Today's PICK UP

パンケーキスワップ(PancakeSwap)とは?具体的な使い方や始め方の手順と価格変動のリスクを解説

パンケーキスワップは分散型取引所(DEX)の一種です。スマートコントラクト技術を活用して、ユーザー同士で取引ができます。ファーミングなどの機能を有し、トークンを預け入れることで報酬を受け取ることも可能です。今回はパンケーキスワップの特徴や始め方、将来性を解説します。
パソコンの操作方法と同様、スワップ・ファーミング・ステーキングの機能が使用でき、マイナーなコインもトークンをインポートすることで取引が可能です。
パンケーキスワップ(PancakeSwap)は分散型取引所(DEX)のひとつで、コインチェックやビットバンクなどの中央集権的な管理者が存在せず、ユーザー同士で取引ができる取引所です。

ブロックチェーン技術のひとつであるスマートコントラクト(自動契約プログラム)によって、管理者を介さなくても取引ができます。

また、パンケーキスワップ内のファームにトークンを預け入れることで、仮想通貨のCAKE(ケーキ)を報酬として受け取れ、資産を運用することも可能です。

本記事では、パンケーキスワップの特徴や始め方、将来性について解説していきます。

パンケーキスワップ(PancakeSwap)とは

パンケーキスワップは、世界大手の取引所であるバイナンスの独自ブロックチェーン(バイナンススマートチェーン)を基盤にした分散型取引所です。

取引の方法は、AMM型(自動マーケットメーカー)を採用しています。
これにより契約までの時間を短縮でき、スムーズな取引を可能にしています。また、取引にかかるコストも下げられ、ユーザーにとってメリットが大きい特徴もあります。

また、仮想通貨の保管は取引所の管理下ではなく、メタマスクをはじめとしたウォレット接続のみで取引するため、ユーザーに資産の管理が委ねられています。

したがって、取引所へのハッキングによる資金流出などのリスクを軽減でき、セキュリティ性が比較的高いといえます。

パンケーキスワップの特徴

まずパンケーキスワップについて、抑えておきたい特徴を5つ解説します。

仮想通貨の取引においてリスクを軽減したり、ミスを防いだりするために重要なポイントです。1つずつ確認しておきましょう。

分散型取引所(DEX)の一種

パンケーキスワップは分散型取引所(DEX)の一種で、銀行や証券会社といった中央管理者がなく、世界各地に分散されているサーバーが管理している取引所です。

分散型取引所はブロックチェーン上に構築されており、スマートコントラクト技術を駆使して、契約や取引記録の管理を自動で行います。

したがって、仮想通貨の取引をするときは仲介者が介入することはなく、ユーザー間でピアツーピア(P2P)の取引が可能です。

ウォレット接続だけで使える

コインチェックなどの中央集権型取引所では、仮想通貨を売買するために口座開設が必要であり、手続きに時間を要します。

しかし、パンケーキスワップなどの分散型取引所は口座開設する必要がなく、ウォレットを接続するだけですぐに利用可能です。

氏名や住所、本人確認書類など個人情報の提示が必要ないため、プライバシーが守られ安全に取引ができます。

保有する仮想通貨は、あくまでユーザーのウォレットで管理され、取引所の管理ではありません。よって、秘密鍵やシードフレーズは厳重な保管が必要です。

仮想通貨CAKEを採用している

パンケーキスワップは仮想通貨のCAKE(ケーキ)を採用しており、コミュニティへの提案などの議決権を持つガバナンストークンでもあります。

CAKEは取引所で購入できますが、パンケーキスワップ内にあるファームに特定の仮想通貨を預けることで、CAKEを獲得することも可能です。

パンケーキスワップでは、CAKEを一定の期間保持するステーキング機能があるため、保有していながら利益も得られます。

また、CAKEはビットコインのように発行枚数の上限が決められていません。

発行されすぎると通貨の価値が下がってしまうため、定期的にCAKEを焼却(バーン)して流動性を調整し、価値を一定に保つようにしています。

ガス代(取引手数料)が安い

パンケーキスワップの基盤である、BSC(バイナンススマートチェーン)は他のサービスに比べてガス代(取引手数料)が安いのが特徴です。

一方でイーサリアム系のブロックチェーンは、スケーラビリティ問題(容量などの障害)により、データ遅延やガス代の高騰が問題視されています。
このようにパンケーキスワップのガス代はBNB(バイナンスコイン)で支払われ、2022年12月13日現在のレートだと「0.000921BNB ≒ 35円」と非常に安いです。

