Today's PICK UP

IoTの仕組みとは?構成要素や活用事例、課題をわかりやすく解説

「モノのインターネット」と訳されるIoTですが、どんな仕組みで実現しているのでしょうか? また、IoTに取り組みたい企業は何からはじめ、何を準備したら良いのでしょうか? 製品や部品に通信機能を持たせることで生まれる新しいサービスを解説しつつ、IoTの仕組みを取り上げます。
「モノのインターネット」と訳されるIoTですが、どんな仕組みで実現しているのでしょうか? また、IoTに取り組みたい企業は何からはじめ、何を準備したら良いのでしょうか? 製品や部品に通信機能を持たせることで生まれる新しいサービスを解説しつつ、IoTの仕組みを取り上げます。

そもそもIoTとは?

IoTは「Internet of Things」の略で、「モノのインターネット」と訳されています。あらゆるモノにセンサーや通信機能を搭載することで、インターネットへの接続やモノ同士の通信を可能にする概念です。たとえば、エアコンをIoT化すれば、帰宅時間にあわせて外出先からエアコンを操作し、部屋を暖めておくこともできるようになります。また、留守中のペットを見守る家電もIoTのひとつです。単に遠隔操作するだけではなく、さまざまな可能性を秘めたテクノロジーとして注目されています。

IoTの仕組み 基本となる構成要素と通信

では、具体的にIoTとは、どんな原理のシステムなのでしょうか? IoTの基本的な構成要素や通信の仕組みについて解説します。

IoTの構成要素はクラウドサーバ、ゲートウェイ、デバイスの3つ

IoTを実現するためには、インターネットに接続するモノである「IoTデバイス」と、IoTデバイスから送信されるデータを処理するための「IoTサーバー」、そしてIoTデバイスとIoTサーバーを中継する「IoTゲートウェイ」が必要になります。IoTゲートウェイについては必ずしも必要ではなく、IoTデバイスとIoTサーバーを直接接続するケースも見られます。ただ、多くのIoTデバイスを管理するような構成を構築するのなら、デバイスの管理が煩雑になります。そのためIoTデバイスとIoTサーバーの間にIoTゲートウェイを挟むことによってデータをいったん蓄積し、まとめてIoTサーバーと通信することによってネットワークを効率的に利用することができるというメリットがあります。

通信、ネットワークの仕組み ゲートウェイはサーバとデバイスの仲介役

ゲートウェイは、本来、コンピュータを介したネットワークにおいて、通信プロトコルが異なるネットワーク同士がデータのやり取りを行う場合、中継点の役割を担うルーターのような機能を担当する機器やソフトウェアのことを指します。デバイス同士がデータをやり取りするのではなく、ゲートウェイを使って、通信プロトコルを変換することによって、円滑な通信が実現できるというわけです。

したがって、IoTで使用されるIoTゲートウェイでも、デバイスとインターネットを介したデータのやり取りをする際に、中継を担うことになります。とくにIoTでは大量のデバイスを繋がれば繋がるほど、利便性が高まっていきます。必然的にデバイス(端末)が検知するデータも膨大で、しかも多様なものになっていきます。そのようなデータをIoTゲートウェイで一度、処理を行ってから、サーバ側に送信することによって、インターネット(通信)の負荷を軽減することができるというメリットがあります。

NB-IoT(Narrow Band-IoT)とは

IoT向けの通信規格にNB-IoT(Narrow Band-IoT)というものがあります。「Narrow Band」とは「狭い周波数帯」を意味する言葉です。スマートフォンなどで利用されているLTEが5MHz〜20MHzという幅の広い周波数帯を一度に使っているのに対して、NB-IoTでは180kHzという非常に狭い帯域を使用します。また、通信速度は下りが最大27kbpsで上りが最大63kbpsと非常に低速な通信規格となっています。

通信速度が遅いという特徴から、無線通信によるファームウェアの更新ができず、モビリティの通信には向かず、スマートメーターや防犯機器などの警報装置、災害時の異常検知といった固定して使用するような用途が想定されています。通信速度が遅い反面、消費電力が極めて低い、安価に製造可能などIoTに適した通信規格として知られています。

IoTの普及が加速する仕組み

IoTは近年、急速に普及が進んでいます。どのような背景があるのでしょうか? 解説します。

スマホやタブレットの普及

電車に乗ると、乗客のほとんどはスマホ画面をのぞいています。肌身離さず持ち歩くデバイスになっているわけです。また、処理能力も飛躍的にあがり、高性能なパソコン並みの性能を持っています。そのため、スマホで操作できるIoTのニーズが高まり、技術や対応する製品も増えたという背景があります。

