Today's PICK UP

茨城県庁、AI音声認識を活用したクラウド型議事録作成支援サービスを採用

茨城県庁は、株式会社アドバンスト・メディアのAI音声認識を活用したクラウド型議事録作成支援サービス「ProVoXT(プロボクスト)」を採用した。
・導入の背景
茨城県庁では、これまで重要な会議や打ち合わせの議事録を作成するために、録音した音声を職員が何度も聞き返しながら文字起こしをしていた。文字起こしは会議時間の何倍も時間を要するため、作業負担が大きく、課題となっていた。
議事録作成の負担軽減を目的に、茨城県庁にクラウド型議事録作成支援サービス「ProVoXT」が導入され、全庁にて運用を開始した。
・導入効果
会議の音声をマイクやデジタルレコーダーで録音し、インターネット経由で専用サーバーに音声をアップロードすることで、会議音声を自動で文字化する。数時間の録音データでも、十数分でテキストデータ化できるため、議事録作成の時間と人的負担を大幅に削減し、素早い議事録作成が可能となった。特に、会議で話した内容や発言などを短時間で確認したい場合や、重要な部分のみを抜き出したい場合に、大きな効果を上げている。
認識結果は、音声データと紐づけされており、専用の編集ソフト「AmiVoice Rewriter(アミボイス リライター)」で、音声を聞きながら誤認識部分の修正・編集が簡単かつ効率的に行える。
【茨城県総務部行政経営課 係長 佐藤 広明氏、コメント】
ProVoXTの導入で、これまで職員が担っていた作業時間が大幅に短縮されました。現在は、限られた端末のみで使用していますが、今後は各部署にインターネット端末を配備し、各職員が直接ProVoXTを利用できる環境を整備したいと考えています。また、小さな会議も含めれば、かなりの数の文字起こしを行っているため、職員に利用を促していきます。単調な文字起こし作業から職員を解放し、本来的な業務に集中できるようにするために、ProVoXTが助けになることを期待しています。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。