香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

イメージする香りはあるけれど、その通りの香水をなかなか見つけられない。「甘口」「辛口」だけでは、自分好みの日本酒を選べない。セントマティック社が開発する「KAORIUM(カオリウム)」は、香りや風味を言語化することで、そんな悩みを解消してくれる最先端のAIシステムです。今回お話を伺ったのは、同社の代表取締役である栗栖俊治氏。なぜ香りの分野に注目したのか。ビジネスとしての香り市場の秘めたるポテンシャルとは。KAORIUMの活用で広がる可能性とは何か。世界も注目するその取り組みに迫ります。

ざっくりまとめ

- 世界の「香り市場」は2025年に6兆円規模に。砂漠市場だった日本にも、近年ようやく成長の兆しが。

- 不便を解消するのではなく、プラスアルファの豊かさを。開発の根底にあるのは、そんな想い。

- 最先端のAIで香りと言葉を相互に変換。言葉を組み合わせることで、新たな香り体験を。言葉を組み合わせる今までにない香り体験によって、新たな顧客体験を創出。

- 小売、製造、マーケティング、スポーツ、エンタメ、教育。あらゆるジャンルで「香り」は活用できる

2025年には6兆円規模に。 成長を続ける「香り市場」

——AIを活用した「香りの言語化」など、香りにまつわる先端的な取り組みを実践する御社ですが、まずは「香り市場」の現状を教えていただけますか?

グローバルでの「香り市場」は、順調な成長を続けています。2020年には約5兆円だった市場規模は、2025年までに6兆円に達する見込みです。この流れは日本も同様で、2011年には約2,654億円ほどだった国内市場は、2018年には約3,564億円まで成長しました。とはいえ世界に比べると、日本の市場規模はあまりにも小さく感じられるかもしれません。これには歴史的な理由があります。

現代に通じる「フレグランス」が生まれたのは19世紀。化学の進歩に伴って、合成香料が製造できるようになったのです。おりしもフランスではアール・ヌーヴォーと呼ばれる芸術運動が華やかになりし頃。アーティストやパトロンたちは、調香師たちが生み出す新たなフレグランスを、文字通りアート作品のように消費していきました。これによってフランスを中心に、フレグランスの文化が大きく花開いたのです。やがてそれは文明開化を遂げたばかりの日本にも持ち込まれます。ところがヨーロッパでは文化的なバックグラウンドを含めて消費されていたフレグランスが、日本にはその文脈抜きで単なる商品として持ち込まれてしまった。その結果、ほとんどの消費者はこの新たな文化を受け入れることができませんでした。日本の消費者が香りをポジティブに受け止められるようになるまでは、そこからなんと一世紀近くの時を要します。

ゲームチェンジが起きたのは2008年。ひとつめのターニングポイントは、ダウニーの大ヒットです。比較的香りに抵抗のない若い消費者が、この甘い香りの柔軟剤に飛びつきました。この年にはもうひとつ、香りをテーマにした大ヒット商品が生まれます。無印良品のアロマディフューザーです。このふたつのヒット商品によって潮目はガラリと変わりました。消費者が香りを「好ましいもの」と捉えるようになり、日本でも「香り市場」が急速に伸び始めるのです。そこから10年以上が経過し、近年ではソニーやパナソニックといった大企業も「香り市場」への参入に意欲をみせています。

香りの素人たちが辿り着いた「香りの言語化」というコンセプト

——そうしたなか、なぜ御社は香りをテーマにビジネスをはじめたのでしょうか?