IoT機器や部品のサイズダウン

センサーや通信チップの小型化、軽量化は目覚ましく、IoT化するためにこれらを取り付けても、サイズアップしたり、重量が大きく増すことはありません。しかも性能も向上しており、センサーの精度、センサーの種類の多様化、通信速度の大幅UPも進んでいます。サイズダウンにしたことによって、腕時計のような小型の機器にも搭載することができるようになり、スマートウォッチやスマートグラスのようなウェアラブル機器も登場しています。

IoT機器の導入コスト低下

センサーや通信チップも需要が広がることで、製造コストが下がり、以前と比べると高性能なものが安価に調達できるようになっています。IoTでは、これらの部品が必須で必要になりますが、コストが下がったことで、多くの企業がIoTに参入できるようになりました。たくさんのプレイヤーが参加したことで、IoT対応の製品の幅も広がり、消費者にとっても選択肢が広がっています。

IoT技術の仕組みを応用した活用事例

私たちがIoT技術の普及を実感しやすい分野として、IoT家電やスマートハウスが挙げられます。近年、IoTを搭載した家電や建具、あるいはホームセキュリティに活用したスマートハウスに参入する企業が増えています。ここからはIoTの具体的な用途や仕組みを解説していきます。

エアコンや照明などの家電の操作は可視化、通知、制御が鍵

IoTに対応した代表的な家電として、エアコンや照明器具、洗濯機などが挙げられますが、こうしたIoT家電はどんな仕組みで動作しているのでしょうか? 簡単に説明しましょう。

従来までの家電製品は年々、多機能化・高性能化されてきましたが、量産品のため、一人ひとりのユーザーの使い方にあわせたカスタマイズは困難でした。AIなどを搭載することによって使い方を学習することはできても、家電本体に備わった機能のなかでしか、対応することができませんでした。IoT家電になると、各種センサーでデータを集め、それをクラウドで蓄積することによって、利用状況にあわせた、よりきめ細かい機能・サービスの提供が可能になります。

IoT家電の操作は主にスマートフォンなどのデバイスを通じて行われますが、キーワードは「可視化」です。ユーザーはデバイスを使って、「可視化」されたIoT家電の状態を確認することで、希望する操作のリクエストを行います。また、ユーザーは常に自らIoT家電の状態を確認する必要はなく、システムがあらかじめ設定した状態を検知すると、デバイスに「通知」こともできます。そんな「可視化」された情報や検知された「通知」をきっかけにユーザーはデバイスを通じて、動作を変化させるための「制御」を行うことになります。たとえば、スマートフォンで出先から自宅のエアコンを通じて、室温を確認するなら、それが「可視化」で、洗濯物が濡れないように雨が降りはじめたことを知りたいなら、室外機に湿度センサーを取り付け、プッシュ通知でデバイスに情報が届くような仕組みを構築することになります。さらに帰宅前に自動的にエアコンを操作して室温を調整するなら、デバイスのGPSとエアコンを連動させて「制御」することになります。つまり、IoT家電では「可視化」「通知」「制御」の3つを連動させることが鍵になることがわかります。

車の自動運転の仕組みはセンサーとAIが鍵

IoTのもうひとつの身近な活用事例が自動車への搭載が進められている自動運転です。自動運転はドライバーと車が担う運転動作の比率や、テクノロジーの到達度、走行可能なエリアの限定度合いなどによって、レベル0からレベル5までの6段階に分類されています。レベル0〜2は運転の主体が人間で、あくまで自動運転の技術は運転の補助や支援にとどまります。レベル3からは運転の主体が人間からシステム側に変わり、ここからが実質的な「自動運転」になります。

ドイツのアウディが2017年にレベル3の技術を搭載した新車を開発しましたが、各国の法整備が整っていなかったため、レベル2に相当する運転支援技術を実装することで販売したという経緯があります。その後、日本で自動車の交通ルールを規定した「道路運送車両法」や「道路交通法」が改正され、自動運転レベル3の車両が公道を走行することが可能になり、ホンダが世界初となる自動運転レベル3の新車の販売を開始すると発表しています。

そんな自動車の自動運転では車両にセンサーを搭載し、位置情報や走行状況といった各種データを取得します。そのデータはクラウドに集約され、AIが分析を担当。分析した結果を車にフィードバックすることで、データに応じた安全な運転を可能にするといった仕組みになっています。

IoT自販機の開発や普及も進んでいる

自動販売機をIoT化したIoT自販機の開発も進められています。これまでの自動販売機ではどのドリンクがどれくらい売れているのかといった販売データは、ドリンクを補充するタイミングでしか、得ることができませんでした。通信機能が搭載されておらず、1週間に一度の頻度で補充していた自動販売機だったとしたら、1週間分の販売データは現場で補充を行うときに得ていたことになります。これがIoT自販機になると1日ごとに販売状況が把握できます。自動販売機ごとの人気度がわかり、補充するタイミングも迅速に行うことが可能になると言います。

