、運用目標・実績に加え、顧客本人のみならず、家族全体の資産状況を反映することができる。これにより進学や不動産購入などのライフイベントを考慮した、顧客の中長期ライフプランに沿った運用アドバイスをサポートする。

導入にあたっては、システム構築パートナーの日立が約50の関連システムと連携するCRMシステムを更改しFSCと融合させたことにより、システムの開発工程を大幅に圧縮し、短期間での構築を実現。「アドバイザリーポータルシステム」はスムーズなマルチチャネル対応や他システム連携を可能とし、顧客ニーズの変化にも柔軟に対応できる拡張性を有しているという。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、今後も営業活動の分析機能やAI連携などデジタル技術活用による顧客サービス強化を図り、多様なニーズに対応したアドバイザリー型ビジネスの強化に取り組む。また、日立は、Lumadaを中心に、顧客のDXを加速するソリューションの拡充・強化を継続的に実施し、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の新たなイノベーションの創出に向けた取り組みを支援するとのことだ。

人気記事