セントマティックを起業する以前、私は約13年間に渡ってNTTドコモで新サービスの開発に携わってきました。さまざまなサービスを手がけましたが、あるときそのサービスのすべてが「利便性」にフォーカスしたものであることに気がつきます。そうした仕事ももちろん重要ですが、私たちの人生を豊かにしてくれるのは、「マイナスをゼロ」にすることではなく、「ゼロをプラス」にするサービスではないかと、もどかしさを感じたことも事実です。

何か自分にできることはないだろうか。そう模索するなかで、まず私が行ったのは、身の回りのゼロをプラスにするものを探してみることでした。そこでハッと思い当たったのが「香り」です。香りこそまさに「なくてもいいけど、あるといい」というものですよね。その頃、ちょうど私はスタートアップ発掘のためにシリコンバレーで働いていたので、「AI×香り」というアイデアがすぐに思いつきました。2018年に日本へ帰国すると、早速セントマティックを立ち上げ、ビジネス化に向けた取り組みをスタートします。

——具体的にはどのようなプロセスでビジネス化を進めていったのですか?

プロジェクトを立ち上げた当初、集まった仲間は僕を含めて香りの素人ばかり。そこでまずは自分たち自身がユニークな「香り体験」を味わおうと考えました。特に印象的なのは、石垣島の嗅覚アーティスト・MAKI UEDA氏を訪れたときのこと。200種類以上の香料を組み合わせてオリジナルのフレグランスをつくる刺激的な体験ができましたが、比喩ではなく本当に鼻が痛くなって大変でした(笑)。ほかにもさまざまな香り体験を味わい、ディスカッションを繰り返すなかで生まれたのが「匂いを言語化する」というコンセプトです。調香師さんたちへのインタビューもヒントになりました。彼らは独特の語彙を使って、匂いに対する共通理解を築いているんです。例えば「この匂いは、パウダリーだね」といった具合です。これだけだと、普通の人には何を言っているのかわからない。では逆に一般の消費者でも理解できるような言葉で、匂いを表現できたらどうだろう。AI技術を生かせばそれができるのではないか。そんなアイデアを形にしたのがAI型システム「KAORIUM(カオリウム)」です。

KAORIUMによる、「言葉」と「香り」の融合体験で導かれる新しい変化

——御社の開発した「KAORIUM」について詳しく教えてください。

KAORIUMは、香りの印象とそれにまつわる膨大な言語表現を学習した人工知能を活用することで、「香り」と「言葉」の相互変換を可能にしたAI型システムです。例えばKAORIUMのコンセプトモデルでは、ユーザーが選んだフレグランスボトルをセンサー上に置くと、その香りから連想する「華やか」「透明感」「フルーティー」といった無数の言葉がタッチパネル上に表示されます。そのなかから、ユーザーのイメージに最も近い言葉を選択すると、今度はその言葉に紐付いた他の香りがレコメンドされる。このプロセスを何度か繰り返すことで、ユーザーの匂い香り選びの「軸」となる言葉を導きだせるほか、「雲間を割る夏の日差し」といった情景的な言葉でその人の求める香りを言語化することができます。

ここで面白いのは、言葉によって香りの印象が変わることです。例えば「やわらかな」という言葉にフォーカスしてフレグランスを嗅いでみると、これまで感じられなかった「やわらかさ」を香りのなかに見出すことができる。音楽に歌という言葉がつくことで、感じ方が変化することをイメージするとわかりやすいでしょうか。言葉には、五感による体験を変容させる力があるのです。こうしたKAORIUMによる体験を、私たちは「言葉と香りの融合体験」と呼んでいます。これは今までにない顧客体験をもたらします。​

買上率287%に向上。KAORIUMのビジネスポテンシャルとは?

——KAORIUMはビジネスシーンでどのように活用できるのでしょうか?

KAORIUMのコンセプトモデルは、ニッチフレグランスのセレクトショップ「NOSE SHOP」(新宿店・銀座店)で、「好きな香り選び」のサポートツールとして、実験的にご導入いただきました。ご利用いただいたお客様からも大変好評で、導入期間中は通常時に比べて買上率が287%に向上するという結果を残しています。

KAORIUMのAIを活用して、日本酒の風味を言語化する「KAORIUM for Sake」の実用化も進んでいます。こちらは日本酒の試飲会や飲食店などで導入が始まっており、やはり購買行動にポジティブな影響を与えることがわかってきました。導入された飲食店の方からは「日本酒と酒肴のペアリングにも活用できるのでは」という声もいただいています。日本酒に限らず、風味を楽しむ飲食物であれば比較的簡単に応用が利くため、今後はチョコレートやコーヒー、お茶などへの展開も視野に入れています。

