Today's PICK UP

エコシステムとは?語源やメリット・成功事例を分かりやすく解説!

エコシステムはもともと生態系に関する言葉でしたが、現在ではITやビジネスの分野で使用することが増えました。今回は、現代においてエコシステムがなぜ必要とされているのか、具体的にどのようなものがあるのかについて詳しく解説していきます。

エコシステムとは?

元々は生態系に関する言葉であったエコシステムは、近年ではITやクラウドの領域で使用されることが増加してきました。エコシステムについて理解することで、市場への影響やIT・クラウド分野への理解を深めることができます。以下では、エコシステムの語源やなぜエコシステムが必要になるのかについて詳しく解説していきます。

エコシステムの語源

エコシステムという言葉は、本来であれば生態系に由来するものです。その意味としては、同じ領域に暮らしている生物が、互いに依存しあって生きている状態を表しています。

自然界において、ほとんどの生物は一つの種のみでは生きることができません。大気や気候、土壌といった環境から栄養を吸収している微生物、そしてそれを捕食する虫、さらにその虫を捕食する動物など、生物はお互いに依存しつつ生きています。もし、一つの種が滅んでしまえば、その種に依存している生物から連鎖し、生態系全体のバランスが乱れる可能性もあります。

このように、ある領域(地域や空間など)の生き物や植物が、互いに依存しつつ生態系を維持する関係のことをエコシステムと呼ぶのです。

ビジネス・ITにおけるエコシステム

上記のような自然界におけるシステムをビジネスやIT分野に重ねて、プロダクトや業界、サービスなど、様々なものがお互いに連携することによって大きな収益の構造となることをビジネス界においてのエコシステムと呼んでいます。

IT業界においては、例えばスマホ・メール・インターネットなど、各種のサービスが連携し合うことでサービスを発展させたり、生き残っていくことができます。相互のサービスが関わり合うことによって高いシナジー効果を得ることができ、より高い価値を持ったサービスを生み出すことが可能になるのです。また、複数の企業が協業を行うことで新たな価値を生み出したり、単独では行えないような領域にもチャンスを広げることなどもできます。

このように、エコシステムは他のサービスと連携することでそれぞれが利益を出すことを可能にし、お互いの存続を支えることができるため、近年注目が集まっているのです。

エコシステムの形成が必要な理由

エコシステムが必要とされる理由としては、IT技術が発達したことであらゆるサービスやプロダクトが単独の会社で成立しなくなったことが要因しています。現代においては、ビジネスモデルを形成するための技術が複雑化し、単独でサービスを開発したり販売することが難しくなりました。

そうした状況もあって、近年では、一つの会社だけではなく企業同士がお互いに協力することが必要になっています。

しかし、全ての業種においてエコシステムが上手く機能するわけではありません。例えば自社内で開発から商品化まで、全てを行うことができる業態とすることで費用をカットしているケースや、中核となるプレイヤーがいないケースなどにおいてはエコシステムが成立しないこともあるのです。

つまり、エコシステムが成立する業界というのは、各社のサービスやプロダクトなどがお互いの利益を実現できる中核としてのプレイヤーが存在しており、調整ができたり求心力のあることが必要になります。

エコシステムが成立する業種や業態であれば、お互いのサービスを向上させることができ、さらなる発展につながる可能性を秘めていると言えるのです。このようなことから、お互いの利益に貢献できるようなエコシステムが必要とされています。

エコシステムを形成するメリット

上記のように、近年においては必要性の高まるエコシステムですが、エコシステムを形成することによって具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?
以下ではエコシステムのメリットについて詳しく解説していきます。
エコシステムのメリット
・企業の認知度が高まる
・多くの企業や顧客を呼び込める
・新たなビジネスモデルを生み出せる

企業の認知度が高まる

エコシステムを形成することによって得られるメリットとしては、まず企業の認知度が高まることが挙げられるでしょう。お互いに協力できる企業が増えることでそれぞれが自社のクライアントへ向けて周知するため、各社の商品やサービスに関する認知度を高めることができます。

また、それぞれの会社の良い部分を生かした新しい価格の提示を行ったり、集客の幅を広げるなど、サービスを展開する上で有利になることも多いです。各社の顧客層も異なっている場合が多く、未獲得の顧客への適したアプローチを行うことが可能になるのです。

多くの企業や顧客を呼び込める

自社においてエコシステムを構成することができれば、プラットフォームの役割を担うことができ、顧客のニーズに対応するための新しい市場を生み出すこともできます。

「単独でビジネスを行わなくてはならない」と考えていればビジネスの規模も小さくなりがちですが、協力してくれる企業があることでより大きなビジネスを行うことが可能になるのです。

このようなことを行うことによって多数の企業を呼び込むことができ、それに付随して顧客の獲得にも繋げることができます。

新たなビジネスモデルを生み出せる

エコシステムを形成することができれば、新たなビジネスモデルを生み出すことも可能になります。これは、社外のアイデアや技術を集めることで、新しいプロダクトやサービス、ビジネスモデルを作り出すことができるからです。

