デザインツール「Canva」とは?使い方や費用、商用利用の事例や無料の機能などを分かりやすく解説

用意されており、オンライン上で画像や動画を作成・編集できます。本記事ではCanvaの用途や料金プラン、主な機能や具体的な活用方法などについて解説します。

SNSへ投稿する簡単な画像の制作や、WEBサイトに必要な画像の制作など、ちょっとしたデザインをしたい機会が多くなっています。中には、本格的なツールは使えず、デザイナーに依頼するほどの内容ではないというケースも多いでしょう。

そんなときに役立つのが、お金や手間をかけずに、誰でも簡単にプロのようなデザインを作成できるグラフィックツール「Canva(キャンバ)」です。

本記事ではCanvaの用途や料金プラン、主な機能や具体的な活用方法などについて解説します。

Canvaとは

Canva(キャンバ)はCanva Pty, Ltd,が提供する、オンライン上で使えるグラフィックデザインツールです。

2013年にオーストラリアで誕生し、日本語版は2017年にリリース。
世界190ヶ国で、月間7,500万人以上のユーザーに利用されています(2021年時点)。

豊富な素材やデザインテンプレートを無料で使うことができ、誰でも簡単にさまざまな画像や動画を作成・編集することが可能です。

他のデザインツールとの違い

Canvaと他のデザインツールの違い
・シンプルな機能で基本無料で使用できる
・経験がなくても簡易的なデザインを制作できる


デザインツールといえば、IllustratorやPhotoshopが有名ですが、これらはライセンス費用が毎月発生するサブスクリプション型の料金プランで設計されています。また、多機能であるため初心者には操作が難しく感じるケースも少なくありません。

一方、Canvaの機能はシンプルで、本格的なデザインツールほど細かい編集ができるわけではありませんが、基本無料で利用でき、操作画面も簡単につくられているため、専門的な難しい知識がない人でも容易に扱えます。

Canvaは以下のような方の利用に向いているツールです。
・普段デザインをしていない
・無料でおしゃれな画像を作ってみたい
・SNSなどへ投稿用に画像やデザインを作りたい

デザインスキルの高い方や制作物に対するこだわりの強い方、自由な編集でオリジナルのデザインを作成したい方には、IllustratorやPhotoshopの利用がおすすめです。

Canvaの具体的な活用方法

CanvaではWeb上で表示させるものから紙に印刷するものまで、さまざまな用途のデザインを作れます。具体的にどのようなものに活用されているのか解説します。

印刷物のデザイン

Canvaでは名刺やポスター、カレンダーやポストカードといった印刷物のデザインが可能です。

飲食店向けのチラシやショップカード、メニュー用のデザインもあれば、結婚式で使える招待状やプログラム用のデザインも作成できます。

なお、作成したデザインはCanva上で印刷発注もでき、送料無料で自宅へ届けてもらえます。
紙への印刷のほかマグカップへのプリントも可能で、最低発注数は設けられていません。

SNS投稿画像の作成

Instagramのフィードやストーリーズ用の画像、YouTubeのサムネイルやチャンネルアート、TwitterのヘッダーなどSNSに投稿する画像も作れます。

各媒体に適したサイズを選ぶことができ、画像やテキストを差し替えるだけでクオリティーの高い画像やコラージュが完成します。

パッと目を引くビジュアルでSNSでのエンゲージメントを高めるのに役立てることができるでしょう。

また、CanvaとSNSアカウントを紐づけておけば、各SNSを立ち上げなくても作業画面から直接投稿することが可能です。
作成したデザインとともに、投稿用の文章もCanva上で入力できます。

プレゼン資料・企画書作成

プレゼンテーション用のスライドや、企画書の作成もCanvaで事足ります。
背景や文字色、テキストや画像の位置などを0から考えなくても、テンプレートを活用すれば簡単に資料作成が可能です。

棒グラフや円グラフといったデータ型グラフ、インフォグラフィックの作成も可能で、Canva上に直接データを入力してグラフ化できるだけでなく、データが入力されているGoogleスプレッドシートやCSVをアップロードして作成することもできます。

さらに、作った資料はCanva上でスライドショーを実施できるほか、Power Point形式でもダウンロードできます。

動画編集

Canvaには画像作成や写真加工だけでなく、動画編集の機能も備わっています。
トリミングやサイズ変更に加え、無料のBGMやモーション、テキストエフェクトや背景素材をつけて撮影した動画をパワーアップさせることが可能です。

