「WHILL」が日本の「近距離モビリティ」マーケットを変える。免許返納後のシニア利用も

「すべての人の移動を楽しくスマートにする」というミッションの元に開発された近距離モビリティ「WHILL」。デザインとテクノロジーの力で、従来の車椅子が持つイメージから、新たな歩行領域のモビリティとして注目されています。デザインだけでなく、高い走破性と操作性、その場で一回転ができる小回り能力などを備えていることにより、利用者は移動することの楽しさをも感じているようです。今回は、WHILL株式会社 日本事業本部 執行役員本部長 池田朋宏氏に、未来のモビリティとしてWHILLが持つさまざまな可能性についてお話を伺いました。

ざっくりまとめ

- 車椅子ユーザーが抱える物理的・心理的なハードルを解消するために開発された近距離モビリティがWHILL。日本で休みなく500mを歩行することに困難を抱えている65歳以上の高齢者は1,200万人と予想されるが、1年間で流通する電動車椅子は2万台ほどしかない。

- WHILLは外出のモチベーションになるデザイン性に加え、直感的で簡単な操作性などを備えている。Model C2の場合は5cmの段差乗り越えや悪路での走行も可能な高い走破性、Model Fでは折りたたみも可能なので、車や電車に積み込めば移動先でも利用できる。

- 現在はカーディーラーがメインの取扱店舗となっている。それはWHILLを「電動車椅子の一種」ではなく「近距離モビリティ」として市場に認知させることを目的としている。免許返納後の高齢者の移動手段としてもWHILLは活用されている。

- 今後は旅行先などでの短期利用、気が向いたときにその場で利用できる一時利用のニーズに対してもWHILLを展開する予定。また、自動車ディーラーではWHILLの認定修理店制度を設け、修理や定期点検にも対応し全国にネットワークを広げていく。

歩行領域の移動手段の普及が遅れる日本の課題を解消するために誕生した近距離モビリティ「WHILL」

――従来の電動車椅子と比べてWHILLはどのような点が異なるのでしょうか? 開発意図を含めて教えてください。

日本において車椅子ユーザーが感じる物理的なハードルと心理的なハードルは非常に高く、車椅子に乗っているからという理由で、100m先のコンビニに行くことすら諦めてしまう人がいます。整備されていない歩道やちょっとした段差が越えられないという物理的なハードルに加え、車椅子に乗っていることで感じる周囲からの視線という心理的なハードルの二つを解消できるモビリティが必要と考えたのが開発のきっかけです。

WHILLの定義は、デザインとテクノロジーで従来の車椅子が抱えていた課題を解消した「近距離モビリティ」です。日本では電車やバス、飛行機などの公共交通機関は充実していますが、歩行領域においては徒歩以外の移動手段があまり充実していません。世界的に見てもイノベ-ションが起きていないのです。

1億2,000万以上の人口がいる日本において、500mの歩行に困難を抱えている65歳以上の方は1,200万人いるといわれています。しかし、1年間で流通する電動車椅子は2万台ほどで大きなギャップがあります。そういった方にWHILLをご利用いただければ普段の生活が変わり、より充実したものになるでしょう。

――歩行が困難な高齢者は人口の一割ほどもいらっしゃるのですね。

そうなのです。でも、人は自分が困っていても、その困っていることに気づかないケースが多々あります。500m以上の歩行が難しい高齢者に「困っていることはありますか?」と聞いても実は気づいてないケースがけっこうある。そこをターゲットに、「近距離モビリティ」としてWHILLのラインナップとサービスを充実させることで普及を狙っています。

――海外における電動車椅子はどのような位置づけなのでしょうか?

グローバルマーケットでも電動車椅子へのネガティブイメージが完全に払拭されているわけではありませんが、日本に比べれば弱いものです。そういった社会背景が異なるので圧倒的に日本よりも普及していますし、合理的な近距離移動のために電動車椅子を利用するケースが多くあります。

日々の外出を楽しくするデザインと機能性を実現

――WHILLのデザインは全体的に丸みを帯びていて、かわいらしい印象です。デザインにおけるこだわりを教えてください。

意識したのは、実際に乗ってみたいと思わせるデザインです。やはり人が乗らないことには意味がありませんから。「デザインがかわいくて、外出のモチベーションになった」「かっこいいと声をかけられるようになって、毎日出かけたくなる」というユーザーの声もいただいており、デザインの力の大きさを実感しています。

――私も実際にWHILLに乗ってみましたが、片手でレバーが操作できて方向転換も簡単でした。移動手段としてだけでなく、単純に広いところで乗れたら楽しいなという感想を持ちました。

デザインに加えて機能性も重視しています。誰でも使える簡単な操作性で、小回りも利くのでその場での一回転も楽にできます。デザインと機能性を両立することでユーザーの心理的障壁がなくなり、外でも乗ってみたい気持ちになると考えています。

――WHILLの側面につけるカラープレートも取り替えができるようになっていますが、なにか意図があるのでしょうか?