また、分散型取引所の仕組み上、中央管理者などの仲介手数料が取られずコストをかけず取引ができます。

セキュリティ性が比較的高い

前述のとおり、パンケーキスワップは中央集権的な管理者が存在しない分散型取引所です。

したがって、世界に分散されたサーバーが一度にハッキングされることは考えにくく、セキュリティ性が比較的高いと言えます。

仮想通貨のウォレットはユーザーが管理しており、不測の事態が発生した場合でも取引所と切り離せる点も安全性が高いと言えるでしょう。

また、ブロックチェーンのセキュリティー企業である「CertiK」によって監査・保護されているため、セキュリティが強固であることが伺えます。

覚えておく必要のある用語

パンケーキスワップを利用する上で、覚えておきたい用語を以下の表にまとめました。
用 語 意 味 特 徴
Swap(スワップ) ・保有する仮想通貨を別の仮想通貨に交換(スワップ)すること ・スワップ時にガス代がかかる・スワップした仮想通貨が価格上昇すれば利益を得られる
LPトークン ・流動性提供者(Liquidity Provider)・プールに仮想通貨を預けることで、流動性に貢献した証明として受け取るトークンのこと ・2種類の仮想通貨を預け入れると、LPトークンが受け取れる・LPトークンを配布することで、流動性を高く保つことができ、ユーザーを確保できる
ステーキング ・保有している仮想通貨を一定の期間保持すること・プールでステーキングすることでCAKEなどのトークンを獲得できる 2種類のステーキング・フレキシブルステーキング:いつでも引き出せる(利回り低い)・ロックステーキング:一定期間引き出せない(利回り高い)
ファーミング ・ファームに同じ価値の2種類のトークンを預けて流動性を供給し、その報酬として利息を得られる仕組みのこと ・ファーミング時にガス代がかかる・2種類のトークンを1:1の割合で預け入れる・マイナーな通貨は利回りが高い
流動性マイニング ・流動性を提供して受け取ったLPトークンをさらに預けて、CAKEトークンを受け取ること ・ファームでCAKEが貯まったら収穫する・収穫のたびにガス代がかかる
以上のように、パンケーキスワップは多くの機能を有しています。

基本的には、保有している仮想通貨を任意の仮想通貨にスワップさせ、ファーミングで預け入れるといった運用方法が一般的な使い方です。

ただし、すべての取引時にガス代(取引手数料)がかかるため、BNB(バイナンスコイン)を準備しておく必要があります。

パンケーキスワップ利用時のリスクや注意点

パンケーキスワップを利用するときのリスクや注意点は、以下の3つです。

・インパーマネントロス(変動損失)の懸念がある
・上場していないマイナーな通貨も流通している
・サービスに対して金融庁の認可が下りていない

パンケーキスワップはウォレット接続だけで使えて、手数料も安いといったメリットがある一方で、リスクや注意点もあります。

ただし事前に知っておけば、過度に恐れる必要もないので、この機会に覚えておきましょう。

インパーマネントロス(変動損失)の懸念がある

インパーマネントロス(変動損失)とは、ファーミングで預け入れたトークンが価格変動によって損失を受けてしまうことです。

ファーミングは1:1の割合で通貨を預ける必要があり、一方の通貨が価格変動すると1:1を保持しようとします。

それにより、2種類の通貨間で自動的に枚数が調節されることで損失が発生し、単にトークンを保有していた方が資産が増えていたという状況になります。

インパーマネントロスを防ぐためには、ステーブルコイン(法定通貨と連動した通貨)とペアにすることが重要です。比較的価格の安定したステーブルコインを用いることで、価格変動を抑えやすくなります。