また新商品の補充ではトラックに積むことができる本数に限りがあるため、以前まではスタッフの経験や勘に頼っていました。それが、どのドリンクを何本補充すれば良いのか正確に把握しやすくなり、補充作業も効率化されます。一人のスタッフが1日で補充できる自動販売機の台数も、従来の1.5倍程度に増やすことが可能だという指摘もあります。

IoTを導入したヘルスケア機器も増えている

ヘルスケア機器も、近年注目されているIoT製品です。消費者の健康に対する意識は高く、センサーや通信チップを搭載したIoTとの相性も良いと言えます。たとえば日常的に身につけるスマートウォッチには、心拍数や活動量、血圧など生体情報を計測できるセンサーも内蔵されており、毎日データを収集することで体調の変化を把握することが可能です。その情報をクラウドを使ってかかりつけ医と共有することで診断に役立てることもできます。そのほかIoTを搭載した歯ブラシや、ペット用のヘルスケア機器も登場しています。

IoTを活用したスマート工場も増えている

これまではネットワーク化と無縁だったような工場の生産ラインなどでも、IoTの活用がはじまっています。機械ひとつひとつに通信チップやセンサーを取り付け、メンテナンスの時期を把握したり、細かい生産調整も容易になります。遠隔地からの操作や制御、計測ができるため、工員の安全を確保する意味でも重要です。こうした省人化や製造の効率化を目指してIoTを導入する工場は、スマート工場やスマートファクトリーと呼ばれ、世界中で採用が広がっています。なお日本では、2015年に総務省と経済産業省が協力し、IoT技術の活用促進のための「IoT推進コンソーシアム」も立ち上げています。

IoTに欠かせない2つの主要サービスの仕組みと特徴

IoTはあらゆるモノをインターネットに接続することによって、データを集め、それを活用するというテクノロジーです。したがって接続するデバイスが増えるほど、得られる効果も大きくなりますが、データやデバイスが膨大になれば、一企業ですべてのシステムを構築するのは困難になります。そこでIoTの実現に欠かせないソリューションが登場しています。ここでは代表的なソリューションである「AWS IoT」と「Azure IoT Hub」について解説します。

AWS IoTでデバイスの開発と統合ができる

AWS IoTはAmazon社のAWSで提供されているクラウドサービスです。自前では構築するのが難しいデバイスとの同期やセキュリティにまつわるシステムをAWSを利用することで、より手軽に導入できます。また、AWS IoTを使用することで、AWS Lambda(データ活用)やAmazon Kinesis (データ収集)、Amazon Redshift (データ蓄積・分析)といったAWSの各種サービスとも簡単に連携することができる点も大きなメリットです。これらと連携することで膨大なデバイスやメッセージのサポートができるようになり、デバイスから届くデータの集積や処理、あるいは分析までを行えるようになります。

またIoTでは、多くのデバイスが必ずしも常に接続されているとは限りませんが、それを管理するシステムを構築するのが課題でした。その点、AWS IoTにはThing Shadowという機能があり、IoTのデバイスがオフラインだったとしてもステートを保持することで、再接続されたときに未送信のデータがデバイスに送られるという仕組みになっています。そのほか、AWS IoT Device SDKが用意されており、デバイスの開発が容易な点も大きな特徴です。

Azure IoT Hubは双方向通信におけるハブの役割

Azure IoTはマイクロソフト社が提供しているクラウド型のIoT管理サービスです。このサービスを導入すれば、自社でIoTのシステムを構築する手間が省け、利用しているすべてのIoTデバイスと接続して、監視や制御を行うことができるようになります。Azure IoTの特徴として、マイクロソフト社が培ってきたセキュリティ対策を活用できる点にあります。脆弱性を少なくするシステムソリューションが用意されており、デバイスのセキュリティ強化や悪意ある攻撃の排除を行うことができます。また、独立しているシステムを1カ所にまとめて、データの管理や分析ができる点も特徴です。加えて、ソフトウェア開発キットの「Azure IoT Hub SDK」を使えば、デバイスを管理するアプリケーションを自社で開発することもできます。

Azure IoTにはいくつかのサービスがあり、組み合わせて活用することで独自のデータモデルを作ったり、セキュリティを高めることが可能になりますが、「Azure IoT Hub」もそのひとつです。これは各デバイスとクラウドネットワークを双方向でつなぎ、接続から監視、さらにプロビジョニング(必要に応じてネットワークなどのリソースを提供できるよう準備しておくこと)までを行うサービスです。デバイスとアプリの双方向通信におけるハブとして機能し、データ通信が強化されたチャンネルによって守られており、障害や接続状況を随時管理することができます。

