Today's PICK UP

テレカンとは?導入のメリットや注意点、おすすめツールのご紹介

リモートワークの推進で近年注目を集めつつある「テレカン」。皆さんはテレカンとは具体的にどのようなものかご存知ですか?

今回はテレカンがなぜ今必要とされるのか?という点から、テレカン導入のメリットや注意点、テレカンツールの選び方やおすすめのツールについて詳しくご紹介します。

テレカンとは?

テレカンとは「Teleconference(テレカンファレンス)」の略称で、主にインターネットを利用し、遠隔地同士をつないで行うWeb会議のことを指します。

離れた支店同士の打ち合わせや海外とのやりとりなどでは以前から利用されていましたが、近年ではリモートワークやテレワークの場でも、テレカンが多く利用されています。

テレカンはなぜ必要?

少子高齢化による労働人口の現象、政府による働き方改革の推進、新型コロナウィルスの蔓延など、私たちを取り巻く労働環境は目まぐるしく変化しています。

こうした状況の中で現在テレワークやリモートワークなど場所を問わない柔軟な働き方を導入する企業が増えつつあります。

テレワークの推進にあたり、一番の懸念は社員同士のコミュニケーションの減少、情報伝達や情報共有にタイムラグや齟齬が発生しやすいという点です。

このような懸念点を解消するツールとして注目されているのがテレカンツールです。

テレカンでは、オフィス内で行われる会議と同様、社員同士がオンライン上で顔を合わせミーティングを行います。

そのため、遠隔地にいながら、円滑なコミュニケーションが図れるとして多くの企業で導入、活用が進んでいます。

テレカン導入のメリット

テレカン導入には下記のようなメリットがあると言われています。

・コスト削減
テレカンはインターネット環境とデバイスさえあれば、場所を問わずどこからでも会議に参加することができます。そのため、テレカンを導入することで、移動にかかる交通費や宿泊費、時間などのコストを大幅に削減することが可能です。

・手軽に導入できる
テレカンは従来のテレビ会議などで必要だった大型のモニターや専用回線などの特別な機器や機材を必要としません。クラウド型のテレカンツールであれば、サーバー設置などの初期費用も不要。システム利用料を支払うだけで手軽に取り入れることが可能です。

・会議以外にも活用が可能
多くのテレカンツールは1対1だけでなく、同時に複数の人と双方向でやりとりを行うことが可能です。そのため、近年では、会議以外に研修やセミナー、飲み会などでもテレカンツールが活用されています。

テレカン導入の注意点

メリットの多いテレカンですが、下記のような点には注意が必要です。

・インターネット環境に左右される
インターネット回線を利用するテレカンは手軽に利用できる反面、通信の安定性が作業場所のネット環境に左右されてしまうというデメリットもあります。

・全体の雰囲気を感じ取りにくい
対面で行われる従来の会議とは異なり、テレカンでは参加者がモニター越しでやりとりを行います。そのため、会議全体の雰囲気や臨場感、参加者の表情や態度などの変化を読み取りにくいという点も課題として挙げられています。

・セキュリティ
インターネット回線を利用するテレカンでは、第三者による不正アクセスや情報漏洩などのセキュリティリスクがゼロではありません。そのため。導入の際には、しっかりとしたセキュリティ対策を講じることが不可欠です。

テレカンツールの選び方

テレカンツールの導入を検討する際、気になるのはどのツールが自社に合っているのかという点です。

ここからはテレカンツールの選び方とポイントについてご紹介します。

料金体系とサービス内容

多くのテレカンツールは、同時接続できるアカウント数や期限内に利用する人数によって、また、サービス内容の充実度によってプランが組まれ、料金が設定されています。

テレカンを導入した場合、誰が、どのくらいの頻度で何のために利用するのか、使用用途とおおよその利用人数を明確にしておくことが重要です。

サービス内容と費用が見合っているか、テレカンツール導入により十分な費用対効果が見込めるかという点を考慮して、サービスを選択しましょう。

セキュリティとサポート

テレカンでは、オンライン上で機密情報やセンシティブな情報を扱うことも考えられます。しかし、インターネット回線を利用するテレカンで、第三者による不正アクセスや情報漏洩のリスクがゼロであるとは言い切ることはできません。

そのため、テレカンツールを選ぶ際は、暗号化や、パスワード設定、アクセス制限などセキュリティ対策がしっかりと取られているツールを選択することが重要です。

また、サービス導入時や、予期せぬトラブルが起こった際のサポート体制がしっかり整っているかという点もポイントです。

映像、音声などの通信品質、安定性

ストレスのないテレカンを実現するためには、音声や動画の品質がとても重要なポイントになります。

テレカンは利用時のインターネット環境に大きく左右されます。そのため、導入前に、利用が想定される場所での音声や動画の品質、回線の安定性をしっかり確認しておくことが大切です。

おすすめテレカンツール

ここからは、導入のしやすさや、使いやすさに定評のあるおすすめのテレカンツールを3つご紹介します。

Zoom(ズーム)

米Zoomビデオコミュニケーションズ社の提供する「Zoom」。2013年のサービスリリース以降、着々とユーザー数を増やし、今や全世界に100万社以上の導入実績を誇るテレカンツールの中でも代表的な存在です。

Zoomの魅力は、通信品質の高さとミーティング参加の手軽さです。

Zoomでは独自のデータ圧縮技術を採用しており、同時接続数が増えても安定した音声や画像品質が保たれるのが特徴です。

ゲストとしてミーティングに参加する場合、面倒なユーザー登録は必要なし。主催者からの招待URLをクリックしアプリをダウンロードするだけで気軽にミーティングに参加することができます。

また、同時接続数も無料版で最大100名、有料プランでは最大500名となっており、打ち合わせやミーティングだけでなく、研修やセミナーなどでの利用も可能です。

Microsoft Teams(マイクロソフト チームス)

マイクロソフト社が提供する「Microsoft Teams」。社内コミュニケーションを円滑にするために開発されてたグループウェアで、テレワークに欠かせない様々な機能が揃っています。

テレカン機能も搭載されており、社内はもちろん社外の人とも気軽にミーティングを開催することができます。最大同時接続は250名。Office 365のサービスともリンクしており、会議のスケジュール調整や議事録作成など業務を効率化するための様々な機能を活用できるのが特徴です。

Whereby(ウェアバイ)

ノルウェー発のテレカンツール「Whereby」。おしゃれなUIとプラウザ完結型が特徴のテレカンツールで、ソフトウェアやアプリのインストールが不要、ミーティングURLは繰り返し使用可能、ワンクリックでミーティング参加ができるという手軽さが人気のツールです。

同時接続人数は無料プランで4名、有料プランで最大12名。画面共有やチャット機能、有料プランでは録画機能などテレカンに必要なツールを十分に備えています。



自社に最適なツールを使ってテレワークを乗り切ろう

コロナウィルスなどの外的要因により、今後もテレワークの需要は高まることが予想されます。テレワークをストレスなく乗り切るため、また、自社の業務効率化の実現のためにもテレカンツールの導入は必須です。

自社の目的や費用対効果に見合うテレカンツールを見極め、導入することで、快適で有意義なテレワークの実現を目指しましょう。

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。