スポーツ領域とのコラボレーションもスタートしました。第一弾としてプロジェクトにご協力いただいたのが、フェンシングエペ日本代表の見延 和靖選手です。試合で高い集中力を発揮するために見延選手が求めていたのは、心身をリラックスさせる香り。KAORIUMを活用して見延選手の好みを解析して、オリジナルの香りを開発していきました。最終的に生まれたのは「雅やか」をキーワードにしたアロマフレグランス。見延選手からは「ここまで自分の理想の香りが出来上がるとは想像していませんでした」「今度は集中のための香りもつくってほしい」という嬉しいコメントもいただいています。

香りを生かした教育事業にも取り組んでいます。これまで実践してきたのは、KAORIUMを使って子どもたちが香りの印象を言語化するのをサポートし、それぞれの表現の違いを楽しむ授業です。香りの印象というのは、個人が生まれ持った受容体と、その人が生まれ育った文化や環境に、大きく左右されます。したがって同じ香りを「いい匂い」と感じる人もいれば、「くさい」と感じる人もいる。生まれと育ちによる感覚の違いを認め合い、それを楽しむこと。それはそのまま、多様性を受け入れるための第一歩でもあるはずです。香りの力は、ダイバーシティー&インクルージョンを推し進めるためにも役に立つはずだと感じています。

エンタメ、空間デザイン、商品開発——。嗅覚のビジネス活用は始まったばかり。

——KAORIUMは非常に多岐にわたった領域で活用できるのですね。

はい、それほど香りには可能性があります。ある意味で、聴覚や視覚に訴えかける方法は、限界に達しつつあります。8Kを超える高解像度の映像や、ハイレゾの音が従来と比べてどれだけ大きな進化なのか、普通の人にはもはやわからない。けれど嗅覚のビジネスへの活用は、まだまだ始まったばかりです。だからこそ今後も、さまざまな領域で、より多くのステークホルダーとの共創に取り組んでいきたいですね。アートやエンタメ領域とのコラボレーションも考えられますし、空間デザインにも応用できるでしょう。もっとシンプルにKAORIUMのデータを、商品開発やマーケティングに活用することも考えられます。

KAORIUMの海外展開も進めていきたいですね。これまで説明してきた通り、香りの印象は文化や言語によって大きく変化しますので、AIのアップデートは一筋縄ではいきません。しかし、プロトタイプと呼べるものはすでに完成しています。あとはコロナ禍が落ち着き次第、現地でどんどんモニターテストを実施し、精度を高めていきたいですね。

そうやって可能性を広げていく一方で、まずはより多くの人にKAORIUMを使っていただきたい。それによって、自分が好きなフレグランスやお酒に出会える人が、一人でも増えたら嬉しいですね。そういう些細な喜びが、人生の豊かさだと思うんです。香りをきっかけに、自分の好きなものを見つけ、それを自分らしく楽しめる。そんな暮らしが広がっていけばいいなと思っています。
栗栖 俊治
SCENTMATIC株式会社 代表取締役

NTTドコモにて10年間、携帯電話やスマートフォン向け新サービスの企画開発に従事し、しゃべってコンシェル、GPS機能等のプロジェクトリーダーを担当。「しゃべってコンシェル」ではグッドデザイン賞ベスト100・未来づくりデザイン賞を受賞した。
2015年より3年間、NTTドコモ・ベンチャーズ シリコンバレー支店へ出向。数々のシリコンバレースタートアップを発掘し、NTTドコモ本社事業部門とスタートアップとの協業や出資を実現した。2018年、日本へ帰国し本事業構想に着手、2019年11月にSCENTMATIC株式会社を設立。

人気記事

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 前編は相木社長の経歴と社長就任までの経緯、ベイシアグループが標榜する「ハリネズミ経営」、高品質なプライベートブランド(PB)の開発および販売戦略、今後の出店戦略などについてお話をうかがいます。