上場していないマイナーな通貨も流通している

パンケーキスワップでは、大手の取引所に上場していないマイナーな通貨が多く流通しています。

マイナーな通貨は取引量が少なく価値が低いため、大量に購入して保有することも可能です。

しかし、仮想通貨のプロジェクトによってはサービスが終了する可能性もあり、その見極めが重要になってきます。

過去に価値が数万倍になった事例もありますが、逆に暴落するリスクも避けられないため、慎重に取引するようにしましょう。

サービスに対して金融庁の認可が下りていない

パンケーキスワップをはじめとする非中央集権的な取引所は、金融庁の認可が下りておらず安全性が保証されていません。

一方、国内の取引所は「暗号資産交換業者」に登録されており、金融庁の認可が下りています。


認可を受けている取引所であれば、トラブルが発生しても問い合わせ窓口があり安心です。

しかし、パンケーキスワップなどの分散型取引所は管理者が存在しないため、トラブル対応はユーザー自身で解決しなければなりません。

仮想通貨の送金ミスにも注意が必要です。アドレスの入力ミスで仮想通貨を送金した場合、その資金はまず返ってこないと考えた方がいいでしょう。

パンケーキスワップの利用について問題が起きた場合は、Discordというツールを使うことでユーザー同士で質問することが可能です。

パンケーキスワップの始め方や使い方

パンケーキスワップを利用する手順は、以下の9ステップです。

1. 国内取引所の口座を開設する
2. 国内取引所で仮想通貨を購入する
3. 海外取引所の口座を開設する
4. 海外取引所へ仮想通貨を送金する
5. BNB(バイナンスコイン)を購入する
6. ウォレットのMetaMaskを作成する
7. パンケーキスワップにMetaMaskを接続する
8. BNBを任意のトークンにスワップする
9. LPトークンを預けてCAKEを獲得する

順番に解説していきます。

国内取引所の口座を開設する

まず、国内取引所で口座開設をします。手順は以下のとおりです。

メールアドレス登録
基本情報の入力
本人確認書類の提出
二段階認証の設定

口座開設が完了すれば、最短即日で利用ができます。

国内取引所で仮想通貨を購入する

口座開設が完了したら、任意の仮想通貨を購入します。

購入先は「販売所」と「取引所」があります。販売所はスプレッドという実質的な手数料が高く設定されている場合が多いため、コストを抑えるならば「取引所」で購入するのがおすすめです。

今回は、送金スピードが早いXRP(リップル)を取引所で購入します。
取引所の注文方法は、以下の2種類です。

成行注文
指値注文

すぐに購入したい場合は、相場価格で取引できる成行注文を選択します。

指値注文は、取引が成立するまで時間を要することがあるため、注意が必要です。

海外取引所の口座を開設する

BNBを取り扱っている海外取引所で口座開設をします。

Bybit
KuCoin
Gate.io
※2022年12月現在、Binanceは日本の新規ユーザーを停止しています。
口座を開設する手順は以下のとおりです。

メールアドレス登録
携帯電話番号の設定
二段階認証の設定
本人確認書類の提出(任意)

日本の取引所とは異なり、個人情報を入力しなくても口座開設ができます。

セキュリティを強固にするため、必ず二段階認証の設定をしておきましょう。

海外取引所へ仮想通貨を送金する

続いて、国内取引所で購入したXRPを海外取引所へ送金します。

まず、海外取引所の「入金」から、XRPアドレスとタグを確認しコピーしておきます。
次に、国内取引所の「出金」から、送金先のXRPアドレスとタグを入力し登録します。
送金先が登録できたら、XRPの数量を入力して送金を実行します。

