Today's PICK UP

Zoomの基本的な使い方|基本機能や知っておくと便利な機能・応用編まで徹底解説

リモートワークが普及していますが、その際に欠かせないウェブ会議ツールがZoomです。音声と映像によるコミュニケーションだけでなく、画面共有やホワイトボードといった機能も搭載されています。そんなZoomの基本的な使い方から便利な機能まで解説します。
日本国内で新型コロナウイルスの感染者がはじめて確認されたのが、2020年1月のことです。それ以来、じりじりと感染者が増え、2020年4月に一度目の緊急事態宣言、そして2021年1月にも再び緊急事態宣言が発令されました。オフィスでの集団業務や通勤電車での密を避けるため、リモートワークに切り替える企業が多く見られました。パソコンとインターネット環境があれば、どこでも仕事ができるという人は、通勤時間がなくなったことでゆったりと仕事をすることができるようになったのではないでしょうか? 

対面での人との接触がなくなったことで、困るのは会議や打ち合わせくらいです。複数のスタッフと話し合うときに、電話やメールでは難しいでしょう。そこで広まったのが、ウェブ会議ツールのZoomです。以前から、海外に取引先や支店のある企業では活用されてきましたが、テレワークの広がりによって一気に普及しました。すでに使ったことのある人も多いと思いますが、さまざまな機能を使いこなせば、より会議がしやすくなります。そこで、Zoomの基本的な使い方から、知っておくと便利な機能まで解説します。

Zoomの基本的な使い方

まずはZoomの基本的な使い方をおさらいしておきましょう。

Step1|Zoomをインストールする

Zoomはミーティングに参加するだけなら、インストールせずにブラウザからアクセスすることもできます。ただ、ミーティングの主催者になったり、機能を十分に使うためにはインストールが必要です。Zoomの公式サイトから簡単にインストールができるので、会社から支給されたパソコンでインストール制限があるという場合を除き、試してみると良いでしょう。

Step2|サインアップする

インストールしたZoomを立ち上げ、アカウントを作成します。すでにアカウントを持っている場合には、事前に登録したメールアドレスとパスワードを入力すると、ログインできます。はじめてアカウントを作る場合には、メールアドレスを登録すると、そのメールアドレス宛に確認用のメールが届きます。届かない場合には、「迷惑メールフォルダ」に誤って収納されていることもあります。届いたメールを開封すると、「アカウントをアクティベート」というボタンが表示されているはずです。そのボタンをクリックすると、アカウント情報を入力するページにジャンプします。そこで、氏名とパスワードを登録すれば準備完了です。

Step3|サインインする

登録が完了したら、サインインします。サインインには登録したメールアドレスとパスワードが必要になります。サインインが終われば、ミーティングを主催できるようになります。

Step4|ミーティングを開催する

すぐにミーティングを開催したいなら、「新規ミーティング」というボタンをクリックします。最初にどのマイクやスピーカーを使ってミーティングを行うか設定ができますが、「コンピューターオーディオに参加する」を選択すると、パソコンに搭載されているマイクやスピーカーが使用できます。きちんと音が出るのか、マイクがオンになっているのか、確認するためのテストもこのときにできます。もし、カメラに自分の姿を映したくないときには、ビデオのオフにすることもできます。

URLやパスワードを共有することで招待できる

新規ミーティングをクリックして、はじまったミーティングルームはあなた専用のもので、9桁のID番号で管理されています。ここに参加者を招待することで、みんなでミーティングを行うことが可能になります。誰かを招待したいときには、下部にある参加者というアイコンをクリックすると、現在の参加者の一覧が表示されますが、そこに「招待」というボタンも表れます。「招待」を押すと、メールを使って招待先のURLをゲストに送ることができます。

Zoomの使用前に最低限知っておきたい基本機能

続いて、最低限は知っておきたいZoomの基本的な機能について解説します。まずは一般的に使用することが多い機能をご紹介します。

基本機能1|新規ミーティング

まずはミーティングを開始するときに使用する「新規ミーティング」です。アプリを立ち上げるとホーム画面が表示されますが、オレンジ色をしたひと際目立ボタンが「新規ミーティング」です。これを押すだけですぐにミーティングがオープンします。

基本機能2|ビデオオフ・音声ミュート

Zoomにはビデオをオフにして、自分の姿をカメラに映さずミーティングに参加することもできます。もしアイコン画像を設定していれば、他の参加者のZoom画面には、それが映ることになります。また、マイクをオフにして、音声をミュートにすることもできます。周囲が騒がしいときに音声をミュートにすると、他の会話を邪魔せずに、会議を進行することができます。

