プラットフォーマー研究

デリバリーアプリの新生「menu」に聞く・コロナ禍で売上を伸ばす飲食店がやっていることとは

現在、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、多くの飲食店はこれまでとは違う形で営業を行っています。席数を半分にしたり、営業時間を短縮したりと、サービスが制限されるなか、どうやって売上を伸ばすのか、試行錯誤されている経営者も多いのではないでしょうか。

テイクアウトやデリバリーに力を入れるのは、状況を打開する選択肢の一つ。緊急事態宣言以後、街では頻繁にUberや出前館などの配達者を見かけるようになりました。

とはいえ、テイクアウトやデリバリーは、どんな料理なら売れるのかなど、店内で飲食物を提供するのとはノウハウが異なります。課題を乗り越え、多くのお客さまにご利用いただくにはどうすればいいのか。デリバリー&テイクアウトアプリの中でも新しく、テイクアウトの初期費用・販売手数料無料で飲食店サポートを行なっている「menu(メニュー)」の運営会社・menu株式会社プロモーション本部長の山敷真氏にお話を伺いました。

ざっくりまとめ

- コロナ流行の前後で飲食店のデリバリーアプリ導入のニーズは「コスト削減」から「売上アップ」に変化
- 体験を売りにしている店舗や、持ち帰りによる品質低下を懸念する店舗はテイクアウト・デリバリーサービスの導入が遅れている
- テイクアウトやデリバリーだからこそ頼まれやすいメニューが存在し、専用に新メニューを開発している飲食店も多い
- 生き残るには、環境の変化に合わせ、スピーディーに新しい施策を実施することが必要になっている

デリバリーアプリ「menu」って?

ー御社のサービス概要を教えてください。

スマホ一つでデリバリーやテイクアウトの注文ができるサービス「menu」の運営を行っています。menuを使って、予め料理を注文しておくことで、ユーザーは待ち時間なく料理をテイクアウトできますし、特定のエリア内であれば指定の場所に届けてもらうこともできます。

デリバリー可能なエリアはどんどん広がっていて、現在は東京23区や神奈川県など関東エリアの他に、大阪でもサービスの展開を始めています。

コスト削減から売上アップへと変化する飲食店のニーズ

ーまずはコロナ流行の前後での問合せ数の変化について教えてください。

4月から2年間、テイクアウト手数料を無料にするというキャンペーンを開始したこともあり、爆発的に増えました。これまで数千店舗だったご登録店舗数が、ここ数ヶ月で一気に3万店舗以上に増えています。

ーコロナ前後で飲食店側のニーズはどのように変わっているのでしょうか?

そうですね。コロナ以前はどちらかと言うとオペレーションコストを下げるためにとご利用くださる飲食店さまが多かったです。例えばアプリを活用しWebで注文を受けられるようにすれば電話受付にかかるコストが削減できます。予め電子決済しておいてもらえれば、店頭でレジ打ちをする手間も省けます。

ただ4月からは、来店が減った中で売上を戻したいという理由でmenuの導入を検討する飲食店さまが増えました。席数に依存せず、お料理を提供したいと考えるお客さまが増えたのです。

ーmenuを活用するのはどんな飲食店さまが多いのでしょうか?

幅広いジャンルの飲食店さまにご利用いただいてますが、最近は居酒屋さまなど、大きな打撃のあったところのご登録が増えています。また、これまでテイクアウトやデリバリーに抵抗感のあった高級店さまのご登録も増えています。

ーアプリを利用するユーザーもここ最近は増えてきているのでしょうか?

増えています。1月から5月にかけて利用者数は12.5倍に伸び、とくに4月は第三者機関が選ぶアクティブユーザー数が最も伸びたアプリに選ばれたりしました。

飲食店はどのようにデリバリーやテイクアウトを活用しているのか

ーデリバリーやテイクアウトへの対応を始める飲食店と、そうではない飲食店との間にはどのような違いがあるのでしょうか?

カフェなど、ある種、体験を売りにしているようなところはなかなかデリバリーやテイクアウトを導入するのは難しいのではと思っています。料理だけでなく、その場で食べること自体がユーザーからすると、一つのメリットになっていますので。

また、持ち帰りにより多少クオリティが下がるかもしれないと懸念され、導入までに至らない飲食店さまも多いです。我々としては、品質が落ちないための対策をご提案していければと思っています。

ーmenuをはじめ、デリバリーやテイクアウトをサポートするサービスは最近増えています。それらのサービスをどのように活用する飲食店さまが多いのでしょうか?