動画編集ソフトほどの本格的な編集は難しいものの、動画にテロップを入れたりイベント用のスライドショーを作成したりといった簡単な編集ならCanvaで十分に対応できます。

YouTubeやInstagramのストーリーズ、TikTokなど各媒体の規格に適したテンプレートも用意されています。

Canvaの料金プラン

Canvaでのデザイン作成から保存まで、基本的に無料で利用できます。
ただし無料プランの場合、利用できる機能や素材の数、クラウドストレージ容量に制限がある点には注意が必要です。

「Canva Pro」へのアップグレードでさらに使いやすくなる

月額1,500円(税込)・年額12,000円(税込)の有料プラン「Canva Pro」にアップグレードすると、使える素材数や容量が拡大されます。
無料プラン 有料プラン
素材数 100万点以上 1億点以上
テンプレート数 25万点以上 61万点以上
ストレージ容量 5GB 1TB
拡大されます。

さらに、ワンクリックで写真の背景を消せたり、デザインの大きさを自在に変更できたりと無料プランにはない充実した機能も使えるようになるので、表現の幅が広がるでしょう。

なお、1名ではなく2名以上のチームで利用できる「Canva for Teams」という、月額1,800円(税込)・年額18,000円(税込)〜の有料プランも用意されています。

「Canva Pro」無料トライアル

Canvaの有料プランはトライアルとして30日間無料で利用でき、いつでもキャンセルが可能です。

支払い期間に関して「年単位」または「月単位」を選んだあと、決済情報を入力する必要がありますが、トライアル期間が終了する前に解約すれば料金が請求されることはありません。

解約を忘れたままトライアル期間が終了すると、料金が発生してしまうため注意してください。

無料トライアル中は、Canva Proのすべての機能を利用できます。
まずはお試しで使ってみて利用を検討してみてはいかがでしょうか。

有料テンプレート・有料素材

Canvaには、無料の素材とプレミアム素材の2種類が存在します。
素材一覧を開いたとき、右下に王冠マークが表示されている素材がプレミアム素材です。

有料プランのユーザーならプレミアム素材も無制限に使用できますが、無料プランの場合は透かし(編みかけのパターン模様)が表示されます。
透かしを削除してデザインに使いたい場合には、プレミアム素材の購入が必要です。

プレミアム素材は、1つの素材につき1ドル(約120円)で販売されています。
購入後は同一デザイン内でのみ使用可能になるため、別のデザインで使用する場合は再度購入する必要があります。

Canvaを商用利用する際の注意点

Canvaで作成したデザインは、原則として、加入しているプランを問わず商用利用が可能です。また、クレジット表記も必要ありません。

ただし、なかには商用利用が許可されていない使い方もあります。
知らずに使用すると著作権侵害となってしまう可能性もあるため、使用用途に迷った場合Canvaまで問い合わせるようにしましょう。

Canvaで許可されている商用利用の例

次のようなケースでは、Canvaで作成したデザインの商用利用が認められています。


・自社のホームページに掲載
・SNSへの投稿
・マーケティングや提案資料
・Tシャツに印刷して販売する
・Canvaで作ったデザインの名刺を配る など

Canvaで許可されていない商用利用の例

反対に、次のようなケースでは商用利用が認められていません。

・加工していないCanva内の素材の販売、再配布、クレジットの取得
・Canva内の素材をストックフォトサービスなどのサイトで販売
・Canvaのオーディオ素材をテレビやラジオ、映画、ポッドキャスト、ビルボードなどのメディア用CM動画に使用する
・Canvaで作成したデザインを使って商標登録を行う

素材やテンプレートの著作権は作成者が所有しているため、手を加えずそのまま第三者の手に渡すことはできません。

また、商標登録は固有のデザインである必要があります。

一般的な図形や線を使って制作した場合や、オリジナルの素材をCanvaで編集した場合には商標登録できますが、誰でも使えるCanvaの素材やテンプレートで作成したデザインは商標登録できません。

まとめ

Canvaは誰でも簡単にクオリティーの高いデザインを作れる便利なツール。
素材やテンプレートを活用することで、非デザイナーでも手軽にデザイン制作が可能です。

本記事で紹介した活用方法以外にも、ウェブサイトやフローチャートの作成などまだまだたくさんの使い方があります。
ブラウザ上やアプリから無料で利用できるので、何か作りたいものがある人は利用してみてはいかがでしょうか。

Article Tags

Special Features

連載特集
See More