IoTを普及させる際の課題

IoTの世界でも、機器がインターネットというオープンな世界と、つながるため、セキュリティへの対策が今後の鍵になっていきます。工場内や機器同士の通信なら、クローズドで安全性も高かったのですが、プロトコルも標準的なプロトコルを使うようになったため、利便性と安全性を天秤にかけながら、高度なセキュリティを確保する仕組みづくりが求められます。

IoTの仕組みを知ったうえでビジネスに応用しよう

IoTは多くのデバイスを扱うため、通信環境やセキュリティの強化、あるいはシステムの構築など、カバーすべき領域が広くなりますが、仕組み自体はシンプルだと言えます。また、AWS IoTやAzure IoTといったクラウドサービスを活用することもできます。使い方次第でさまざまなサービスに応用することもできるため、参入するハードルが低くなっていると言えるでしょう。概要を把握しながら、導入を検討してみてはいかがでしょうか?

人気記事

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織開発・D&I推進等と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、これからの時代のキャリアと学びについて意見を交わしました。 前半は秋田氏のこれまでの経歴、アメリカのビジネススクールでのエピソード、みずほに入社を決めた理由などをうかがいます。

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

イメージする香りはあるけれど、その通りの香水をなかなか見つけられない。「甘口」「辛口」だけでは、自分好みの日本酒を選べない。セントマティック社が開発する「KAORIUM(カオリウム)」は、香りや風味を言語化することで、そんな悩みを解消してくれる最先端のAIシステムです。今回お話を伺ったのは、同社の代表取締役である栗栖俊治氏。なぜ香りの分野に注目したのか。ビジネスとしての香り市場の秘めたるポテンシャルとは。KAORIUMの活用で広がる可能性とは何か。世界も注目するその取り組みに迫ります。

創業3ヶ月で22億円超を調達。Relux創業者が背水の陣で挑む、海外旅行DX

創業3ヶ月で22億円超を調達。Relux創業者が背水の陣で挑む、海外旅行DX

コロナ禍で我々の生活は大きく変わりました。人とのコミュニケーション、働き方やライフスタイル、人生の価値観。これまで当たり前のように可能であった旅行もまた、さまざまな制限のなかで行われ、今後もこうした生活スタイルがしばらく続くことが予想されます。 そんななか、旅行・観光業界の多くの課題をデジタルの力を活用して解決し、これまでのスタイルを根底から変えていく「あたらしい旅行代理店」が誕生しました。その名も「令和トラベル」。そして創業したのは、宿泊予約サービス「Relux」を創業した篠塚 孝哉氏。この会社、創業3ヶ月でありながら22億円超を調達し、話題を集めています。なぜ今、海外旅行事業で起業するのか、目指していく「海外旅行業界のDX」とは何か、「あたらしい旅行代理店」が誕生することで生活者の旅行体験はどう変わるのか、篠塚氏にお話を伺いました。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

プロンプトエンジニアという言葉をご存知でしょうか。英語圏では2021年頃から盛り上がりを見せている職種の一つで、中国でも2022年の夏頃からプロンプトエンジニアの講座が人気を呼んでいます。今回は、プロンプトエンジニアとは何か、どうトレーニングすればよいのかについて、日本国内でプロンプトエンジニアの採用と教育を実施している株式会社デジタルレシピ 代表取締役の伊藤 新之介氏に解説していただきました。

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、企業に求められるダイバーシティとエクイティ、ジェンダー問題について意見を交わしました。 後編は秋田氏がグループCPOとして手がけてきた施策、みずほフィナンシャルグループが考えるダイバーシティとエクイティ、これからの企業と従業員の関係性についてお話をうかがいます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

2022年3月に東芝の代表執行役社長 CEOに就任した島田太郎氏。デジタル分野のトップを務めた島田氏は、「東芝でデジタルが分かる初めての社長」として就任時から大きな注目を集めています。 昨年開催された「Digital Shift Summit 2021」では「日本企業がデジタルシフトでGAFAに打ち勝つ方法」というテーマの鼎談に立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、デジタルホールディングス代表取締役会長の鉢嶺登氏とともに参加し、東芝および日本企業の未来についての展望を語っています。 島田氏は、日本を代表する企業である東芝でどのような事業を強化し、どう舵取りをしていくのか。東芝が目指すDXの形や、プライバシーを最優先した次世代のデータビジネスとはどのようなものなのか? また、東芝および日本企業がGAFAに打ち勝つためにできることとは。社長に就任した島田社長が抱くビジョンに迫ります。 前編は島田氏が社長に就任してからの変化、東芝が手がけるスマートレシート躍進の理由と将来の展望、ナノエコノミーの可能性などについてお話をうかがいます。

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。