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 後編は相木社長が抱く野望と「メガSPA & DX小売」の概要、ベイシアが従業員に求めるオーナーシップのあり方、そして小売DXの中核を占めるネットスーパーとeコマース戦略についてお話をうかがいます。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

【記憶力は才能でも努力でもない】AIで記憶の定着を助けるアプリ「Monoxer」で日本の教育が変わる

【記憶力は才能でも努力でもない】AIで記憶の定着を助けるアプリ「Monoxer」で日本の教育が変わる

問題を解くことで記憶の定着化を図るアプリ「Monoxer(モノグサ)」。これまで必死に書いたり読んだりすることで闇雲に覚えていた学習を、よりスマートに記憶化させるということで、小中学校から高校、大学、専門学校、さらには塾、社会人教育など幅広い場に導入されています。AIがその人のレベルに合った問題とヒントを出してくれて、定着した後も定期的な反復練習で忘れることを防いでくれます。Monoxerを導入することで学習のスタイルはどう変わるのか? モノグサ株式会社の代表取締役 CEOを務める竹内 孝太朗氏に、記憶と学習の関係についてさまざまな視点からお話を伺いました。

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

YouTubeに代表される動画投稿サイトなど、個人が発信することのできるツールの出現により、好きなことをして稼ぐための選択肢は増えています。そして現在、ゲームや徒歩、勉強さらには睡眠をするだけで稼ぐことのできる「X to Earn」というムーブメントが生まれつつあります。「ゲームで遊んで稼ぐ」なんてことが本当に可能なのか? 多くの人が抱える疑問について今回お答えいただくのは、Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下、DEA)のFounder & Co-CEOの山田 耕三氏。インタビュー前編では「X to Earn」の仕組みと種類、今後の可能性など、未だ発展途上の新しい経済圏について根ほり葉ほりお話を伺いました。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

【保存版】DXの挑戦者たちに学ぶ、10の格言

【保存版】DXの挑戦者たちに学ぶ、10の格言

「その変革に勇気と希望を」というコンセプトを掲げ、未来を見据えて経営の舵取りをしている経営者層やデジタル部門・マーケティング部門の責任者向けに、デジタルシフトと向き合い企業の変革を進めていく上で必要となる情報を提供しているDigital Shift Times。 2019年のメディア開設以来3年以上に渡り、DXによってビジネスの変革に挑戦している企業の経営者やCDO、有識者や専門家へのインタビューを実施してきました。インタビュー時には、未来を見据え変革に挑戦する当事者だからこその「魂のこもった格言」が発せられることが多くありました。 今回は、これまでお届けしてきたオリジナル記事のなかから、「DXに関する印象的な言葉」を編集部独自の視点で10の格言としてピックアップし、皆さまにお届けします。 ※記事内で記載している所属・肩書は、取材当時のものです。

AI音声認識アプリ「CLOVA Note」が好調発進。LINEはAIの活用で、どのような世界を築こうとしているのか

AI音声認識アプリ「CLOVA Note」が好調発進。LINEはAIの活用で、どのような世界を築こうとしているのか

重要な会議での議事録作成、流れるままに進んでいく講義。いずれもメモやノートを取るのに必死で、内容が頭に残っていない。こうした不毛な時間を過ごした経験はありませんか? LINE株式会社が今年5月にローンチした「CLOVA Note(クローバ・ノート)」は、「会話を目で見る」ことができる、と謳う無料のAI音声認識アプリ。これまで実時間以上の時間をかけて書き起こしてきた作業をAIに任せることができるのなら、私たちは本質を追求したクリエイティブなことに、もっと時間を割けるようになるはずです。 これまでも人と人とのコミュニケーションを真正面に置いた事業を展開してきたLINE。新しいコミュニケーションの形を目指し続けるその先に、どのような世界を描いているのか? 同社AIカンパニーCEOを務める砂金 信一郎氏、Speechチーム マネージャーの木田 祐介氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。