送金アドレスを間違えて入力してしまうと、送金を実行しても受け取りができません。

まずは少額で送金して、受け取りが確認できてから予定額を送金しましょう。

BNB(バイナンスコイン)を購入する

続いて、BNBを購入する手順です。

先ほど送金したXRPを売却し、USDTを獲得します。
次に、取引所で「BNB/USDT」を選択して、先ほど獲得したUSDTを使いBNBを購入しましょう。
国内取引所と同様に、以下の2種類から注文方法を選びます。

成行注文
指値注文

すぐにBNBを購入したければ、相場価格で購入できる成行注文を選択しましょう。

ウォレットのMetaMaskを作成する

続いて、購入したBNBをご自身のウォレットに送金するため、MetaMaskを作成します。

MetaMaskは、Webブラウザ「Chrome」の拡張機能からインストールして作成が可能です。
作成する際に以下の情報を入力するため、メモをとり厳重に保管しましょう。

ロックパスワード
シークレットリカバリーフレーズ

個人情報や本人確認の必要はありません。

MetaMaskは世界で3,000万人以上が利用するメジャーなウォレットです。日本語にも対応しており、初心者でも直感的に使用できます。

MetaMaskにBNBを送金する

作成したMetaMaskのウォレットにBNBを送金します。

まず、MetaMask内にBSCに対応したネットワークを追加しましょう。
「ネットワーク追加」から「BNB Smart Chain」を選択してネットワークを追加します。

一覧に表示されない場合は、以下の情報を入力すれば作成可能です。
ネットワーク名 BSC mainnet
RPC URL https://bsc-dataseed.binance.org/
チェーンID 56
通貨記号 BNB
ブロックエクスプローラーのURL https://bscscan.com/
次に、海外取引所の送金先アドレスにMetaMaskのウォレットアドレスをコピーして入力します。
まずはテスト送金を行い、MetaMaskに送金されるか確認してから、予定額を送金しましょう。

パンケーキスワップにMetaMaskを接続する

パンケーキスワップのサイトにアクセスして、トップ画面からウォレットを接続します。
「ウォレット接続」をクリックするとMetaMaskが起動し、確認の画面が表示されるのでクリックすれば接続完了です。

パンケーキスワップはMetaMaskを接続するだけで、仮想通貨の取引やファーミング機能を利用できます。

BNBを任意のトークンにスワップする

パンケーキスワップの「流動性の追加」についての解説です。

流動性にトークンを預けるためには、2種類の通貨を1:1の割合で保有する必要があります。

したがって、MetaMaskに保有しているBNBを任意のトークンにスワップしましょう。

BNBを100%スワップしてしまうと、BNBが不足してしまうため注意が必要です。

今回は、BNBをBUSDにスワップします。
続いて、「流動性の追加」から2種類の通貨ペアを選択(今回はBNB+BUSD)して、トークンを預け入れます。
預け入れが完了すると、流動性に貢献した証明として「LPトークン」が受け取れます。

なお、取引の際にはガス代が必要になるため、BNBを多めに保有しておくことをおすすめします。

LPトークンを預けてCAKEを獲得する

「流動性の追加」で獲得したLPトークンを預け入れると、仮想通貨のCAKEを獲得できます。

まず、MetaMaskにLPトークンが保有されているかを確認します。

MetaMaskからBscScanを起動
LPトークンのコントラクトアドレスをコピー
MetaMaskの「トークンをインポート」を選択
コントラクトアドレスを入力してLPトークンを確認
次に、保有しているLPトークンをパンケーキスワップに預け入れます。一定の期間経過すると、表示されている金利に応じたCAKEが獲得可能です。
CAKEを獲得するには「収穫」を選択し、ウォレットを接続することでCAKEを獲得できます。