TPOで洋服を選ぶように、WHILLのユーザーにもその日着ているファッションや、行き場所、状況に応じて色味を変えられる機能を持たせました。その日の気分に合わせてカラーを変更できれば、WHILLに乗る楽しみも増えます。

――WHILLには「Model C2」と「Model F」の二種類がありますね。「C2」はオムニホイールを搭載して悪路も走行可能とのことですが、オムニホイールについて教えてください。

オムニホイールは走破性と小回りを両立したホイールです。小さなローラー10個で構成されており、5cmの段差を越えることが可能な上に、それぞれのローラーが横回転するので軸を変えずにその場で方向転換ができます。最小の回転半径は76cmです。オムニホイールはもともと倉庫などでで荷運びのために使われていたロボットなどに採用されていますが、それを人が乗るモビリティに応用しています。

高齢者用のモビリティとしてハンドル操作の電動シニアカーもありますが、走破性に優れていても小回りは難しい。WHILLの「C2」はその二つを可能にしています。

――もう一つのモデル「F」は折りたたむことでタクシーや新幹線にも乗せられるんですね。

WHILLには、他の手段と組み合わせて移動をスマートにするというコンセプトもあります。モデル「F」は車載できるので、例えばどちらかが歩行に不安を抱えているシニアの夫婦であれば、車に積むことで旅先でもお互いが快適に移動できるようになります。自宅やその周辺だけでなく、他の移動手段と組み合わせることで移動体験を向上させます。

――今秋リリースされる新モデルの「S」はどんな特徴を備えているのでしょうか?

イメージしたのはバランスが取れる安全な自転車です。今までの車椅子タイプのモデルと異なり、WHILL社として初のスクータータイプとなります。二輪の自転車は転倒するリスクもありますが、こちらは四輪で安全性を高めています。時速は6キロで日本においては歩道を走れますので、歩行者としての扱いになります。自転車よりも安全で歩道を走れるスクーター、それがコンセプトです。

免許を返納した高齢者の移動手段として

――現在WHILLはカーディーラーを中心に販売されていますが、その理由を教えてください。

WHILLは電動車椅子の一種というより、近距離移動用のモビリティというパーセプション(認知)を根付かせるために、現在はカーディーラーや大手自転車販売店を中心に展開しています。高齢者が免許を返納してしまうと、そこでカーディーラーと顧客というつながりが切れてしまいますが、免許不要で操作できるWHILLがあればその関係を維持することができます。また、免許がなくて出不精になってしまう高齢者もいますが、WHILLがあれば手軽に外出を楽しむことができます。双方にとってメリットが大きいのです。

我々としても、カーディーラーに車の点検などで日常的に足を運ぶ顧客にWHILLの存在を知ってもらえるので、マーケットを広げることができます。自動車と同様にWHILLも試乗のニーズが高いですが、カーディーラーであれば店舗で試乗がいつでも可能ですし、購入前の相談にもスタッフさんが丁寧に答えてくれます。そういったカスタマージャーニーの面で質の高いサービスを提供していただけるカーディーラーは、近距離モビリティのマーケットを創造するために欠かせない存在です。

――WHILLは家電量販店でも取り扱っていますが、カーディーラーと量販店で客層に違いはありますか?

現在WHILLを取り扱っている家電量販店のビックカメラ有楽町店は駅近ということもあり、気軽に立ち寄りやすい点が強みです。高齢になった両親のためにWHILLの購入を検討している若い世代の方が仕事終わりの平日に足を運んで、週末に親御さんを連れてくるケースも多いです。カーディーラーと違って、普段車などの乗り物に馴染みがなくても、また事前に問い合わせなどしなくても行きやすいといった、敷居の低さも特徴の一つですね。

WHILLを手軽に利用できる日常のシーンを増やし、マーケットを拡大する

――海外に比べてまだまだ小さいという日本の近距離移動用のモビリティ市場は今後どうなっていくと予想しますか?

日本でも近距離モビリティに対する潜在的なニーズは確実にあるとにらんでいます。ユーザー数も着実に増えているので、これから活性化していくでしょう。さまざまなプレーヤーの参入も増えつつありますが、我々としては市場を盛り上げる仲間が増えることは大歓迎です。マーケットが大きくなれば注目も集まるし、ユーザーがより身近に感じてくれるようになりますから。

――では最後にWHILLの今後の展望を教えてください。

まず短期的な展望として、2022年末までにカーディーラーにおけるWHILLの取扱店舗数を現在の700店舗から1,000店舗にまで拡充します。中期的には製品の販売だけでなく、アフターサポートを充実させます。具体的にはWHILLの認定修理店の設置ですね。購入後の定期点検から修理まで対応できる店舗を増やして、全国にネットワークを広げていきます。それ以外にも保険や納品サービスなどのアフターケアも充実させて、エコシステムを構築することを視野に入れています。

