DX戦略

「スマートミラーで自宅内に本格ジムを!」バチェロレッテ参加起業家・黄 皓氏が手がける「MIRROR FIT.」の全貌とは

コロナ禍で在宅勤務が加速し、自宅でトレーニングできるオンラインフィットネスへの注目度が高まる中、日本でも鏡型のデバイスと専用アプリを使って、自宅にいながら本格的なトレーニングを受けられるサービス「MIRROR FIT.(ミラーフィット)」が登場しています。サービスを展開するミラーフィット株式会社の代表取締役社長、黄 皓(コウ コウ)氏は、パーソナルジム・エステ事業も展開しており、Amazon Prime Videoの恋愛リアリティー番組「バチェロレッテ・ジャパン」シーズン1に参加し、ファイナリストまで勝ち進んだことでも注目を集めた若手実業家です。フィットネス業界のデジタルシフトともいえる、ミラーフィット事業の展開に踏み切った理由とは。サービス内容なども含めて、黄 皓氏に伺いました。

ざっくりまとめ

・ミラーフィットは鏡型のデバイスで、鏡にさまざまなコンテンツを映し出すサービス。
・好きなトレーナーとマッチングし、ライブでマンツーマントレーニングをすることも可能。
・「自宅の中に本格的なジムを作る」。コロナ禍にビジネスのスタートを決断。
・ミラーフィットが目指すのは、家庭内の第4の神器。フィットネスだけでなく、今後、美容・コスメ・ファッションなど生活をサポートするプラットフォームになる。

鏡型のデバイスを使ってフィットネスのコンテンツやライブ映像を配信

―ミラーフィットのサービス内容について、教えてください。

ミラーフィットは、鏡型のデバイスに、専用のアプリを使って、鏡にさまざまなコンテンツを映し出すサービスです。コンテンツは、プロのインストラクターが教えてくれる筋力トレーニングやヨガなど多彩です。価格は、デバイスが14万9,800円(税抜)、毎月のサービス利用料は5,980円(税抜)です。コンテンツは、現在250本程度の準備ができており、いつでも配信できる状況です。今後、500~1,000本程度のコンテンツをオンデマンドで見ることができるようにしていく予定です。

また、トレーニングの様子をライブ配信する機能もあります。さらに、好きなトレーナーとマッチングし、ミラーフィット内に内蔵されているマイクやカメラを通じて、マンツーマンでトレーニングを受けられるサービスもあります。通常、ジムであれば筋トレ、ヨガスタジオであればヨガ、と体験できるサービスは限定されますが、ミラーフィットを使えば、自宅にいながら、さまざまなサービスを受けることができます。

デバイスは、高さ約145センチメートル、幅約56センチメートル、厚さ約3センチメートルで、当然鏡としても使用できます。自宅に置いて使っていただくほか、ホテルなどでの利用も見込んでいます。

―世の中には、トレーニング方法をオンラインで配信するサービスもあります。これらとは何が違うのでしょうか。

ミラーフィットに体全体が映るため、トレーナーの映像と自身のトレーニング姿の見比べができることです。トレーナーと同じ動きをすることで、トレーニング効果を引き上げることができます。

「自宅の中に本格的なジムを作る」コロナ禍でスタートを決断

―このようなサービスを始めようと考えた経緯を聞かせてください。

総合商社に勤務していた頃に、体調を崩したことが原点です。メキシコ駐在時、仕事の忙しさと、移動時間の長さなどから、満足な食事ができませんでした。メキシコは日本と異なり、体によい安全なものが手軽に食べられるわけではありません。不規則な食生活によって体重が増え、健康診断の数値も悪くなっていきました。

精神的にも、健全ではなかったと思います。健康よりも会社への責任感が強く、自分を大切にできていない時期でした。その時、「お金では健康を買い戻せない」「仕事だけをするために生まれてきたわけじゃない」と改めて考え直したんです。

―その後、どのように行動されましたか。

メキシコから帰国後、パーソナルトレーナーに指導を受けるジムに通い始めました。素晴らしいサービスでしたが、料金が高いため、手軽には通えない。もっと安価な場を提供できれば、事業としてチャンスがあるのではないかと考え、パーソナルジム事業を立ち上げました。これからは「人の生活を豊かにするサービスをやりたい」という気持ちもあったんです。