収穫のたびにガス代がかかるため、ある程度CAKEが貯まった時点で収穫しましょう。

パンケーキスワップの将来性

パンケーキスワップの将来性には、以下の2点について期待ができます。

CEXの信用不安からDEXの利用が増える
パンケーキスワップの強さは今後もしばらく続いていく見込み

ここではパンケーキスワップの将来性について解説します。

金融関係では比較的新しいサービスですが、すでに利用者が多くいることが分かる内容です。

将来性について気になる方は、チェックしておきましょう。

CEXの信用不安からDEXの利用が増える

CEX(中央集権型取引所)は取引所が仲介者となって取引するため、仮想通貨の保管や管理は取引所に委ねられています。

2022年11月に大手の海外取引所であるFTXの経営破綻が報じられました。取引所が破綻すると、取引所で保有していた資産を回収できない可能性があります。

資産を分別管理しているCEXが多くなってきたのは事実ですが、銀行のように預金が保護されていないのが現状です。

そういったCEXの信用不安からパンケーキスワップなどのDEXへの注目が高まっています。

DEXは中央管理者が存在しないため、取引所の倒産リスクはありません。ユーザー自身がウォレットを厳重に管理すれば資産を失うこともないでしょう。

パンケーキスワップの強さは今後もしばらく続いていく見込み

パンケーキスワップはBNBチェーン上のDEXの中では、圧倒的な取引量の多さを誇っています。

2022年12月現在、パンケーキスワップの預かり資産は、1位の29.2億ドルです。次に多いヴィーナスプロトコルは、7.4億ドルと2位以下に大差をつけていることがわかります。


DEX全体をみるとユニスワップなどのイーサリアムチェーンの需要が高いのも事実としてありながらも、パンケーキスワップは他のDEXよりも手数料が安く、乗り換えによる需要も高まっているため、今後も需要は伸びていくと予想されます。

また、パンケーキスワップではロードマップが公開されています。
4Qにはマルチチェーンについての記述があり、他のブロックチェーンへと拡大していく可能性もあるため、ユーザー確保に向けた取り組みにも期待ができます。

パンケーキスワップ(PancakeSwap)に関するQ&A

パンケーキスワップに関する、よくある質問を解説します。

Q.スマホでも使える?
Q.手数料負けの意味は?
Q.未成年でも利用できる?

Q.スマホでも使える?

MetaMaskのアプリをスマホにインストールすれば、パンケーキスワップの利用が可能です。

MetaMaskアプリ内にある「ブラウザ」から、パンケーキスワップのサイトにアクセスして使用します。
パソコンの操作方法と同様、スワップ・ファーミング・ステーキングの機能が使用でき、マイナーなコインもトークンをインポートすることで取引が可能です。

Q.手数料負けの意味は?

パンケーキスワップのファーミングやステーキングで得た利益よりも、手数料の方が多くかかってしまうことです。

パンケーキスワップのBNBチェーンは手数料が安い特徴があるため、手数料負けをする可能性は低いと言えるでしょう。しかし、取引のたびにガス代がかかるため、取引回数が多くなると手数料負けすることもあります。

「ある程度利益が出た」「損失が出たから損切りしたい」といったタイミングで取引するのをおすすめします。

Q.未成年でも利用できる?

パンケーキスワップに年齢制限は設けられておらず、未成年でも利用できます。

ただし、仮想通貨の取引をするためには取引所で口座開設する必要があり、国内取引所の多くは18歳以上の方しか利用できません。

海外取引所の中には年齢制限がないところもありますが、海外で仮想通貨を購入するにしても、結局のところ国内取引所で仮想通貨を購入して送金する必要があります。

親の名義で口座開設をして親の管理下であれば利用することも可能です。
しかし、仮想通貨の投資リスクや詐欺については、十分に理解しておく必要があるでしょう。

まとめ

パンケーキスワップで仮想通貨を取引するためには、ブロックチェーンについての知識や用語を理解する必要があり、取引する手順もやや複雑です。国内取引所をはじめ海外取引所の口座開設、ウォレットの作成が必要になります。

パンケーキスワップは、ファーミングやステーキングといった仮想通貨を預け入れる仕組みが充実しており、大きな利益を得る可能性もあります。

DEXの中でも取引量が上位に位置付けられており、今後の成長も期待できることから、今のうちに利用してみる価値は十分にあるといえるでしょう。

人気記事

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織開発・D&I推進等と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、これからの時代のキャリアと学びについて意見を交わしました。 前半は秋田氏のこれまでの経歴、アメリカのビジネススクールでのエピソード、みずほに入社を決めた理由などをうかがいます。