現在のWHILLのユーザーは、長期的に日常利用される方、旅行時などに数日間利用する短期利用の方、一日の限られた時間にだけ使う一時利用の方という三つに分類が可能です。日常利用の方は毎日使うのでご購入をされる方が多いでしょう。対して短期利用、一時利用の方は主にレンタルやシェアリングの形態になるかと思います。現在WHILLは購入以外にもModel C2は月額、Model Fは3日間から借りられるレンタルサービスを行っていますが、特定の場所で借りて一時的に乗れるシェアサイクルのようなレンタルも広げていきたいと考えています。例えばタクシーとセットでレンタルできるとか、レンタカーや飛行機のチケットを取ると同時にレンタルできて空港で借りられるとか、短期のレンタルシステムの接点を他の事業者と連携しながら増やしていきます。

日常利用、短期利用、一時利用の接点をつくり近距離モビリティのマーケットを拡大していきます。
池田 朋宏
WHILL株式会社 日本事業本部 執行役員 本部長

1978年生まれ。立命館大学卒業後、大手印刷会社の企画営業を担当。スポーツ商材の輸出入で世界各国を回る。WHILLの製品性や会社の成長スピードに惹かれ、2017年にWHILL社に入社。西日本拠点の立ち上げや販売網の拡大に携わり、現在は日本事業本部全体を統括する。近距離モビリティWHILLをもっと気軽に、かつ安心して利用してもらえるような環境づくりやサービス展開などに日々邁進している。

人気記事

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 前編は相木社長の経歴と社長就任までの経緯、ベイシアグループが標榜する「ハリネズミ経営」、高品質なプライベートブランド(PB)の開発および販売戦略、今後の出店戦略などについてお話をうかがいます。

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 後編は相木社長が抱く野望と「メガSPA & DX小売」の概要、ベイシアが従業員に求めるオーナーシップのあり方、そして小売DXの中核を占めるネットスーパーとeコマース戦略についてお話をうかがいます。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

YouTubeに代表される動画投稿サイトなど、個人が発信することのできるツールの出現により、好きなことをして稼ぐための選択肢は増えています。そして現在、ゲームや徒歩、勉強さらには睡眠をするだけで稼ぐことのできる「X to Earn」というムーブメントが生まれつつあります。「ゲームで遊んで稼ぐ」なんてことが本当に可能なのか? 多くの人が抱える疑問について今回お答えいただくのは、Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下、DEA)のFounder & Co-CEOの山田 耕三氏。インタビュー前編では「X to Earn」の仕組みと種類、今後の可能性など、未だ発展途上の新しい経済圏について根ほり葉ほりお話を伺いました。

【記憶力は才能でも努力でもない】AIで記憶の定着を助けるアプリ「Monoxer」で日本の教育が変わる

【記憶力は才能でも努力でもない】AIで記憶の定着を助けるアプリ「Monoxer」で日本の教育が変わる

問題を解くことで記憶の定着化を図るアプリ「Monoxer(モノグサ)」。これまで必死に書いたり読んだりすることで闇雲に覚えていた学習を、よりスマートに記憶化させるということで、小中学校から高校、大学、専門学校、さらには塾、社会人教育など幅広い場に導入されています。AIがその人のレベルに合った問題とヒントを出してくれて、定着した後も定期的な反復練習で忘れることを防いでくれます。Monoxerを導入することで学習のスタイルはどう変わるのか? モノグサ株式会社の代表取締役 CEOを務める竹内 孝太朗氏に、記憶と学習の関係についてさまざまな視点からお話を伺いました。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

注目を集める「ファッション×メタバース」。アンリアレイジの挑戦を追う<前編>

注目を集める「ファッション×メタバース」。アンリアレイジの挑戦を追う<前編>

2022年3月24日から27日の期間に開催された「メタバースファッションウィーク(※)」に、日本のファッションブランドとして唯一の参加を果たした「アンリアレイジ」。昨年公開された映画『竜とそばかすの姫』では主人公すずのアバター「ベル」の衣装をデザインしたことで大きな話題を呼びました。さらに同年に開催された2022年春夏のパリコレクションでは、その手がけた衣装をリアルとバーチャルの世界で作品として発表するなど、既存のファッションの枠組みにとらわれない活動で業界に新たな風を吹き込んでいます。前編では、ファッション産業とメタバースの関係を軸に、バーチャル上での服づくりの難しさや、NFTが持つ価値の源泉についてなど、デザイナー 森永 邦彦氏のファッション観に着目して多方面からお話を伺いました。 ※ メタバースファッションウィーク:VRプラットフォーム「ディセントラランド」を舞台に開催されたファッションイベント。「ドルチェ&ガッバーナ」、「エトロ」、「トミー ヒルフィガー」など人気の50ブランドが参加した。

クリエイター支援プラットフォーム「Patreon(パトレオン)」〜海外ユニコーンウォッチ #9〜

クリエイター支援プラットフォーム「Patreon(パトレオン)」〜海外ユニコーンウォッチ #9〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてはFacebookやTwitterも、そう称されていた。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回はクリエイターを支援するプラットフォームサービスを提供する「Patreon(パトレオン)」を紹介する。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。