基本機能3|ミーティングのスケジュール機能

いますぐミーティングをする場合には、新規ミーティングのボタンをクリックしますが、日時を指定してミーティングを開催する場合には、スケジュール機能を使います。ホーム画面にある「スケジュール」をクリックすると、日時を指定でき、Googleカレンダーなどにそのまま予定を書き込むこともできます。そのためうっかり設定したミーティングの開催を忘れてしまうこともありません。

使えると便利なZoomの便利機能

ほかにも便利に使える機能が実装されています。覚えておくと良いでしょう。

便利機能1|画面の共有

会議や打ち合わせをしているときに、資料を見せながら、説明したいこともあるでしょう。事前にメールで配布しても良いのですが、各自が同じページを見てくれるとは限りません。そこで通常のプレゼンと同じように、参加者全員で同じ画面を見ながら、会議をすることができます。それが「画面の共有」という機能です。主催者だけではなく、参加者も画面の共有ができますが、参加者にも画面の共有を認めるのか、それとも認めないのか、主催者が設定することができます。

便利機能2|ファイルの共有

画面共有では、パソコンで開いているファイルや、閲覧中のウェブページなどを他の参加者に共有することができますが、もし、DropboxやGoogleドライブといったファイル共有サービスを利用しているなら、Zoomと連携させることでよりスムーズに画面を共有することができます。ミーティング中の画面の下にメニューが表示されますが、そのなかに「画面の共有」というボタンがあります。このボタンをクリックすると、何を共有するのか、選択できる画面が登場します。そこにあるファイルというタブを選択することで、Dropbox、Microsoft OneDrive、Google Drive、Box、Microsoft SharePointといったファイル共有サービスと連携させることができます。

便利機能3|ホワイトボード機能

ホワイトボードはフリーハンドで書き込みができる白いボードをミーティングの参加者と共有できる機能です。プレゼンテーションを行う際や書きながら説明をするときに便利です。使い方も簡単で、「画面共有」のメニューから「ホワイトボード」を選択するだけです。これを選択すると真っ白な画面と操作メニューが登場し、他の参加者が見ている前で、書き込みをしながら説明を行うことができます。

便利機能4|バーチャル背景

Zoomではマイクとカメラを使って、お互いの顔を見ながら、ミーティングできますが、自宅で接続すると、生活感あふれる背景を映すことに抵抗を感じる人もいるでしょう。とはいえ、片づけている時間はない。そんなこともあるでしょう。そこでおすすめしたいのが、バーチャル背景という機能です。カメラに写る背景を任意の画像に置き換えることができる機能で、もともと入っている画像を使うほか、自分で用意したお気に入りの画像をバーチャル背景として使用することもできます。ただ、パソコンのスペックが一定水準に満たない場合には、動作や通信が遅延してしまうこともあります。

スマホやタブレットでもZoomは便利に使える

最近のノートパソコンはカメラが標準装備されているので、インターネットにつながる環境であれば、簡単にZoomができますが、もし使っているパソコンにカメラが搭載されていなければ、スマホやタブレットでZoomを使用することもできます。

アプリからサインインしておくことが必要

スマホやタブレットでZoomを使用する場合には、専用のアプリをインストールします。iPhoneでもAndroidスマホでも利用できるため、App StoreもしくはGoogle Playからダウンロードしましょう。インストール後はパソコンでの利用と同じように、メールアドレスとパスワードを入力し、サインインします。

画面共有やファイル共有なども可能

スマホ版のZoomでも使用できる機能に差はありません。画面共有やDropboxやGoogleドライブなどと連携したファイル共有も利用できます。

応用編|Zoomのウェビナー機能の使い方

仕事でZoomを利用する場合、用途の大半は少人数での打ち合わせや会議だと思います。Zoomにはさらに大人数での会議にも利用できるウェビナーと呼ばれる機能も搭載されています。「ウェビナー」とはウェブとセミナーを合わせた造語でオンラインセミナーのことを表します。最大100人〜10,000人まで参加が可能なため、もし必要になった場合には、利用してみましょう。ただ、ウェビナーはプロ、ビジネス、エンタープライズといった有料ライセンスの利用者もしくはZoom Roomsを利用しているアカウントでのみ申し込みができます。無料の基本ライセンスのユーザーは申し込みできないので、注意が必要です。