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

イメージする香りはあるけれど、その通りの香水をなかなか見つけられない。「甘口」「辛口」だけでは、自分好みの日本酒を選べない。セントマティック社が開発する「KAORIUM(カオリウム)」は、香りや風味を言語化することで、そんな悩みを解消してくれる最先端のAIシステムです。今回お話を伺ったのは、同社の代表取締役である栗栖俊治氏。なぜ香りの分野に注目したのか。ビジネスとしての香り市場の秘めたるポテンシャルとは。KAORIUMの活用で広がる可能性とは何か。世界も注目するその取り組みに迫ります。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

プロンプトエンジニアという言葉をご存知でしょうか。英語圏では2021年頃から盛り上がりを見せている職種の一つで、中国でも2022年の夏頃からプロンプトエンジニアの講座が人気を呼んでいます。今回は、プロンプトエンジニアとは何か、どうトレーニングすればよいのかについて、日本国内でプロンプトエンジニアの採用と教育を実施している株式会社デジタルレシピ 代表取締役の伊藤 新之介氏に解説していただきました。

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、企業に求められるダイバーシティとエクイティ、ジェンダー問題について意見を交わしました。 後編は秋田氏がグループCPOとして手がけてきた施策、みずほフィナンシャルグループが考えるダイバーシティとエクイティ、これからの企業と従業員の関係性についてお話をうかがいます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

創業3ヶ月で22億円超を調達。Relux創業者が背水の陣で挑む、海外旅行DX

創業3ヶ月で22億円超を調達。Relux創業者が背水の陣で挑む、海外旅行DX

コロナ禍で我々の生活は大きく変わりました。人とのコミュニケーション、働き方やライフスタイル、人生の価値観。これまで当たり前のように可能であった旅行もまた、さまざまな制限のなかで行われ、今後もこうした生活スタイルがしばらく続くことが予想されます。 そんななか、旅行・観光業界の多くの課題をデジタルの力を活用して解決し、これまでのスタイルを根底から変えていく「あたらしい旅行代理店」が誕生しました。その名も「令和トラベル」。そして創業したのは、宿泊予約サービス「Relux」を創業した篠塚 孝哉氏。この会社、創業3ヶ月でありながら22億円超を調達し、話題を集めています。なぜ今、海外旅行事業で起業するのか、目指していく「海外旅行業界のDX」とは何か、「あたらしい旅行代理店」が誕生することで生活者の旅行体験はどう変わるのか、篠塚氏にお話を伺いました。

【AI×音楽】AI作曲が可能となっても、作曲家の仕事は残る。「FIMMIGRM」が変える音楽の未来<後編>

【AI×音楽】AI作曲が可能となっても、作曲家の仕事は残る。「FIMMIGRM」が変える音楽の未来<後編>

AIによりヒットソングの特徴をふまえたオリジナル楽曲を作成するサービス「FIMMIGRM(フィミグラム)」。AIによる作曲サービスが盛り上がりを見せつつある昨今、音楽プロデューサーとしてYUKIや中島美嘉、Aimerなどのアーティストを手がけてきた玉井健二氏が開発に携わっていることで、大きな話題を呼んでいます。 FIMMIGRMの利用方法は、大量に自動生成された曲から好みの曲をジャンルごとに選択するGENRES(ジャンル)、ワンクリックでAIが曲を生成する ONE-CLICK GENERATE(トラック生成)、ユーザーの自作曲をもとにAIが曲を生成するGENERATE(トラック生成)、AIが生成した曲にプロの編曲家が手を加えるPRO-ARRANGED(プロアレンジ)の4パターン。AIにより専門知識不要で誰もが作曲できるようになる未来が間近に迫った今、音楽業界はどのように変化するのか? 株式会社TMIKと音楽クリエイター集団agehaspringsの代表を務める玉井健二氏にお話を伺いました。

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。