基本的には、複数のサービスに同時に登録している飲食店さまが多いです。まずは登録してみて、実際に注文が入るのかどうか、うまくオペレーションが回せるのかを確認して、継続して活用するのか辞めるのか、判断する店舗さまが多いですね。

一方で高級店さまの場合は、menuだけ登録しているというところも多いです。通常のお店とは違うオペレーションがあり、そこに細かく対応できるからと選んでいただけています。例えば、高級店さまは仕入れの状況で提供できるメニューが変わってきますので、2日前からの予約を必須にしたりしています。


ーデリバリーやテイクアウトアプリを活用するのは、どんなユーザーが多いのでしょうか?

デリバリーに関しては、ある程度所得の高い層が多いのだと思います。イメージとしては3〜40代のDINKSであったり、手取りが多い方などです。とくにmenuは購入単価が他のサービスに比べて高い傾向があります。高級店のご登録が多く、良いお店の料理が食べたいと活用いただくユーザーが多いからです。

ー具体的にユーザーがどんな風にアプリを活用するのか教えてください。

テイクアウトに関しては、ランチの時間帯に予約をしておいて、お昼になると近くの店まで取りに行くという使い方が一般的です。お惣菜やおつまみよりは、丼などの主食を注文頂く方が多いです。価格帯は700円など比較的安めですね。

一方、デリバリーに関してはご利用いただくシーンが多様化しています。ワンコインの需要もありますが、オードブルセットで4000円といった、比較的高価格のお料理を注文いただくケースも多いです。一人だけでなく、家族やパーティーで食べるために使っていただくなど、幅広いシーンでご利用いただいています。

デリバリー・テイクアウトを始めるまでの流れ

ー飲食店が新しくmenuの活用を始めようと思った場合、準備にどれくらい時間がかかるのでしょうか?

大体2週間くらい見ていただければと思います。

具体的にはまず、デリバリーやテイクアウト対応のメニューやその価格などを決めていただく必要があります。また、必要なオペレーションを組んでもらう必要があり、その際はタブレットなどがあるとスムーズです。

サービス開始までの一番のハードルは、食べ物を入れる容器をご用意いただくことです。容器によっては、中身がこぼれてしまったり、持って帰るまでに冷めてしまったりします。ユーザーさまにベストな状態で届けるためには、適切な容器をご用意いただく必要があります。汁物は漏やすいため、サランラップの上から蓋をして、さらにサランラップでまく、あるいは外れにくい蓋を使用することやラーメンなどは麺と汁物をわけるなど美味しくお召し上がりいただける工夫をするなども必要だと思います。


ーどんなメニューだと注文されやすいのでしょうか?

テイクアウトとデリバリーでは注文されやすい料理が違います。例えばテイクアウトだと、一人で食べる用のお弁当が注文されやすかったりします。テイクアウトやデリバリー専用の料理を新しく開発される飲食店さまも多いです。

例えば、「鳥幸」など、全国に複数の店舗を展開されている東京レストランツファクトリーさまは、menu限定で新しい商品を作っており、その売れ行きが好調だとのことです。また、同じく多くのレストランを経営されているきちりホールディングスさまも、元々テイクアウトやデリバリーのためのメニューは用意していませんでしたが、新しく販売を開始すると、すごく売上げが伸びたとのことでした。​

環境の変化に対応し、新しい施策へのスピーディーな挑戦が必要

ーこれからの時代、飲食店さまにはどのようなことが求められるのか、お考えがあれば教えてください。

やはり変化にいち早く対応され、新しい対策をスピーディーに実施できる店舗さまが最終的には生き残るのかなと思っています。我々は今、2年間手数料無料というキャンペーンを行っています。3ヶ月でも半年でもなく2年間に設定したのは、それぐらい長い戦いになることを見越してです。この期間の中でいかに業態を変え、新しい環境に合わせた変化ができるのかが求められているのだと思います。

ー具体的に飲食店は、どのように変わっていけば良いのでしょうか?

デリバリーやテイクアウトを前提として、お客さまに良い体験をして頂けるような商品の設計をするのも一つかなと思います。例えば、お料理を豪華な容器に入れて、綺麗な風呂敷でラッピングをし、提供する店舗さまもあります。

ーアプリの活用などデジタル化の波が飲食業界にも押し寄せています。そんなトレンドに置いて行かれないためには何を意識するというのでしょうか?