パーソナルジムを運営して分かったことは、自分の体に合ったトレーニングに対するニーズが増えてきているということです。29,800円(税抜)で通い放題にしたところ、サービスがバズり、例えば10人いたら8人ほどは入会してくれるようになりました。ただ、残りの2人は利用してくれない。この2人にどうにか入会してもらいたいと考えた時に、「自宅の中に本格的なジムを作ればいいのでは」と思いつきました。比較的安価で、自分と相性がよいトレーナーを選べて、自宅でできるフィットネスがあれば、残りの2人にもご利用いただくことができるのではないか。これがミラーフィット開発のきっかけです。事業作りの根底には、人がやらない「いいわけ」を無くしていきたいという想いがあります。これが、2020年3月のことでした。

―2020年7月に、ミラーフィット株式会社を設立されています。新型コロナウイルスの感染が拡大していた時期です。不安はなかったのでしょうか。

むしろミラーフィットは、コロナ禍だからこそ、スタートを決断できました。コロナが収束すれば、外出することが増え、景気も回復するでしょう。ですが、もはやこれは神から与えられた試練だと考え、このタイミングで一気に進めてしまおうと決心したのが5月です。ですので、コロナによって僕らは困ったり、自由を奪われたりもしていますが、コロナのおかげで、覚悟が決まったとも言えます。

―サービスの利用者として見込んでいるのは、どんな方ですか。

イメージしているのは、30代前半で、子どもが1歳か2歳ぐらいの女性です。お金の有無ではなく、悩みが重い層に届けたいと思っています。ジムに通いたい、自分に時間とお金を使いたいのに使えていない、という悩みをお持ちの方といえば、子どもがまだ小さな女性に多いです。 自分を幸せにしたい一方で、時間の制約があったり、「ジムに行きたいけれど、外に出ることによって子どもにコロナを感染させたくないな」と考えたり、かなり重い悩みがあるんです。自宅でフィットネスをしたいという希望は、旦那さんの理解も得やすく、子どもの遊びにもなるため、3者 win-winではないかと思います。

さらに今後、ターゲットとなり得るのは、高齢者の方ではないかと思います。高齢者施設は人手不足が続くでしょうし、リハビリなどで人の代わりになるツールが必要だと考えます。ですがデバイスの特性上、現時点で相性がよいのは、SNSを使う30-40歳代の女性ですので、まずはこの層に訴えかけて、広めていくのが最適だと考えています。

ミラーフィットが目指すのは、フィットネス以外のサービスも付加した家庭内の4種目の神器

―フィットネスをデジタル化するメリットを教えてください。

消費者側と供給者側に共通するメリットとしては、時間と人と場所の拘束がないことです。消費者サイドではこれまで、ジムに行く必要があるという物理的な場所の問題を抱えていました。デジタルで同じ体験価値を再現できれば、オフラインよりもオンラインを選択する方が増えてくると思います。

一方で、事業者側のメリットとしては、採用がしやすくなることです。ジム運営事業では、お客様の数に対応して、トレーナーを採用する必要があります。ですが、拘束時間が長くなるため、トレーナーを十分に確保できているわけではありません。

トレーナーがオンラインでサービスを提供できるようになれば、稼働していない拘束時間に大きな付加価値を生むことができます。ミラーフィットは、トレーナーにとって新しい労働の場になるのです。

―リアルなフィットネス事業と競合することもありえるのではないでしょうか。

日本の人口は1億5,000万人です。そのうち、フィットネス人口は514万人です。残り1億4,500万人います。500万人はこれからもジムを使うと思います。オンラインのサービスは、1億4,500万人の中からユーザーが増えていくと考えています。

ただし、家でもできるサービスと、ジムだからこそ受けられるサービスの線引きを明確にする必要はあります。その違いを分かりやすくすることで、異なる層のユーザーを開拓できると考えています。

また、家電における「三種の神器」という言葉がありますが、ミラーフィットを4種目の神器に育てていきたいと考えています。ミラーフィットを使って運動したり、ヘアアレンジをしてもらったり、 洋服が買えたり、アニメやアバターで存在するコンシェルジュが「そろそろ水を発注しなくて大丈夫なの?」とか「今日は筋トレしなくていいの?」と言ってきたら、何だか楽しくなるだろうなと。