最大1万人までが参加できるセミナー機能

ウェビナーは最大1万人までが参加できるセミナー機能ですが、主催者(パネラー)と視聴者に分かれます。そのため、たとえば会社説明会や社内の研修、あるいは商品説明会や講義といった用途が考えられます。ある程度、参加者が自由に発言したり、書き込みができるミーティングとは異なり、主催者の操作によって、進行していきます。参加者から質問を受け付けたり、アンケートを行うことも可能で、参加者はチャットや挙手機能を使って発言することができます。基本的には主催者の音声と映像のみが共有されます。

有料のライセンス契約が必要

ウェビナーはプロ、ビジネス、エンタープライズといった有料ライセンスの利用者もしくはZoom Roomsを利用しているアカウントでのみ申し込みができますが、有料契約が必要なのは主催者のみで、参加者は無料のままウェビナーに参加することが可能です。

Youtubeライブなど他のツールとの連携も可能

ウェビナーはZoomで視聴ができますが、YouTubeやFacebookなどと連携させることによって、ライブ配信することもできます。他のプラットフォームで配信することによって、より多くの視聴者が簡単に閲覧することができるようになります。

Zoomを使いこなしてテレワークを快適に!

音声や映像によるコミュニケーションだけなら他にも利用できるツールはありますが、Zoomは会議や打ち合わせといったビジネスコミュニケーションに活用しやすい機能がたくさん搭載されています。そのためZoomを使いこなせば、よりテレワークが快適になるはずです。いずれの機能もボタン操作で簡単に使うことができるため、一度、試してみてはいかがでしょうか?

人気記事

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 前編は相木社長の経歴と社長就任までの経緯、ベイシアグループが標榜する「ハリネズミ経営」、高品質なプライベートブランド(PB)の開発および販売戦略、今後の出店戦略などについてお話をうかがいます。

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

YouTubeに代表される動画投稿サイトなど、個人が発信することのできるツールの出現により、好きなことをして稼ぐための選択肢は増えています。そして現在、ゲームや徒歩、勉強さらには睡眠をするだけで稼ぐことのできる「X to Earn」というムーブメントが生まれつつあります。「ゲームで遊んで稼ぐ」なんてことが本当に可能なのか? 多くの人が抱える疑問について今回お答えいただくのは、Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下、DEA)のFounder & Co-CEOの山田 耕三氏。インタビュー前編では「X to Earn」の仕組みと種類、今後の可能性など、未だ発展途上の新しい経済圏について根ほり葉ほりお話を伺いました。

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 後編は相木社長が抱く野望と「メガSPA & DX小売」の概要、ベイシアが従業員に求めるオーナーシップのあり方、そして小売DXの中核を占めるネットスーパーとeコマース戦略についてお話をうかがいます。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

【記憶力は才能でも努力でもない】AIで記憶の定着を助けるアプリ「Monoxer」で日本の教育が変わる

【記憶力は才能でも努力でもない】AIで記憶の定着を助けるアプリ「Monoxer」で日本の教育が変わる

問題を解くことで記憶の定着化を図るアプリ「Monoxer(モノグサ)」。これまで必死に書いたり読んだりすることで闇雲に覚えていた学習を、よりスマートに記憶化させるということで、小中学校から高校、大学、専門学校、さらには塾、社会人教育など幅広い場に導入されています。AIがその人のレベルに合った問題とヒントを出してくれて、定着した後も定期的な反復練習で忘れることを防いでくれます。Monoxerを導入することで学習のスタイルはどう変わるのか? モノグサ株式会社の代表取締役 CEOを務める竹内 孝太朗氏に、記憶と学習の関係についてさまざまな視点からお話を伺いました。

NFTゲームが富の再配分に寄与する事例も。DEA創業者に聞く、「X to Earn」の可能性<後編>

NFTゲームが富の再配分に寄与する事例も。DEA創業者に聞く、「X to Earn」の可能性<後編>

YouTubeに代表される動画投稿サイトなど、個人が発信することのできるツールの出現により、好きなことをして稼ぐための選択肢は増えています。そして現在、ゲームや徒歩、勉強さらには睡眠をするだけで稼ぐことのできる「X to Earn」というムーブメントが生まれつつあります。「ゲームで遊んで稼ぐ」なんてことが本当に可能なのか? 多くの人が抱える疑問について今回お答えいただくのは、Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下、DEA)のFounder & Co-CEOの山田 耕三氏。インタビュー後編では、ゲームと金融の融合で生まれたGameFiの歴史、そのGameFiが実際に解決したフィリピンの貧困問題、Web3時代のゲームと社会の関係などについてお話を伺いました。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。