以前は自社のみでの開発や改良を行うことも可能でしたが、現代においては技術の高度化ITの発展などが影響し、一社で新たなビジネスを生み出すことが厳しい状況にあります。

しかし、他社と協業すれば限られた経営資源の中から新しいビジネスを考え出すことも可能です。そのため、今までは開発できなかったようなサービスも協力して作ることができるようになりました。

また、多様化するユーザーのニーズに対応することや、新たな技術の開発など、多くの企業にとってもメリットとなります。

エコシステムの具体的な成功事例

エコシステムを形成できれば多くの企業にメリットがありますが、実際の事例としてはどのようなものがあるのでしょうか。実は、意外と身近なものでもエコシステムが形成されているサービスは多く存在しています。以下では具体的なエコシステムの事例を紹介していきます。

アップルにおけるエコシステム

アップルにおいても、様々なサービスにエコシステムの実例が見られます。例えばiPhoneにおいてはその制作においてカメラやスクリーン、販売など、様々な企業が連携しています。一つの製品に対して多くの企業やデバイスが連動しているので、エコシステムの実例であると言えるでしょう。

また、アップルではiPhoneをはじめとしてMacBookやiPadなど、製品それぞれの役割や提供価値によって一つのエコシステムとなっています。このように、利用者の視点から見てそれぞれのサービスが連鎖している例においてもエコシステムが形成されているのです。

どちらの実例においてもアップルが中心となりエコシステムを作ることによって、消費者の満足度を高めることにつながっています。

クラウドにおけるエコシステム

クラウドにおいても、エコシステムの実例を見ることができます。クラウドは企業ではありませんが、同じくエコシステムを形作っているのです。

クラウドのエコシステムは、ネットワークやOS、アプリケーションなど様々な協業と分業が混在しています。急速に技術が発展することや、変化が早いことなどが特徴と言えるでしょう。

また、クラウドサービスにおいては様々な会社がデータ連携の使用を公開しお互いのサービスを連携することが可能です。ITデータの連携や利用者のバリューの観点など、多数の意味合いでシステムと呼ばれることもあります。

Amazonにおけるエコシステム

Amazonでは、端末やOS、ネットワークなど各分野でエコシステムが形成されています。クラウドサービスやECを提供するプラットフォームを強化し、企業を呼び込むような戦略をとっているのがAmazonの特徴と言えるでしょう。

特にAIスピーカーであるAmazon Echoにおいては、他社と比較しても先進的なシステム作りが行われています。アマゾンエコーを中心としたエコシステムが構築されており、小型スピーカーのEcho dot、スクリーン画面がついているEcho Show、カメラが搭載されているEcho Lookなど幅広く商品開発が行われています。

エコシステムを導入する方法・手順

上述したように、エコシステムを導入すれば企業においても様々なメリットがあります。しかし、導入にはコストや労力が必要になるので、あらかじめよく検討した上でエコシステムを導入するかどうかを決めなければなりません。以下では具体的にどのようにエコシステムを導入するかについて解説していきます。

自社のポジションを把握する

エコシステムを導入する前に、まず行うべきは自社のポジションを確認することです。

どのようなサービスや製品がエコシステムにおける中心の役割を担うことができるのか、また、現在中核となっているサービスなどの周辺を固める存在になるのかなど、様々なことを分析することが大切になります。それぞれを細かく把握しておくことで、自社の状態を理解することができるでしょう。

そもそもエコシステムを形成する必要がないのに無理に導入を試みたり、参画するエコシステムを誤ってしまえば、かえって損失につながる恐れもあります。

このように自社の分析から始めることで、これからどのようなエコシステムを導入すべきか参考にすることができます。エコシステムを導入する前に、これらのことを明確にしておくことが肝要です。

適切なエコシステムを検討する

自社のポジションを明確にすることができれば、次にどのようなエコシステムが最も適しているのかを見極める必要があります。このような見極めを行うことで、自社へのシナジー効果を限界まで高めることができるのです。

既に提供されているエコシステムなどを検討し、協業する場合自社はどのように参画できるのかについて考えると良いでしょう。そのようにエコシステムに参画する場合には、無償で行えるわけではなく、一定の資金が必要になる場合もあるため、注意しておく必要があります。

もしある程度の資金が必要になるのであれば、その投資に対してどれほどの効果が得られるのかを検討しておくことも、最適なエコシステムを見極める上で非常に大切な要素となるでしょう。

自社に生じるメリットを再確認する

最適なエコシステムの見極めが終われば、そのエコシステムを導入することで得られるメリットはどのようなものなのかを再確認しましょう。

エコシステムを導入する際には、多額のコストや労力が必要になります。そのため、導入には社内の協力が欠かせません。導入を周知した上で、コストの最適化や情報を共有するための手段の確認などを行いましょう。エコシステムを形成するために行うべき事は非常に多いです。