―デジタル化が進めば、データを集めやすくなります。その活用やAIによる価値提供の進化もあるのでしょうか。

今週行ったトレーニングの進捗状況や、ワークアウト数、成果もデバイスに記録されるため、もちろんデータとして見ることができます。将来的には、体重計や時計、体組成計をインターネットでつなぎ、自分の体の状況をより正確に把握できるようになるといいなと思っています。

また、トレーナーが指導するよりもAIの方が正しく指導できるとすれば、極端に考えるとトレーナーは別の仕事を探すことになるのかなとも思います。どこの業界でも必ず起こり得る問題ですが、人間はとても賢い生物です。進化と破壊の過程として、環境の変化に適応した、人間にしかできないサービスの提供ができるようになると思います。

美容・コスメ・ファッションなど、生活にサポートするプラットフォームに

―今後の事業展開について、教えてください。

僕らの思いとしては、第4のデバイスを通じて、私生活やビジネスにおける革新的な提案を進めていきたいです。この想いが、僕らの大前提です。人が苦痛を感じているフィットネスという領域を、家庭と生活の中にしっかりと定着させていきたいと思います。ミラーフィットの「フィット」は、フィットネスという意味だけではなく、「鏡がフィットする、自宅にフィットする」という意味も込めています。トレーニングだけではなく、ヘルスケア、美容やコスメ、ファッションなど、さまざまな領域に進出して、人の生活をサポートする。ライフスタイルをサポートするデバイスになっていくことが僕らの一番の想いです。

そのためにも、まずは軸をぶらさずにフィットネスの領域で、強く認知してもらう必要があります。価値を発揮できるサービスをさらにインストールして、人の生活を変えていけるようなサービス、会社にしていきたいと思っています。

―やはりプラットフォーマー寄りですね。

そうですね。初期段階は、自社コンテンツを当然のごとく導入していきますが、 一番健全なのはやはり CtoC コンテンツだと思っています。AIに代用されないサービスとは何かと言うと、人の魅力なんですよね。ですので、僕らが機械的に導入したコンテンツよりも、その個人の魅力があらわれるコンテンツを通して「運動は下手くそだけど、この人のトレーニングなら受けたい」という感情に訴えかけることが大事だと思います。

自分たちが提供するレッスンコンテンツとは別に、マッチングやライブ配信など CtoC コンテンツも今後導入していきます。全く知名度のなかった若者が、100万人のフォロワーを抱える時代です。誰にでもその可能性はあるし、AIにまだまだ代替されないものだと思います。CtoCを促し、プラットフォーマーとしての立ち位置を貫きたいと思います。

―海外展開も視野に入れていますか。

北米と中国では類似サービスがたくさんあるので、僕らが最優先で進出する市場ではないと思っています。一方で、私自身が中国で貿易の会社を営んでいるので、デバイスの生産には強みがあります。世界の工場である中国との調整を自社でできることは、今後大きな利点になるかと思っています。
MIRROR FIT. は、専用のミラーデバイスと専用アプリによって、自宅にいながらプロが監修した本格的なトレーニングプログラムを簡単に体験でき、同じ志を持つ仲間とオンラインで繋がりながらフィットネスを楽しむことができるサービスです。インストラクターや著名なパフォーマーがユーザーのパートナーとなり、自宅でできるフィットネスプログラムを提供します。
MIRROR FIT.(ミラーフィット)

MIRROR FIT. は、専用のミラーデバイスと専用アプリによって、自宅にいながらプロが監修した本格的なトレーニングプログラムを簡単に体験でき、同じ志を持つ仲間とオンラインで繋がりながらフィットネスを楽しむことができるサービスです。インストラクターや著名なパフォーマーがユーザーのパートナーとなり、自宅でできるフィットネスプログラムを提供します。