例えば、デジタル上でうまくお店を宣伝する工夫が必要です。これまではお店がそのまま街の中でメディアになっていることが多かったですが、街から人が消えるとそういうわけにもいかなくなるからです。
店名や写真を工夫するのはもちろんですが、Googleのアルゴリズムを意識して攻略するように、Uberやmenuといったデリバリープラットフォームでどう掲載順位を上げていくか・売上を上げていくかといった考えが必要になってくると思います。どうすればユーザーの目に止まり、注文されるのか研究し、理解を深めるのです。実際にそのやり方のレクチャーを商売にしている企業も出てきています。

我々としても、飲食店さまの力になれるよう、蓄積したノウハウを共有し、売上を伸ばすサポートをしていきたいです。

HPはこちら:https://service.menu.inc/service/
山敷 真
menu株式会社 プロモーション本部長
山敷 真 ヤマシキ マコト

大学在学中に学生向けSNS事業を立ち上げ、卒業後電通に入社。メディア部門にて媒体買付、新規事業の立ち上げ等を経験後、ビジネスプロデュース部門にて大手インターネット企業に対するマーケティング戦略の立案・実行支援業務を経た後、当社に入社。

人気記事

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 前編は相木社長の経歴と社長就任までの経緯、ベイシアグループが標榜する「ハリネズミ経営」、高品質なプライベートブランド(PB)の開発および販売戦略、今後の出店戦略などについてお話をうかがいます。

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 後編は相木社長が抱く野望と「メガSPA & DX小売」の概要、ベイシアが従業員に求めるオーナーシップのあり方、そして小売DXの中核を占めるネットスーパーとeコマース戦略についてお話をうかがいます。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

YouTubeに代表される動画投稿サイトなど、個人が発信することのできるツールの出現により、好きなことをして稼ぐための選択肢は増えています。そして現在、ゲームや徒歩、勉強さらには睡眠をするだけで稼ぐことのできる「X to Earn」というムーブメントが生まれつつあります。「ゲームで遊んで稼ぐ」なんてことが本当に可能なのか? 多くの人が抱える疑問について今回お答えいただくのは、Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下、DEA)のFounder & Co-CEOの山田 耕三氏。インタビュー前編では「X to Earn」の仕組みと種類、今後の可能性など、未だ発展途上の新しい経済圏について根ほり葉ほりお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

【記憶力は才能でも努力でもない】AIで記憶の定着を助けるアプリ「Monoxer」で日本の教育が変わる

【記憶力は才能でも努力でもない】AIで記憶の定着を助けるアプリ「Monoxer」で日本の教育が変わる

問題を解くことで記憶の定着化を図るアプリ「Monoxer(モノグサ)」。これまで必死に書いたり読んだりすることで闇雲に覚えていた学習を、よりスマートに記憶化させるということで、小中学校から高校、大学、専門学校、さらには塾、社会人教育など幅広い場に導入されています。AIがその人のレベルに合った問題とヒントを出してくれて、定着した後も定期的な反復練習で忘れることを防いでくれます。Monoxerを導入することで学習のスタイルはどう変わるのか? モノグサ株式会社の代表取締役 CEOを務める竹内 孝太朗氏に、記憶と学習の関係についてさまざまな視点からお話を伺いました。

NFTゲームが富の再配分に寄与する事例も。DEA創業者に聞く、「X to Earn」の可能性<後編>

NFTゲームが富の再配分に寄与する事例も。DEA創業者に聞く、「X to Earn」の可能性<後編>

YouTubeに代表される動画投稿サイトなど、個人が発信することのできるツールの出現により、好きなことをして稼ぐための選択肢は増えています。そして現在、ゲームや徒歩、勉強さらには睡眠をするだけで稼ぐことのできる「X to Earn」というムーブメントが生まれつつあります。「ゲームで遊んで稼ぐ」なんてことが本当に可能なのか? 多くの人が抱える疑問について今回お答えいただくのは、Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下、DEA)のFounder & Co-CEOの山田 耕三氏。インタビュー後編では、ゲームと金融の融合で生まれたGameFiの歴史、そのGameFiが実際に解決したフィリピンの貧困問題、Web3時代のゲームと社会の関係などについてお話を伺いました。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

注目を集める「ファッション×メタバース」。アンリアレイジの挑戦を追う<前編>

注目を集める「ファッション×メタバース」。アンリアレイジの挑戦を追う<前編>

2022年3月24日から27日の期間に開催された「メタバースファッションウィーク(※)」に、日本のファッションブランドとして唯一の参加を果たした「アンリアレイジ」。昨年公開された映画『竜とそばかすの姫』では主人公すずのアバター「ベル」の衣装をデザインしたことで大きな話題を呼びました。さらに同年に開催された2022年春夏のパリコレクションでは、その手がけた衣装をリアルとバーチャルの世界で作品として発表するなど、既存のファッションの枠組みにとらわれない活動で業界に新たな風を吹き込んでいます。前編では、ファッション産業とメタバースの関係を軸に、バーチャル上での服づくりの難しさや、NFTが持つ価値の源泉についてなど、デザイナー 森永 邦彦氏のファッション観に着目して多方面からお話を伺いました。 ※ メタバースファッションウィーク:VRプラットフォーム「ディセントラランド」を舞台に開催されたファッションイベント。「ドルチェ&ガッバーナ」、「エトロ」、「トミー ヒルフィガー」など人気の50ブランドが参加した。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。