もし導入したにもかかわらず大したメリットが得られないのであれば、このような時間と労力は全て無駄になってしまうことになります。そのようなことにならないためにも、エコシステムが自社にとってどのようなメリットをもたらすのかを再確認しておく必要があるのです。

また、社内だけではなく、協業する場合には他社との連携も必要になります。効率的に業務を遂行するためにはわかりやすい業務フローを整える必要があるでしょう。社内外のどちらもスムーズに作業が行えるようにあらかじめ準備しておくことが大切です。

自社に適したエコシステムを形成しよう

エコシステムを導入すれば、異なるプロダクトやサービスなどが連動してお互いに利益を生み出す関係を築くことができます。認知度を向上させたり、新たなビジネスモデルを生み出すことができるなど、エコシステムを導入するメリットは大きいです。

ただし、導入する際には自社のポジションをしっかりと分析することが大切です。そして、最適なエコシステムを見極めた上で、本当に自社にとってメリットとなるのかをよく確認する必要があります。

そのような注意点をあらかじめ理解した上で、エコシステムを導入するかどうかを検討する必要があるでしょう。

人気記事

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 前編は相木社長の経歴と社長就任までの経緯、ベイシアグループが標榜する「ハリネズミ経営」、高品質なプライベートブランド(PB)の開発および販売戦略、今後の出店戦略などについてお話をうかがいます。

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

YouTubeに代表される動画投稿サイトなど、個人が発信することのできるツールの出現により、好きなことをして稼ぐための選択肢は増えています。そして現在、ゲームや徒歩、勉強さらには睡眠をするだけで稼ぐことのできる「X to Earn」というムーブメントが生まれつつあります。「ゲームで遊んで稼ぐ」なんてことが本当に可能なのか? 多くの人が抱える疑問について今回お答えいただくのは、Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下、DEA)のFounder & Co-CEOの山田 耕三氏。インタビュー前編では「X to Earn」の仕組みと種類、今後の可能性など、未だ発展途上の新しい経済圏について根ほり葉ほりお話を伺いました。

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 後編は相木社長が抱く野望と「メガSPA & DX小売」の概要、ベイシアが従業員に求めるオーナーシップのあり方、そして小売DXの中核を占めるネットスーパーとeコマース戦略についてお話をうかがいます。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

【記憶力は才能でも努力でもない】AIで記憶の定着を助けるアプリ「Monoxer」で日本の教育が変わる

【記憶力は才能でも努力でもない】AIで記憶の定着を助けるアプリ「Monoxer」で日本の教育が変わる

問題を解くことで記憶の定着化を図るアプリ「Monoxer(モノグサ)」。これまで必死に書いたり読んだりすることで闇雲に覚えていた学習を、よりスマートに記憶化させるということで、小中学校から高校、大学、専門学校、さらには塾、社会人教育など幅広い場に導入されています。AIがその人のレベルに合った問題とヒントを出してくれて、定着した後も定期的な反復練習で忘れることを防いでくれます。Monoxerを導入することで学習のスタイルはどう変わるのか? モノグサ株式会社の代表取締役 CEOを務める竹内 孝太朗氏に、記憶と学習の関係についてさまざまな視点からお話を伺いました。

イトーヨーカドーの未来を左右する、新社長の店舗・組織変革の勝算。イトーヨーカ堂社長 山本哲也氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

イトーヨーカドーの未来を左右する、新社長の店舗・組織変革の勝算。イトーヨーカ堂社長 山本哲也氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

2020年、創業100周年を迎えた株式会社イトーヨーカ堂。ロシアのウクライナ侵攻に、進む円高と物価高など厳しい経済状況の中、今年3月に社長に就任した山本哲也氏は「信頼と誠実」を掲げ、商売の原点に立ち返ることを標榜しています。イトーヨーカドーはどのように変わるのか? これからの時代のスーパーに求められる形とは? 立教大学ビジネススクールの田中道昭教授との対談をお届けします。 前編は山本社長が社長に就任した経緯、2000年以降業績が落ち込んだ原因の分析、そして現在進行中の新しい売り場づくりの施策などについてお話をうかがいます。

NFTゲームが富の再配分に寄与する事例も。DEA創業者に聞く、「X to Earn」の可能性<後編>

NFTゲームが富の再配分に寄与する事例も。DEA創業者に聞く、「X to Earn」の可能性<後編>

YouTubeに代表される動画投稿サイトなど、個人が発信することのできるツールの出現により、好きなことをして稼ぐための選択肢は増えています。そして現在、ゲームや徒歩、勉強さらには睡眠をするだけで稼ぐことのできる「X to Earn」というムーブメントが生まれつつあります。「ゲームで遊んで稼ぐ」なんてことが本当に可能なのか? 多くの人が抱える疑問について今回お答えいただくのは、Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下、DEA)のFounder & Co-CEOの山田 耕三氏。インタビュー後編では、ゲームと金融の融合で生まれたGameFiの歴史、そのGameFiが実際に解決したフィリピンの貧困問題、Web3時代のゲームと社会の関係などについてお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。