黄 皓
ミラーフィット株式会社 代表取締役社長

中国生まれ、中国育ち。日本で一番日本語がうまい中国人を目指して日々精進。大手総合商社を脱サラし、現在は中国での国際貿易・物流会社の経営に加え、日本ではスマートミラーを使って自宅でできる本格的なオンラインフィットネスを提供するミラーフィット株式会社と、パーソナルトレーニング、セルフエステ、有酸素マシンが定額29,800円(税抜)で使い放題なサービス「KARADA BESTA」を運営するRILISIST株式会社を経営。2020年には「バチェロレッテ・ジャパン」シーズン1に参加。

人気記事

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織開発・D&I推進等と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、これからの時代のキャリアと学びについて意見を交わしました。 前半は秋田氏のこれまでの経歴、アメリカのビジネススクールでのエピソード、みずほに入社を決めた理由などをうかがいます。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

プロンプトエンジニアという言葉をご存知でしょうか。英語圏では2021年頃から盛り上がりを見せている職種の一つで、中国でも2022年の夏頃からプロンプトエンジニアの講座が人気を呼んでいます。今回は、プロンプトエンジニアとは何か、どうトレーニングすればよいのかについて、日本国内でプロンプトエンジニアの採用と教育を実施している株式会社デジタルレシピ 代表取締役の伊藤 新之介氏に解説していただきました。

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

イメージする香りはあるけれど、その通りの香水をなかなか見つけられない。「甘口」「辛口」だけでは、自分好みの日本酒を選べない。セントマティック社が開発する「KAORIUM(カオリウム)」は、香りや風味を言語化することで、そんな悩みを解消してくれる最先端のAIシステムです。今回お話を伺ったのは、同社の代表取締役である栗栖俊治氏。なぜ香りの分野に注目したのか。ビジネスとしての香り市場の秘めたるポテンシャルとは。KAORIUMの活用で広がる可能性とは何か。世界も注目するその取り組みに迫ります。

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、企業に求められるダイバーシティとエクイティ、ジェンダー問題について意見を交わしました。 後編は秋田氏がグループCPOとして手がけてきた施策、みずほフィナンシャルグループが考えるダイバーシティとエクイティ、これからの企業と従業員の関係性についてお話をうかがいます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

【AI×音楽】AI作曲が可能となっても、作曲家の仕事は残る。「FIMMIGRM」が変える音楽の未来<後編>

【AI×音楽】AI作曲が可能となっても、作曲家の仕事は残る。「FIMMIGRM」が変える音楽の未来<後編>

AIによりヒットソングの特徴をふまえたオリジナル楽曲を作成するサービス「FIMMIGRM(フィミグラム)」。AIによる作曲サービスが盛り上がりを見せつつある昨今、音楽プロデューサーとしてYUKIや中島美嘉、Aimerなどのアーティストを手がけてきた玉井健二氏が開発に携わっていることで、大きな話題を呼んでいます。 FIMMIGRMの利用方法は、大量に自動生成された曲から好みの曲をジャンルごとに選択するGENRES(ジャンル)、ワンクリックでAIが曲を生成する ONE-CLICK GENERATE(トラック生成)、ユーザーの自作曲をもとにAIが曲を生成するGENERATE(トラック生成)、AIが生成した曲にプロの編曲家が手を加えるPRO-ARRANGED(プロアレンジ)の4パターン。AIにより専門知識不要で誰もが作曲できるようになる未来が間近に迫った今、音楽業界はどのように変化するのか? 株式会社TMIKと音楽クリエイター集団agehaspringsの代表を務める玉井健二氏にお話を伺いました。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

欧米に比べ大きく遅れているといわれる日本のメンタルヘルスを取り巻く環境。事実、欧米ではカウンセリングを受診した経験のある人は52%にも上りますが、日本では6%という低水準。先進国のなかで突出した自殺者数についても、厚生労働省は深刻な状況と受け止めています。 そんななか、β版での運用を終え、2022年7月5日に正式ローンチされた「mentally(メンタリー)」は、日本では敷居の高いメンタルヘルスに関する相談が気軽に行えるアプリ。株式会社Mentally 代表取締役CEOを務める西村 創一朗氏は、自身も過去に双極性障害(※)を乗り越えた経験を持っています。メンタルヘルス市場はDXによりどう変化していくのか。インタビューを通して、日本のメンタルヘルス市場の未来を紐解きます。 ※ 双極性障害:活動的な躁(そう)状態と、無気力なうつ状態を繰り返す障害。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。